【メーカー別】おすすめ電気ポット5選|おしゃれアイテムを紹介

おすすめ電気ポットを5点厳選して紹介します。『象印』や『タイガー』など人気メーカーの、おしゃれで使いやすい電気ポットをピックアップしました。そのほかに電気ポットの選ぶポイントも解説。おしゃれアイテムを見つけて、ティータイムを楽しんでくださいね♪

  • 9287
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

電気ポットはメリットたくさん! 電気ケトルとの違いも解説

電気ポットと電気ケトルの大きな違いは「保温機能」と「温度調節機能」の有無です。電気ケトルにはあまり付いていないこの機能。お湯を頻繁に使う方にはとても便利で、省エネにも繋がりますよ♪ そんな電気ポットのメリットを詳しく紹介していきます。

電気ポットのメリット①保温機能が魅力

多くの電気ポットに付いている「保温機能」は大きなメリットの1つ。電気ケトルには保温機能が付いていないことが多く、付いていても保温できる時間は電気ポットに比べて短くなります。

電気ポットなら、一度お湯を沸かしてしまえばそのまま何時間も保温が可能! 何度も沸かす必要がないので、家族が多い家庭や来客時など、頻繁にお湯を使うときに便利です。

電気ポットのメリット②温度調節機能の有無

お湯を好みの温度に設定して保つことができる「温度調節機能」も、電気ポットならではの機能です。とくに赤ちゃんがいる家庭では、人肌くらいの温度に設定しておけばミルク作りもスムーズに!

また、コーヒーや紅茶、日本茶をいれるときにも、それぞれに「適温」があります。よく飲む飲み物に合わせた温度をキープしておくことで、お気に入りのドリンクをいつもおいしく楽しむことができますね♪

電気ポットを選ぶ6つのポイント

「電気ポットが欲しい!」と思っても、種類がありすぎて、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで電気ポットを選ぶときに注目するべきポイントを6つ紹介します。ポイントをしっかりおさえて、自分に合った電気ポットを選びましょう♪

選び方①容量

電気ポットの平均的な容量は2〜4L。家庭用にはちょうどいいサイズですね。この大きさの他にも1L程度の小さなものや、5Lを超える大きなものまであります。

一人暮らしの方や使用頻度が少なくお湯が余ってしまう方は1〜2Lの小さな電気ポットを。会社やイベントなど大人数で使うときには5L以上の電気ポットがおすすめです♪

選び方②デザイン

従来の電気ポットにはステンレス製の素朴なものや、大きくて場所をとるものが多くありました。「キッチンに置いておくとかさばるし、目立つのが嫌!」と思う方も多いのではないでしょうか?

最近ではシンプルかつおしゃれな電気ポットがたくさんあります。キッチンの色味や雰囲気に合わせて、電気ポットの色やサイズも決めてみてはいかがですか?

選び方③重さ

電気ポットは素材によって重さが変わります。電気ポットに使われる主な素材は、プラスチックとステンレスの2種類。プラスチック製は軽くて持ち運びやすいため、電気ポットの場所をたくさん移動させる方にぴったり♪ 

ステンレス製はプラスチック製に比べて重くなりますが、何より丈夫で傷が付きにくい! 家庭用であまり動かすことがない場合は耐久性のあるステンレス製もおすすめですよ。

選び方④お湯の出し方

電気ポットのお湯の出し方は「電動式」と「エア式」という2種類の方式があります。「電動式」は電気ポンプによって、ボタンを軽く押すだけでお湯を出すことができるので子どもやお年寄りにおすすめです。

対して「エア式」は、ボタンを押すときに発生する空気の力でお湯を出す方式なので、コンセントに繋がなくてもお湯を出すことができます。野外でのイベントや停電してしまったときにも使えるのはうれしいですね♪

選び方⑤省エネ機能

電気ポットを選ぶ際は、省エネ機能搭載かどうかを確認しましょう。電気ポットは沸とうをさせるとき以外に、保温している間もたくさんの電力を使用します。

最近では、省エネモードの搭載以外にも断熱性能の高い素材を使ったり形状を工夫したりと、省エネを重視した電気ポットがたくさん。頻繁に電気ポットを使う方ほど、電気代を抑えることができる省エネ機能のチェックは重要ですね!

