汚れや臭いにさよなら!ハイターを使った洗濯方法|使用時の注意点も

主婦の強い味方である塩素系漂白剤《ハイター》について紹介! 《ハイター》を使った洗濯方法や、使用時の注意点をまとめました。衣類の黄ばみやタオルの臭いもこれですっきり♪ 「色落ちしてしまうのでは?」「なんとなく使うのが難しそう……」と思っている方は必見です。

  • 10086
  • 61
  • 0
  • いいね
  • クリップ

洗濯用《ハイター》ってどう使うの?

「洗濯用《ハイター》って使い方が難しそう……」「色落ちしてしまうのでは?」と、《ハイター》を使うことに抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

ここでは、洗濯用《ハイター》の正しい使い方やコツを紹介します。今まで色落ちが心配で使っていなかった方や、お気に入りの衣類やタオルなどの雑菌臭に困っている方は、ぜひチェックしてくださいね♪

洗濯用《ハイター》とは?

洗濯用《ハイター》は、塩素系漂白剤。色柄物に使うと色落ちしてしまうので、白色の衣類やタオルなどに使うことがおすすめです。

どちらも洗濯物の汚れを落としたり、雑菌臭を消臭したりする働きがありますよ。

ハイター 大(1.5L)【ハイター】
商品情報を楽天で見る

《ハイター》を使って洗濯するときの注意点

《ハイター》を使うときの注意点を2つ紹介します。この注意点をしっかり確認することで、《ハイター》を使った洗濯の失敗を防ぐことができますよ。

《ハイター》を使うときにはどんなところに注意すればいいのか、さっそく見ていきましょう!

①洗濯表示マークを確認

《ハイター》を使用するときは、洗濯表示マークをしっかりと確認してから使いましょう。

無地の三角マークの表記は、使用が可能です。三角に斜線が引かれてあるマークや、三角にバツ印が書かれてあるマークは、使用不可となっています。

②取扱いを確認

《ハイター》のパッケージには「まぜるな危険!」と表示されています。塩素系漂白剤と酸性の洗剤を混ぜてしまうと、人体に有害な塩素ガスが発生してしまう恐れがあります。注意しましょう。

《ハイター》は毎回使ってしまうと生地が傷みやすくなってしまうため、ハイターを使う頻度は雑菌臭や汚れが気になったときに使うと◎。

また、日焼け止め剤が付着した衣類を《ハイター》で洗濯すると、ピンク色に変色してしまうことがあります。

《ハイター》を使った洗濯方法とコツ

《ハイター》を使った洗濯方法は、つけおき洗いと洗濯機洗いの2種類です。

つけおき洗いをする場合の手順と、洗濯機洗いをする場合の手順を分かりやすく紹介しますよ。また、ちょっとしたコツまで紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

つけおきして洗う

つけおき洗いする場合の手順を紹介します。

洗濯物に合った《ハイター》と洗面器、ゴム手袋を用意しましょう。

洗面器に水と《ハイター》を入れて、よく混ぜます。《ハイター》を混ぜた水に、洗濯物を入れて短くても5分、長くて30分ほど時間をおきましょう。生地が傷んでしまうので、2時間以上つけるのは避けてください。

汚れが浮かんで落ちてきたのが確認できたら、すすぎ洗いをしてよく脱水します。あとは、いつも通り干しましょう。完全に乾いたら完成です。

洗濯機で洗う

洗濯機洗う場合には、通常の洗濯とあまり変わりません。

洗濯物を洗濯機に入れて、《ハイター》を分量通りに入れましょう。あとは、いつも通りに洗濯機を回して、干したら完成です。

洗濯用《ハイター》を使ってさっぱり心地よい洗濯をしよう♪

《ハイター》を使った洗濯は、注意するポイントや洗濯方法をしっかり理解しておくことで、失敗を防ぐことができます。

普通の洗濯洗剤だけでは落ちない、汚れや雑菌臭に悩んでいる方は、この機会にぜひ《ハイター》を使った洗濯にチャレンジしてみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 10086
  • 61
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード