【知床羅臼の逸品】2021年最新 返礼品で海鮮を選ぶならコレ!

海洋を含むエリアの自然遺産登録が日本初めての場所【知床】。今回はそんな知床半島に位置する北海道羅臼町の魅力を徹底紹介♪
人の暮らしと野生動物の行動範囲が重なるのが当たり前!という想像がつかない【知床羅臼】の自然の秘密や、魚の城下町ならではの魚介を中心とした美味しい返礼品を厳選してご紹介!
今すぐ一緒においしい知床羅臼をチェックして【ふるさと納税】の参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • 8396
  • 14
  • いいね
  • クリップ

本物の出会いがここに知床羅臼

北海道根室管内の羅臼町は、世界自然遺産知床に代表される世界有数の自然に囲まれた町です。
オホーツク海に長く突き出た知床半島の背には知床連山と呼ばれる山々が連なり、その山を背景に東側の羅臼町、西側の斜里町と2つの町が含まれています。
自然が豊かな上に昔から漁業が盛んで、オホーツクの美味しい魚が一年中食べられる所です。
羅臼の観光の魅力は、なんといっても野生動物との遭遇。
観光船に乗り、夏はクジラ・シャチ・イルカウォッチング、冬は流氷と野鳥観察を楽しむことができます。

羅臼昆布

自然が育み、職人が熟成する 伝統製法を守り続ける 昆布漁和の基本はここから 旨みたっぷり 羅臼昆布
羅臼昆布は、国産昆布のうちわずか1%しか採れない希少な昆布です。
知床の大自然が育み、職人の技によって熟成されることにより誕生します。
最大の特徴は、幾重にもわたる丁寧な手仕事。
乾燥させた昆布を夜露にあてる「湿り」、 巻いた昆布をのばして、重ね、重石をのせる「庵蒸」など、20以上の手間を掛け、旨みたっぷりの『羅臼昆布』へと生まれ変わります。

羅臼ウニ漁

タモと体一つで勝負する 職人技 ウニ漁 知床生まれ 羅臼昆布育ち 日本一贅沢な エゾバフンウニ
厳冬期から春先にかけて行われる羅臼のウニ漁。
昔ながらの伝統ある手法を今も受け継いでいます。
口で加えた箱メガネをのぞき、深さに応じタモを使い分け、ウニを採る。
時化ることもあれば、流氷がぎっしりつくことも。
漁に出られない日が続くことだって何度もあります。
出会うことの少ない希少なウニだから「幻のウニ」と呼ばれる。
『羅臼産エゾバフンウニ』 。

知床羅臼の自然

目梨郡羅臼町、東の先にある自然。
知床はアイヌ語のsir・etok(シリ・エトク)に由来する。
その意味は「大地の突き出たところ、鼻先」。目梨郡のメナシは「東」のこと。
東に突き出た大地、日本の最東北端にある知床半島には海と陸の遺産が残されている。

世界自然遺産の知床半島

知床半島のはじまりは海底火山、そして、羅臼岳をはじめとする知床連山の火山活動によって、まるで海からせり出すように半島の形が作られました。また、流氷が溶岩を侵食し、険しい地形を生み出します。

この平地の少ない勇壮な姿の半島では多様な命が生まれ、つながりを持って生きています。その鍵となるのが取り囲む海。冬の使者・流氷は海を閉しますが、知床の海にプランクトンを運び、栄養をたっぷり与えてくれます。豊かな海で大きく育ったサケたちが川へと帰り、陸の生物の栄養となる。陸の生物は大地の栄養となり、陸のミネラルを含んだ水が川となり滝となり、海へと戻るのです。

これらの「海・川・森」が支え合う環境により、絶滅危惧種を含む多様な生物が育まれていることが評価され、2005年7月、知床は「世界自然遺産」に登録されました。

野生動物と隣り合わせの町で

番屋の近くで漁具の手入れをしている漁師。少し離れた海岸をヒグマの親子が歩いているが、漁師もヒグマも近づくことはなく素知らぬふり。一方、餌付けやポイ捨てされたゴミがきっかけとなり、結果、人の暮らしに近づき過ぎて捕獲されてしまうヒグマの悲劇。知床を訪れると、こうしたヒグマとの距離感を考えさせられる話をたくさん聞くでしょう。

知床では人の暮らしと野生動物の行動範囲が重なるのが当たり前。特に生息地を散策する時などはマナーについて知っておくのが常識です。正しい知識を身に付ければ、やみくもに怖がる必要もありません。

ぜひ、各センターで情報を集めたり、レクチャーを受けて、知床の自然を知ってください。世界自然遺産の旅が、さらに楽しく感動的になるはずです。

公式Instagramアカウントもチェック!

