ユージ

6495 62
0 Stars
(0レビュー) レビューを書く
椅子と美術館好きの方、話しましょう!
最近好きなもの
 ○椅子・・ジョージナカシマとポルトローナフラウ
 ○アート・・ジェームズタレルとゴッホ
 ○島の美術館・・豊島、直島、犬島。。。
宜しくお願いします =)
  1. 神原サリーのうふふ家電ジャーナル【7】ソニーLED電球スピーカー

    リラックスタイムには部屋のメイン照明を落として、間接照明でくつろぎの空間を演出したいもの。そこにお気に入りの音楽が流れたら最高ですね。SONYのLED電球スピーカーはBluetoothでワイヤレス再生ができるので、面倒な配線などをしなくてもOK。今ある照明器具の電球を付け替えるだけで、音とやさしい光による素敵な空間に変えてくれます。

    家電コンシェルジュ・神原サリー
    • 4261
    • 19
  2. ”仲間が集う” テーマのsofa

    人が集い。共に時間をすごし、そして自然と一体になれる空間 あなたが今つながりを持っている人たち、これから出会う人たち あなたの人生はその人たちとあなたが作り出すもの たくさんの人たちと出会い繋がりを持つことで、人生は彩られ、そして豊金なる。 Luuシリーズ 2015年11月発売。  代官山店でお待ちしています。 http://www.greeniche.co.jp/luu/

    greeniche
    • 1022
    • 10
  3. RC造の三世代住宅|六条の家

    北陸に建つ3世代の住宅です。豊かな自然に囲まれた立地ですが、その自然が強烈であるがゆえに、生活を営む上ではむしろ厳しい環境にあります。そこで住宅 の基本であるシェルターとして、性能上は閉じる方向を目指しました。その一方、それまでの大らかな暮らし方が新しい家においても営まれることを念頭におい ての計画となりました。 具体的には、600kg/m2という積雪荷重、気密性能、耐久性の観点からRC造を選びましたが、大らかな印象を持たせるために、コンクリート住宅特有の パラペット立ち上がりを極力抑え、水平線を強調する庇と、防犯機能を持たせた縦格子を組み合わせて、「コンクリートの箱」に見えないようにしていきました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 2136
    • 18
  4. かっこよすぎるオフィス! Wantedly Inc.

    「はたらくを面白くするビジネスSNS」をコンセプトに掲げ、企業と人とのマッチングを行う斬新なサービスで話題のウォンテッドリー。そのオフィスは同社の事業同様に斬新で「新しいものを生み出す職場」として、そのデザイン性やコンセプトが魅力的だ。 このオフィスについての全容は下記の取材記事をチェック! http://limia.jp/idea/3944

    LIMIA編集部
    • 1795
    • 21
  5. 素材感が決め手!異国情緒あふれる大人のひとり暮らし

    中古マンション購入からのリノベーション。素材感と手作り感をテーマに大人の落ち着いたシンプルな空間を意識しながらも、木材やタイル、金属やセメントなど様々な素材を用いて深みのある空間を創造しました。 ひとり暮らしということもあり、用途ごとに細かく空間を区切ったりはせず、リビングと寝室、トイレと洗面など大きく使う空間の使い方で大人の余裕を表現しています。 リビング側の天井はあえてむき出しにし、コンクリート現し仕上げに。壁にはアクセントクロスや調湿性タイルを使用して表情ある空間を目指しました。リビングのテレビボード兼本棚やベッドサイドの本棚、窓側のワークスペース、キッチンカウンターなど家具の多くは粗く削った木材で家具を造作しています。 インテリアはヨーロッパ調のシンプルなテイストをベースにファブリックや置物で中東やアフリカ圏のエッセンスをプラスし、異国情緒あふれるお住まいです。

    朝日住宅リフォーム
    • 2024
    • 13
  6. 小上がりのある家

    ご夫婦とお子さんの4人が暮らす家です。ご主人は仕事上、生活時間が特殊なこともあり、奥様やお子さんの生活時間帯と干渉しないようにコーナーが分かれています。休息用でもある小上りのあるリビングとダイニング・キッチンは、玄関ホールを挟んで分離しています。 又、1階から2階(各寝室)へのルートも、ダイニング・キッチンから、玄関から、リビングからとそれぞれから互いを経由しないで階段室へ行けるようになっています。ダイニング・キッチンは駐車スペースに面した勝手口があり、食品庫やキッチン床を下げ、堀込式のパソコン・ワークカウンターを設けました。 さらにクローク・洗濯室・洗面・浴室まで連続して移動でき、奥様の家事動線が効率良くまとまっています。 2階の主寝室は遮音壁床としシアタールームにもなり、ご主人専用の書斎コーナーがついています。 1階和室の柱や床板、玄関の上り框などに、ご主人のお父様より贈られたとても立派なケヤキ材が納まって味わいがあります。 このお宅はくつろげる場所がいくつも存在する造りになっています。この敷地は、ご主人のご実家が目に入る距離にあり、ご両親も歩いて行き来されています。

    吉田設計+アトリエ・アジュール
    • 2530
    • 20
  7. 関町北の家

    完全分離型の2世帯住宅の計画です。 1階に親世帯、2階に子世帯が、それぞれ中央の坪庭を取り囲むように配置されています。 1階の親世帯では、玄関に入ると、坪庭からの自然光に向かい入れられ、リビング・ダイニングに至ります。 リビング・ダイニングは南側に広いテラスを備え、十分な明るさや通風を確保するとともに 実際の面積以上の広がりが感じられます。 2階子世帯のリビング・ダイニングも、南側バルコニーと東側の坪庭に接し、住宅の中央部においても 十分な自然光を導き入れ、風が通り抜けます。 天井は、屋根の勾配なりの断面形状となっていて、東側のハイサイドライトからも光が入り、 空を眺めることができます。 両世帯とも、この坪庭を取り囲むことで、それぞれの家族が、それぞれのプライバシーを守りながら 相互に気配を感じあえるような、絶妙な距離感を保つことができます。 さらには、親世帯と子世帯とが、完全分離でありながらも、付かず離れずの調度良い関係性を保つことができます。 両世帯とも内装は木の温かみのある素材を用い、親しみ安い空間となっています。

    アトリエ スピノザ
    • 2214
    • 12
  8. 土間玄関がリビングを繋ぐ

    玄関ドアを開けると風除室の役割を果たす空間がある。 その扉を抜けると大空間の土間。上を見上げると階段がかかっており 前にはリビング、横には和室 昔の家の作りの良いところを今風にアレンジして ご家族に過ごしやすい空間に仕上げた。 土間には、泥のついた野菜も気兼ねなく置けるし、 日曜大工の作業もはかどる。昆虫観察をしたり、 温室がわりにして家庭菜園も楽しめる。 それらが、家族団らんのリビングの一部なのが いいところ。

    株式会社コタニ住研
    • 1734
    • 11
  9. 家の中に家!?築16年のマンションリフォーム。

    築16年のマンションで、バルコニーに3室面したワイドスパン。玄関前ポーチとテラス・広い専用庭が特徴の物件です。このリフォームの最大の特徴である三角屋根の小屋は、天井の高さを確保できたからこそ作れました。また、予算を抑えるために、ご自身でできることはDIYで仕上げています。収納をウィンドスルークロゼットにすることで、風の通り道も確保しています。

    エコミックススタイル
    • 1456
    • 16
  10. お洒落で片付いた家の鍵は・・・【ファミリー玄関】

    小さいお子さんがいるお家だと『お洒落』 『片付いた』 というのはなかなか維持するのが大変ですよね。 特に、玄関まわり。バギーや外遊びのおもちゃ 三輪車やゴルフバックなど。 家の中まで上がるお客さんは少なくとも、玄関先まで迎えることは よくある話です。そんな時に活躍するのが【ファミリー玄関】 玄関の中に家族専用玄関を設けてバギーでもコートでもなんでも 置けるようにしておきます。 買い置きの水なんかも置いていたり・・・ お客様が来られた時は間の扉を閉めるとすっきり! 玄関で荷物を整理して家の中へ入るのでリビングも散らかりにくく なりますよね。 毎日のちょっとした外出で使う上着とかばんもファミリー玄関に 置いておくと時短です。

    株式会社コタニ住研
    • 2381
    • 13

1293件中 61 - 80 件を表示