選び方⑥暮らしに合わせて

赤ちゃんがいる家庭やコーヒーが好きな方など、暮らしに合わせた選び方もできます。小さい子どもがいる家庭には蒸気レス機能が付いた電気ポットがおすすめ。「子どもが蒸気でやけどしてしまった……」というリスクを防げます。

毎日コーヒーを飲む方には、カフェドリップ給湯機能が付いているものがおすすめです。この機能はパックにお湯を少量ずつゆっくりと注ぐことができるので、お湯を飛び散らすことなくじっくり蒸らすことができますよ♪

【メーカー別】おしゃれ電気ポット5選|北欧風やシンプルデザインなど

ここからは、『象印』や『タイガー』など人気メーカーごとにおすすめの電気ポットを紹介していきます。北欧風のおしゃれな電気ポットから、シンプルで高性能のものまでさまざまな電気ポットをピックアップ!

電気ポット選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね♪

①象印|省エネ性能に優れているおしゃれ電気ポット

象印
象印 CV-GB22-TA ブラウン VE
9,000円(税込)
4
4 Stars
33件)
大きな液晶で操作しやすい!多彩な機能が搭載された電気ポット
1918年に創業した老舗家電メーカー『象印』。たくさんの電気ポットを売り出している中でも、電気代を抑える性能にすぐれた『優湯生(ゆうとうせい)』シリーズの商品が人気です。大きな文字の操作パネルと大型液晶が付いているので、年齢を問わず使いやすくなっています。一度沸とうさせてから保温する通常の電気ポットとは違い、5段階の保温設定が選べるのが魅力です。湯沸かし時間や消費電力、蒸気の発生を抑えることができます。

②象印|お茶やコーヒーが好きな方におすすめの電気ポット

象印
STAN.
12,000円(税込)
4.2
4.2 Stars
13件)
約240mlを約2分とハイスピードで沸騰!
炊飯器や電気ポットでお馴染みの『象印』の電気ポット。コーヒーカップ2杯分(約240ml)が約2分とハイスピードで沸騰。一度沸騰させたお湯は約90℃と70℃で保温し温かさを保ちます。ドリップ時に便利な「ゆっくりカフェドリップ」搭載でお湯が飛び散りにくく、少量ずつ注ぐことが可能です。その他にも「傾斜湯もれ防止構造」や「転倒湯もれ防止構造」でポットを倒してしまっても倒れにくい構造になっています。

③象印|大家族やオフィスにおすすめの大容量電気ポット

象印
マイコン沸とう電動ポット CD-PB50
18,360円(税込)
4.3
4.3 Stars
159件)
蒸気セーブや保温温度設定などの機能性も豊富な電気ポット
マホービンや幅広い電化製品を販売している『象印マホービン』の電気ポットはたっぷり使える5Lタイプ。家族がいる方やオフィスにも◎です。また、“5段階節約タイマー”を活用すれば、夜間や外出時でも設定時間後に湯沸かしが完了し、節電につながります。“蒸気セーブ機能”もついているので、置く場所を選ばずに使える点も魅力的。

④タイガー|赤ちゃんがいる家庭にもおすすめなおしゃれ電気ポット

とく子さん
タイガー PIQ-A220W VE電気まほうびん 2.15L ホワイト
8,654円(税込)
4.2
4.2 Stars
19件)
蒸気レスで置き場所を選ばない!使い勝手の良さが魅力
有名なキッチン家電メーカーが販売する『タイガー魔法瓶株式会社』の電気ポットは、従来の電気ポットと比べ洗練されたデザインが特徴です。どのくらいお湯が出たかわかる流量計が付いているので、カップラーメンを作る際や料理をする際にいちいちお湯を計る手間がかからず便利。蒸気孔がなく、蒸気が出ない構造になっているので、置き場所を選ばずやけどのリスクも減る設計です。

⑤タイガー|軽いプラスチック製の電気ポット

タイガー魔法瓶
タイガー 魔法瓶 マイコン 電気 ポット 3L ホワイト PDR-G301-W Tiger
6,822円(税込)
3.9
3.9 Stars
19件)
節電タイマー機能付きがうれしい省エネ電気ポット
『タイガー』が販売する電気ポット。節電タイマーが付いているので、寝ている間や外出時などのお湯を使わない時間に電気を止めることができ、電気代を節約することができます。また水量計がワイドパネルなので、残量が見やすいのもポイントです。

デザイン性にもこだわったおしゃれな電気ポットを見つけよう

今回は電気ポットの選び方と、メーカー別におしゃれな電気ポットを紹介しました。ライフスタイルによって、電気ポットのサイズや機能性など、それぞれに合った商品も変わります。ぜひみなさんのお気に入りを見つけみてくださいね。

※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2021年11月)に基づいたものです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年11月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 9287
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

家電のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード