クローゼット収納の基本|無駄のないスペース活用術で収納美人へ

クローゼット収納のメリットは、コートやワンピースなど、丈が長く畳んで収納できない服を吊るして収納できる点です。でも、たくさん詰め込んでしまえば使いにくくなってしまいます。クローゼット収納の基本を押さえて、収納美人を目指しましょう!

  • 18956
  • 98
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クローゼットを活用するための基本

クローゼットの収納力を有効活用するために、気を付けたいポイントやコツについて紹介します!

上棚、かける収納、下段を分けて考える

縦に長いクローゼットは、その空間を3つに分けて考えるとよいでしょう。「上棚」「かける収納」「下段」の3つです。

上棚は、クローゼットの1番上にある収納棚のことを指します。天井に近く手の届きにくい場所ですね。こういう場所には、取り出しにも便利な軽い素材の収納ボックスや布製の物を使うとよいですよ。

中央部分は、出し入れのしやすいゴールデンゾーンとも呼ばれます。備え付けのハンガーポールを使用して、「かける収納」をするのが一般的です。使用頻度の高いトップスやボトムスなどを吊るしましょう。

また、コートやワンピースなど畳んで収納できない物を吊るすのにも適したスペースです。ハンガーポールの下や奥にポールを追加すれば、収納力もアップしますよ。

下段は、引き出し式の収納ケースやボックスを利用して「置く収納」をします。畳んで引き出しにしまうことで、収納量のアップも可能ですよ。

収納ケース、ボックスは、よく使う物を上、あまり使わない物は下と分けて配置すると、取り出しも楽になります。

かける収納は長さをそろえて

ハンガーポールを使って「かける収納」をするときは、服の長さをそろえるのがポイントです。クローゼットを開けたときに、長さがバラバラだとまとまりがない印象を受けますね。

そこで、長い服から短い服、またはその逆といった具合に、長さ別にハンガーポールにかけていきましょう。それだけで、スッキリとした見た目のクローゼットになりますよ。

できるだけデッドスペースを作らない

服が長さ別に並んでいれば、裾の下に収納スペースが生まれます。特に短い丈の物の下には、ぽっかりと空間が空くでしょう。そのままにしておくと、いろいろな物を詰め込んでしまい、どんどん溜まっていきます。

それを防ぐために、空いた空間に収納ケースを設置して新たな収納スペースにしましょう。そうすれば、空間を無駄にすることなく有効活用できますね。

できるだけデッドスペースを作らないことが、クローゼットの収納力をアップするコツです。

クローゼット収納を便利にする方法

もっと便利で使いやすいクローゼットにするためのコツを紹介するので、参考にしましょう。

引き出し式収納ケースを利用

引き出し式収納ケースは、クローゼットで使うととても便利ですよ。高さも幅もバラエティー豊かなので、収納スペースに合わせて選べるのがうれしいですね。

組み合わせが可能な物が多いので、収納ケースを重ねて設置すれば収納力がアップします。服を季節ごとに分けて、収納ケースにそれぞれ入れるのもおすすめです。

季節ごとに収納されていれば、引き出しごと入れ替えるだけで衣替えの必要もなくなりますね。キャスター付きの収納ケースなら、簡単に動かせるので出し入れもしやすいですよ。

ハンガーは滑らない物をチョイス

クローゼットは限られたスペースです。吊るすためのハンガー選びも大切ですよ。少しでも多くの服を吊るすために、薄手なハンガーでそろえるとよいでしょう。

厚みがバラバラのハンガーを使っていると、予想以上に収納スペースを取ってしまうことになります。スリムな物なら収まりもよく、省スペースになりますよ。

また、滑りにくさも大切なチェックポイントです。服を出し入れしている間に、隣の服が滑り落ちてしまっては、掛け直しの手間がかかり面倒ですよね。

滑りにくく肩かけの付いているハンガーも売っているので、積極的に取り入れてみましょう。「かける収納」に活用すれば、滑り落ちのストレスを減らせますよ。

上棚は普段使わない物を収納する

上棚は、踏み台がないと出し入れが難しい場所です。普段あまり出番のないオフシーズンの服やバッグ、思い出グッズをしまうのにピッタリな場所といえるでしょう。

布製の収納ボックスやカゴなど、軽い素材でできているタイプを使うと出し入れしやすいですよ。重い物は肩より上に持ち上げるのも大変ですし、危ないですね。

また、正面に取っ手が付いているタイプを選べば、少し下の位置からでも収納ボックスを引っ張り出しやすくなります。

「あまり取り出さない」ということは、「ホコリをかぶりやすい」ということでもあります。収納に利用するのは、ふた付きの物がおすすめですよ。

収納力アップのためにできること

クローゼットをもっと収納できるようにしたいという場合は、どうしたらよいのでしょうか? 今よりも収納力がアップするアイデアを見てみましょう!

100均アイテムでスペースを余さず活用

つっぱり棒を使って、ハンガーラックを手作りできますよ。ハンガーポールの下につっぱり棒を設置すれば、2段のハンガー収納スペースが生まれます。

上段にはジャケットやトップス、下段にはボトムスなど、カテゴリー分けして収納できて便利です。子どもの背の高さにつっぱり棒を設置してもよいですね。子ども用の服をまとめてかけておけば、子どもが自分で外出の用意をすることができます。

また、ワイヤーネットでラックを作ってもよいですよ。ワイヤーネットをクローゼットの壁に取り付けましょう。ワイヤーかごを引っかければ、立派な壁面収納に早変わりします。

時計や帽子、サングラスなどの小物をスッキリ収納できますね。服と小物を同じ場所で手に取れるので、忘れ物防止にもなり便利です。

扉裏も活用しよう

高さのあるクローゼットの扉裏には、鏡を取り付けると便利ですよ。立ったときにちょうどよい高さに設置すると、朝の支度もスムーズになります。

また、フックを取り付ければ眼鏡やネックレスもかけられますね。鏡を見ながら眼鏡、ネックレスを着用できるので一石二鳥でしょう。

扉にフックを引っかけて、ポケット式の収納アイテムを吊るせば、ベルトやハンカチなども収まります。目の届く場所にまとまって収納されていれば、使い勝手も抜群ですね。

おしゃれな収納を実現するには

便利なクローゼットにするなら、見た目もおしゃれにしたいですよね。使いやすくおしゃれなクローゼットにする方法も、もちろんあります!

ハンガー、収納ケースのテイストをそろえる

ハンガーや収納ケースのテイストをそろえるだけで、すっきりとおしゃれな印象になります。ナチュラルな雰囲気にしたいのか、スタイリッシュな雰囲気にしたいのかで、選ぶカラーや素材も異なるでしょう。

ナチュラルなら白や木を使った物、スタイリッシュならモノクロや、ステンレス、スチール素材の物と、それぞれイメージに近い物でそろえるようにしましょう。

クローゼット内で統一感を持たせることが、おしゃれなクローゼット作りのコツですよ。

オブジェを積極的に利用する

おしゃれな空間を演出するために、オブジェも積極的に活用しましょう。ナチュラルなイメージなら、グリーンやドライフラワーなどを置いても素敵ですね。

木材を使ってDIYしたハンガーラックを使えば、オリジナリティーにあふれ、癒やし度もアップします。収納ケースの代わりに大きな木箱を使っても、ブルックリン風でカッコよいですね。

アイデアをプラスして柔軟なクローゼットを

クローゼット収納は、こうしなきゃいけないという厳しいルールはありません。ただ、服の長さをそろえて吊るす、デッドスペースを作らないというような、収納力をアップさせるためのコツはたくさんあるので、できるものから取り入れていきましょう。

その上で、自分好みのテイストにアイテムをそろえる、オブジェを活用するなどするとよいですよ。お気に入りのクローゼットなら、毎日の暮らしが楽しくなります。

紹介したアイデアを参考にして、使いやすくおしゃれなクローゼットを手に入れましょう!


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 18956
  • 98
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード