【100均】DIYアイテムを徹底検証!弓ノコや折り畳みも気になる木工用ノコギリにズームイン【ダイソー・キャンドゥ】

〔セリア〕の軍手と〔シルク〕の軍手など、100均のDIYアイテムを比較していく連載ものの第2回。今回は、〔Can☆Do(以下、キャンドゥ)〕と〔ダイソー〕で見つけた「のこぎり」を比較しながらご紹介します!

  • 6756
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ノコギリにも、いろいろな種類がありますよね

自宅でのDIYで木材をカットしたくなったとき、みなさんはどうしていますか? 丸ノコやジグソーなどの電動工具が無かったら、あるいはそれほどガッツリとしたカットでなければ……そう、「ノコギリ」の出番だと思います。そこで、今回は100均の〔キャンドゥ〕と〔ダイソー〕で見つけた、ちょっと変わったノコギリをご紹介していきます!

〔キャンドゥ〕の《ファミリーソー》

まずは、〔キャンドゥ〕で見つけたこちらの弓ノコ、《ファミリーソー》です。弓ノコって、よく見かける割に、使ったことのある人は意外と多くないんじゃないないでしょうか。なお、本体付属の刃は金工用だったので、木工用の替刃が入っている、《ファミリーソー 替刃 4本組》も用意しました。

取り出してみるとこんな感じです。本体はスチロール樹脂、鋸刃はハイカーボンスチールという素材でできています。4本組の替刃は、2本が木工用でもう2本が金工用です。

木工用と金工用の違いは、刃を見ると分かります。手前の刃が荒い方が木工用で、奥の刃が細かい方が金工用です。

替刃の取替えは、固定ネジを緩めるだけで簡単に行なえます。刃の向きを間違えないように注意しましょう。

それでは、実際に木材をカットして、使い心地を確かめていきます。おっ、これは……! 100均の一般的なノコギリよりも、力が入り易い感じがします。

ただし、形状の点から限界なところもあります。上の写真のように、一定以上の長さを切り出そうとすると、フック部分が邪魔をして、切り進めることはできません。だいたい、5cm以下の切り出しと考えておいた方が良いでしょう。

〔ダイソー〕の《木工用 折り込みのこぎり》

お次は、〔ダイソー〕で見つけた《木工用 折り込みのこぎり》です。〔ダイソー〕には、150円の《パイプ用のこぎり》や200円の《ビッグハンドルのこぎり》など、100円ではない価格帯のノコギリもいくつかあるのですが、こちらは何と300円! でも、折り畳めるなんて、収納に困らなくて最高じゃありませんか。

折り込んだ状態の全長は、約18cmです。この子の背中側に出っ張っている、ストッパーを押しながら刃を回転させるように引っ張り出せば……

この通り、ちゃんとしたノコギリに! 刃は出し終えたときもしまい終えたときも、自動的にストッパーがかかるので、安全面も安心です。ちなみに、刃渡りは約13cm。柄がしら部分の色は青色のものもありました。

それでは、こちらも木材カットに使用してみましょう。むむむ……、ハンドソータイプを使った直後だからか、力が若干入りにくくて切れ味は普通かも。でも、決してダメなわけではなく、300円という価格に期待しすぎたようです。+200円は、あくまで折り畳み機能の分と思いましょう。

ほかにもさまざまなノコギリがあります!

今回は、普段気になっているけれど買わないような種類のものをピックアップしてご紹介してみました。〔キャンドゥ〕の《ファミリーソー》は、刃を自在に取り替えられる点がメリット。〔ダイソー〕の《木工用 折り込みのこぎり》は、とにかくコンパクトに折り畳める点がメリットです。100均でノコギリの購入する際には、ぜひとも参考にしてみてください♪

  • 6756
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード