【朝日町が発祥】”シャリ感”が違う!袋をかけずに栽培する完熟りんご

LIMIAユーザーにも定番になっているふるさと納税。
今回は袋をかけずに栽培するりんご【無袋(むたい)ふじ】の発祥と言われている山形県朝日町をご紹介します!
定番観光スポットからLIMIAがオススメするふるさと納税の返礼品情報まで厳選してピックアップ!
今年のふるさと納税の返礼品で迷っている方は、この機会にりんごとワインを始めとした『おいしい朝日町』を堪能してみてはいかがでしょうか?

  • 8250
  • 24
  • いいね
  • クリップ

朝日町ってこんなところ -朝日町のシンボル-

町の木『ブナ/山毛欅』

昭和49年11月制定
ヒメサユリと同様に朝日町誕生20周年を記念して制定されました。
広場落葉樹の代表的な木であり、朝日連峰の原生林を代表する樹木です。
ブナは低地にはなく、標高500m-1000m程度の亜高山帯に分布し、豪雪、厳寒の中でも雄々しく成長し、春には雪の中から新緑の芽を出します。
白滝登山道周辺やヌルマタ沢、暖日山頂に見られるブナ林などが見事です。
「住んでいるところから歩いていくことができるブナ林」の趣旨のもと、高田地区では「高田山ブナ林探索会」を催し、ブナ林を大切にしています。

町の鳥『ヤマガラ/山雀』

昭和59年11月制定
朝日町誕生30周年を記念して制定されました。シジュウカラ科の小鳥で、町内の山林に多く見られ、樹木の穴の中に巣をつくり、木の実や昆虫などを餌にしています。
澄んだ鳴き声、整った容姿などの特徴を持つ野鳥です。

町の花『ヒメサユリ/姫小百合』

昭和49年11月制定
朝日町誕生20周年を記念して制定されました。
ヒメサユリは朝日連峰を代表する花の一つで、高山だけでなく町内の山地に多く見られます。
痩せ地に多く見られ、草丈は30センチ程度。
厳しい風雪に耐えながら、初夏(6月から7月にかけて)には可憐なピンクの花を咲かせます。(ユリ科の多年草)

町の動物『カモシカ/氈鹿』

昭和59年11月制定
ヤマガラと同様に朝日町誕生30周年を記念して制定されました。
正式名はニホンカモシカと呼ばれ、ウシ科の草食獣で朝日連峰に多く生息しています。
厳しい環境にもめげずたくましい生きる姿は、私たちに感動を与えるとともに、
近年は民家近くでも目にすることが多くなり、道すがら出会うとその愛くるしさに笑みがこぼれます。

行ってみたい!朝日町の観光スポット

道の駅あさひまち『りんごの森』

町特産のりんごをイメージした赤い屋根と正八角形の建物が特徴。
上空から見るとりんごの実、隣接するトイレが葉の形をしています。

1階は農産物や加工品の販売、軽食・喫茶コーナー、観光案内所。
2階はギャラリースペースが設けられています。

大きなアピールポイントの一つがトイレ。
一般的な道の駅よりも落ち着いた内装にし、高級感を演出。
清潔感と美しさにもこだわっています。
女性用の手洗いコーナーは照明も工夫されています。

直売所の品ぞろえはもちろん、トイレでも選ばれる道の駅を目指しています。

朝日町ワイン城

山形の風土に根ざしたワイナリーで、長い伝統と経験を踏まえながら、良質のぶどうと最新の醸造技術により、風味際立つかぐわしいワインを醸し出しています。
目の前には自社ぶどう畑が広がり、びん詰工程などを見学しながら、20種類を超えるワインとブランデーの試飲ができます。
お気に入りの写真などを入れたオリジナルラベルもできます。

空気神社

平成2年建立。世界でも類をみない、「空気」を御神体とする神社です。

ブナ林の中に、5m四方のステンレス板を鏡に見立てて置いたもので、四季折々の風景がこの鏡に映り、空気への感謝をよりいっそう強く感じさせてくれます。(鏡板の地下3メートルの深さに神殿が静かに安置されています)
参道には、宇宙を創る5行(木・火・土・金・水)のモニュメントがあります。