世界自然遺産のまち『知床羅臼町』

【羅臼のイチオシ~流氷・バードウォッチング~】
世界自然遺産のまち知床羅臼町!

冬の目玉はなんといっても、1月下旬から始まる流氷・バードウォッチングクルーズ。
国後島から昇る朝日をバックに、流氷の上を天然記念物のオオワシ・オジロワシが乱舞します。この冬も流氷とワシたくさん来ますように😉

【注目】LIMIAがおすすめする知床羅臼の返礼品

自然の恵みを活かし、活力あるまちづくりを町民との協働ですすめている羅臼町では、知床らうすに想いを寄せていただける方々のご支援を寄付として受けて、住み良いふるさとづくりを目指しています!

ここからはLIMIAが厳選してピックアップした返礼品をご紹介します!

知床羅臼産いかの一夜干し(5枚セット)

羅臼はイカの終着地
スルメイカは東シナ海などで生まれ、九州・北陸・新潟…と日本海沿岸部を北上しながら成長します。秋になるとその中の一部が羅臼沖に辿り着きます。
羅臼の海は“自然の定置網”とも呼ばれ、浅瀬から急激に深くなる独自の地形をしています。イカ漁の最後のシーズンに、この“自然の定置網”に引っかかるイカを狙って全国各地からイカ漁船が集まることから、羅臼は「イカの終着地」と呼ばれています。そして、羅臼にたどり着いたスルメイカは、成熟しているため大きく甘みが強いのです。

【丸まらないイカの焼き方】
1.解凍し、胴と足を外す。
2.写真のように、胴に割り箸をX線状に刺す。
3.イカの耳(エンペラ)の部分には、竹串を横に刺す。この時、2の割り箸の下に通し、固定する。
4.表を上にし、足はそのままで、魚焼きグリルで中強火で焼く。香ばしくなってきたら裏返し、程よく焼けたら出来上がり。

ベイクドチーズ(羅臼)

札幌のチーズケーキ専門店「どるちぇどさんちょ」の人気のチーズケーキ。
羅臼沖の深度350mの場所から海洋深層水を取水して、その海洋深層水から造ったミネラルたっぷりの「塩」を使うことで、濃厚で塩味の効いたベイクドチーズケーキに仕上がっています。
チーズが全面に出て塩味も効いているので、ケーキというよりはチーズそのものといった味に仕上げています。使用しているチーズは北海道産クリームチーズ、イタリア産パルミジャーノレッジャーノ、デンマーク産ゴーダチーズの三種。

海洋深層水とは「太陽が届かず、また表層の海水と混ざらない深さにある海水」をいい、羅臼沖200m以深の海水を海洋深層水と呼んでいます。
太陽の光も届かないためプランクトン等が成育せず、海中の栄養分が消費されないので、表層に比べ遥かに栄養が豊富で、プランクトンをエサにする細菌も少なく、極めて清浄性が高い海水から作られたミネラル豊富な「らうす海洋深層水100%のこだわりの塩「極」」を使用しています。

北海道 天然ぶり刺身 1kg(250g ×4パック)

寒ブリの頂点を超える脂身 知床半島のブリは数年前より水揚げされるようになりました。
天然の羅臼・知床のブリは脂のノリは寒ブリの頂点と言われる氷見の寒ブリに勝るとも言われるようになり、きめ細かい霜降り身、極上の旨味が特徴です。
しっとり肉厚、臭みが少なさは天然ならでは!

特選羅臼昆布1等級

知床の寒流に鍛えられ、見事な幅と厚みに育った羅臼昆布を、四十余手間をかけて干し、熟成させました。濃厚で香り高く、清澄で上品な味のだしが引ける最高級の昆布です。

北海道羅臼町 [PR]

北海道羅臼町(らうすちょう)は世界自然遺産に指定された知床半島の南側に位置する自然豊かな町です。
アイヌ語で「地の果て」を意味するシリエトクが語源といわれる知床半島の厳しくも豊かな自然と共生しながら、漁業を中心とした水産業の町として歩んで参りました。
一年を通して季節折々の海産物が水揚げされています。「羅臼のふつうは、日本のごちそう。」どれも鮮度が良く自信をもっておすすめできます。羅臼の海産物をぜひご賞味ください。
一年を通して様々な動物と出会える可能性がある洋上でのクジラ・イルカ・バードウォッチング、日本百名山にも選ばれた羅臼岳登山、トレッキング、スキューバダイビングなど海から山まで自然を対象としたアクティビティも豊富です。旅の疲れを癒してくれる温泉も豊富で無料の露天風呂もあります。

【ふるさと納税】をチェック♪

  • 8396
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア