VIVID VAN

62950 244
0 Stars
(0レビュー) レビューを書く
バターミルクペイントで有名なOld Villageの正規輸入代理店です。またオリジナルブランドGraffito S.A.ではステンシルやグラフィティーペイントなどのDIYのツールアイテムの製造・販売をしています。
  1. 大好きなものに囲まれて少しづつ進化していくアトリエ

    普段アトリエとして使用しているこの部屋は大好きが詰まった大切な場所です。 なるべくお金をかけないように100円ショップで収納に工夫をしたり、チープにならないよう古道具を組み合わせてディスプレイを楽しんだりしています。 クローゼットも兼ねているので半分は洋服ダンスになっているのがちょっとネックです。 アトリエにあっても違和感のない洋服の収納がこれからの課題です!

    HANDWORKS*RELAX
    • 15887
    • 133
  2. ボロボロの山小屋を住宅にリノベーション「あなたとわたしの家」

    長野県にあるボロボロの築45年の山小屋を専用住宅にリノベーション。 ほとんど崩れかけていた、山小屋をリノベーションしました。近所の不動産屋もこれはないわよね。といって紹介された物件の改修を手がけました。 全く断熱のない住宅に現場発泡ウレタン材を充分い吹き付け、-20度に達する冬の寒さから住宅内を守っています。暖房は薪ストーブ1台ですが、問題なく冬期を過ごしています。 また、床面積が小さいので、開放性を確保するために、1階の柱は全て取り去り、独特な合掌梁からロフト床を吊っています。開放性と断熱性を両立させた住宅リノベーションです。 住宅実例「あなたとわたしの家」

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 2610
    • 64
  3. 「ほんとのいえ」内観 (リノベーション) (神奈川県横浜市)

    以前は大量の本が整理しきれず、持っているはずなのに探し出せない本を何冊も買ってしまっていたとのことです。 これは1万5千を超える本との生活をするための住宅です。 光、風、小さな場所を本と絡めながら、生活空間を構成し直しました。改修前の汎用性の高い間取りから、住人のための本当の家を目指しました。 2世帯住宅になっており写真にある本棚の住宅が2階。1階は、介護が必要なご両親のためのバリアフリー住宅。2階は大量の本が威圧的にならないよう、本棚に複雑な穴を空けています。その穴から風や光が家中に回るようになっています。更に少し大きな隙間を作って書斎空間になっていたり、茶室のような畳空間があったりと、本棚の中に生活空間を編み込んでいます。 築年数は40年。膨大な本を2階へ収蔵するための補強をし、更にこの本の重みと補強した基礎の重みがが建物全体の重心を偏らせ、崖地に建つ家を守るようにも工夫してあります。 雑誌pen掲載作品 2015年11月1日号

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 5072
    • 97
  4. ☆簡単DIY☆エイジング塗装で古材フレーム作りにチャレンジ! @TRUNK FES

    私、DIYおじさんは先日行われたTRUNK FES内のVIVID VANさんのワークショップに参加しました!これは新品のフォトフレームをエイジング塗装を施して簡単に古材風なアンティークフレームにするというワークショップなのです! 塗料DIYの楽しさに触れ、完全にハマってしまったDIYおじさんなのでした。。。 

    free_ride
    • 11402
    • 99

お問い合わせ

WEB・SNS

専門家情報

職種
  • 壁紙・ペンキ
  • DIYクリエイター、ハンドメイド作家、
住所
  • 〒5420066
  • 大阪市中央区瓦屋町2-14-6
営業時間 / 定休日
9:30 - 17:30 / 土・日・祝