世界環境デーの6月5日を「朝日町空気の日」と条例で制定し、その日と最寄りの土・日に「空気まつり」が開催されます。
地下にある「神社本殿の御開帳」、地元小学生による「みこの舞」奉納、「浮島雅楽」の演奏などが行われ、新緑が輝く中、とても神秘的なイベントです。

【注目】LIMIAがおすすめする朝日町の返礼品

朝日町では、いただいた寄付金の使い道や、町の旬な情報をお知らせすることを目的に、「朝日町をもっと好きになってもらいたい」という想いのもと、前年度ご寄付いただいた皆さまへ「朝日町ふるさと通信」を年2回発行しています。

この他、農産物のパッケージや封筒、お礼状などに「朝日町らしい」デザインを取り入れ、皆さまに山形県朝日町をより知っていただけるように取り組んでいます。

1.朝日町産りんご〈無袋ふじ〉5kg

袋をかけずに栽培する方法を全国に先駆けて確立し、朝日町が発祥となっている「無袋ふじ -ムタイ フジ-」。
最上川が育んだ豊かな大地と、栽培130年以上の歴史が培った技術は海外でも認められ、台湾やタイ、フィリピンなどの高級スーパーでも取引されています。
他とは違う「シャリッ」とした触感が特徴の朝日町産ふじをぜひご体感ください。

※町の特産品や朝日町非公式キャラクター桃色ウサヒがデザインされた特製段ボール箱で発送しています。

袋をかけずに栽培する方法を全国に先駆けて確立し、朝日町が発祥となっている「無袋ふじ」。
最上川が育んだ豊かな大地と、栽培130年以上の歴史が培った技術は海外でも認められ、
台湾やタイ、フィリピンなどの高級スーパーでも取引されています。
美味しさの秘密は朝日町の環境にあります。
袋をかけずに太陽の光を充分に浴び、自然の厳しさを乗り越えて育ち完熟したりんごは他とは”シャリ感”が違います。
そうです、”シャリッ”という歯ごたえが違うのです。
「日本一うまい」と評されるりんごを一度ご賞味ください。

りんごを保存するときは、暖房の入っていないところに箱に入れたままか新聞紙などで包んでおくのがよいですが、なるべくお早めに召し上がってください。
冷凍保存する場合は、生のままではなく、アップルパイなどで使うリンゴを煮た状態の物やジャムにしたもので保存してください。

2.朝日町ワイン「プレミアムルージュ・プレミアムブラン」赤白辛口セット

毎年大好評の「プレミアムルージュ・プレミアムブラン」が復活!
生産本数がきめられているため欠品が続いておりました大人気の商品が今年も数量限定で登場です。


山形県産マスカットベーリーAに樽熟したブラッククイーン、メルローをブレンドした「プレミアムルージュ赤」と、ふるさと納税限定の朝日町産シャルドネとリースリングフォルテ、リースリングリオンをブレンドし深い味わいの「プレミアムブラン白」のセットとなっています。
いずれも果実味豊かな辛口ワインになっておりますので、ぜひこの機会にご賞味ください。

プレミアムルージュ

このワインはマスカットベーリーAとブラッククイーン、メルローをブレンドしています。ブレンドする事により品種それぞれの個性が混ざり合い、コクのある深い味わいに仕上がりました。色調は紫がかった濃いガーネット。香りは、ブラックベリーのコンポートのような果実香にすみれの花やスパイスが調和するバランスの良い辛口ワインです。
洋食はもとより、すき焼き、おろしハンバーク、ブリの照り焼き、サンマの塩焼きなど、お醤油やポン酢にも良く合います。

プレミアムブラン

このワインは朝日町産のシャルドネ、リースリングフォルテ、リースリングリオンをブレンドしたワインです。ブレンドする事により品種それぞれの個性が混ざり合い、厚みのある爽やかな味わいに仕上がりました。グレープフルーツやマスカットなどの華やかな香りにライムやオレンジなどの柑橘系の爽やかな味わいと心地よい酸味が特徴の辛口ワインです。
お刺身や天ぷら、焼き鳥、牛タン、鳥の手羽先、唐揚げなどや、特にお塩を使った料理と相性抜群です。

3.【食べ比べに!】朝日町産コメ5種類詰合せ2021年産10kg

トマトジュースやミルキークイーン(米)で大人気の堀農園さんからお米の詰め合わせが登場。
食べ比べ内容は「雪若丸・つや姫・ミルキークイーン・あきたこまち・はえぬき(各2kg)」の5種類です。
朝日町の澄んだ空気と清らかな水源の下育ったお米の中から、この機会にお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

※令和3年産のお米をお届けします

お米の消費期限の目安
お米はできるだけ早く召し上がってください。
春   :精米年月日より約1ヶ月
梅雨~秋:精米年月日より約3週間
冬   :精米年月日より約2か月

保管するときの注意
温度差により結露が発生するような場所には保管しないでください。
とくにキッチンにはできる限り保管しないようにしてください。
火を使ったり電化製品の放熱により室温や湿度が上がるのでお米の劣化が早くなります。

4.【金属工芸作品】芽と早蕨のフルーツピックセット

朝日町に在住し、金属工芸作家として活動する牧野広大さんの作品です。
山奥の古民家を工房にし、併設するショールームで金属を用いた様々な暮らしのアイテムを提案しています。
今回の作品「山の芽吹き」をイメージしてつくられたフルーツピックは、それぞれ「芽」と「早蕨」を象ったもの。
一つひとつ丁寧に金づちで打ち延べられています。りんご等の果物やワインのおつまみに合うチーズなどを食べるときにピッタリなピックセット。いつもの食卓に新しい景色をつくってくれます。
また「芽吹き」をイメージした作品なので、「成長」の象徴として、結婚や出産のお祝いギフトとしても大変好評です。

金属工芸品って?
金属が主素材の金工(金属工芸)には大きく分けて3種類の技術があります。
融かした金属を型に流し形を造る「鋳金-チュウキン―」、
精製した板や棒を金槌で造形していく「鍛金-タンキン―」、
出来上がった形に加飾を施していく「彫金-チョウキン―」。
職人がそれぞれの技術を用いて金属を加工しています。
牧野広大氏は「鍛金」の技術を主として、返礼品のほとんどを制作されています。

作品について
今回の作品は「山の芽吹き」をイメージしてつくられたフルーツピックは、それぞれ「芽」と「早蕨」を象ったもの。
一つひとつ丁寧に金づちで打ち延べられています。
りんご等の果物やワインのおつまみに合うチーズなどを食べるときにピッタリなピックセット。
また「芽吹き」をイメージした作品なので、「成長」の象徴として、結婚や出産のお祝いギフトとしても大変好評です。

内容量 フルーツピック3本セット【長さ:いずれも約9センチ】

※芽(黄銅製)2本と早蕨(ステンレス製)1本、または芽(ステンレス製)2本と早蕨(黄銅製)1本の内容となります。
色・組み合わせは指定をお受けできませんのでご了承ください。

山形県朝日町 [PR]

朝日町は山形県のほぼ中央に位置する、人口約6600人の町です。日本三大急流のひとつとして知られる「最上川」が南北21キロにわたり蛇行北流し、磐梯朝日国立公園をはじめとする原生林野が町土の73%ほどを占める、自然豊かなところです。
最上川の両岸に沿った河岸段丘は、果樹栽培に適した肥沃な土地で、130年以上の栽培歴を持つりんごは町のシンボルとなっています。そのほかにも、良質なブドウからつくられるワインなど誇れる宝がたくさんあり、町民一人ひとりが誠実な営みを続けています。
小さい町ながら、農業をはじめ、観光や教育など、まだまだ力を入れていきたいことがたくさんあります。朝日町の「これから」をぜひふるさと納税寄付で応援してください。ステキな田舎の未来を一緒につくりましょう。

【ふるさと納税】をチェック♪

  • 8250
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA公式アカウント。生活のレベルをワンランクアップできるような住まい・暮らしのお役立ち情報をLIMIAが厳選してご紹介!

LIMIA ネクストライフさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード