Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅

249409 2888
0 Stars
(0レビュー) レビューを書く
  1. CASA BARCA

    海を一望する高台にあって、庇状の屋根を5m跳ね出し、海側に一切の柱や構造壁を取り払った。室内にいながら景色を堪能出来る非日常空間です。 実現にあたってはソファの背中の壁を50㎝もの厚いコンクリートとし、ピアノ線を仕込んだコンクリート製屋根スラブはコンクリート打設後ピアノ線を1本あたり20t以上の力で引張り、緊張を与える事で5mもの跳ね出しを可能としています。その事により海側には一切の構造体がなく、ガラスも美術館の展示用ガラスにつかう、透明度の高いガラスを使用していますのでパノラマの景色を堪能する事が出来ます。室内の床はオークのフローリングですが、外部テラスも同色の木目のタイルを使用し、内外空間の連続性と広がりを持たせています。 暖房効率の高い薪ストーブを設置されています。2階の寝室も開放的な事はもちろん、浴室も海に向かって窓を全開して楽しむ事が出来ます。ガレージも3台が並列して置けるよう幅7.5mの木製オーバードアとしています。随所にガラスやアルミを使ったアートを配し、収納にも遊び心を加えています。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 4262
    • 31
  2. 秋谷の家/リニューアル

    撮影スタジオだったところを手に入れ、南欧の海辺の館をイメージしながら造り込んでいったシャビーでいて可愛いテイストの空間です。日本とは思えない景色と空間になっていて、時間を忘れてゆったりと過ごせる場としました。 現在は有名画家の方に譲り、さらなるリニューアルを行っています。ご期待ください。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2488
    • 16
  3. 片瀬山の家/リニューアル

    30年たったコンクリート造住宅のリニューアル(リフォーム)です。PUUTARHURIN PARHAATはフィンランド語で『最高の庭師』の意味。湘南の海と富士山を一望する高台にある築30年のコンクリート造の住宅をリニューアルするにあたり、その眺望の範囲を庭ととらえ、庭と内部のシークエンス(連続性)を大切にしました。2階のフォーマルなLDKから眺める、海や富士山。ファミリーのための1階LDKと連続する庭には長さ4m近くの特注テーブルと、大人数が集える馬蹄形木製ベンチを設けました。そのそばには、直径1,300㎜もあるすり鉢状のバーベキュー用鉄板のベースを用意。耐候性鋼板といって最初から鉄板を錆びさせそれ以上錆が進行しないような処理をしてあるので海のそばでも心配ありません。シンボルツリーはゴールデンウィークの頃白い可憐な花を咲かせ、6月(ジューン)には赤い実をつける。この庭に囲まれた家で家族や友人と過ごす時間は湘南の地で暮らす事の幸せと悠久のこころの豊かさを与えてくれる事を確信しています。(PUUTARHURIN PARHAATというタイトルのフィンランド・マリメッコ社のロールスクリーンをキッチンに使っています。)

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2797
    • 9
  4. Casitas de las flores/花に囲まれた小さな家

    後輩に依頼されてデザインした28坪のローコスト住宅です。キャンバスの余白を多く残した中に玄関周りのみに絵として筆を置いたミニマルな外観としています。小さな家の周りをブルーデイジー、ノースポールで埋め尽くし、ジューンベリー、シマトネリコ、ヤマモミジなどを配しました。駐車スペースは枕木を敷き並べ、2台の車のタイヤの幅に合わせレンガを間に並べましたが、依頼主自らに汗をかいてもらいました。お洒落な花に囲まれた小さな家は葉山でのラスティックな暮らしのベースとなります。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2201
    • 9
  5. TWO TONE

    デザインコンセプトは“TWO TONE”。まずファサードは、建物の圧迫感を押さえる為に、手前を低く、奥を高くする2段構造としてヒエラルキーをつけました。また、モノトーンのコンクリートとぬくもりのあるアンティークタイルで軽やかなコントラストを演出した、シャープな水平ラインを強調するフォルムの木造住宅です。建物内部は、エントランス・ゲストハウスのパブリックゾーンとLDK・寝室といったパブリックゾーンを分け、サロン・中庭という中間領域で繋がっています。性格の異なる空間をゆるやかに隔てる事で、暮らしにリズムを与える事が出来る。1階は全て約3.3mもの天井高を確保したゆとりの空間です。南側の庭に面したサンルームと中庭に面したサロンがリビングと連続している為、自然との一体感があり、明るく伸びやかな広がりを感じる事ができます。ホワイトで統一したインテリアは、床に透明感のある高品位の大理石・ビャンコ・カラーラを用いました。シンプルながらも潤いある空間デザインとしています。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2462
    • 10
  6. QUATTRO

    川端康成の小説『雪国』の舞台としても知られる豪雪の地、越後湯沢。この地に構える温泉旅館『さくら亭』の別邸として建設された。水の豊かな湯沢の四季をイメージして作られた2階建てメゾネット式の客室はわずか4室。『4』を意味する“QUATTRO"の名を冠する所以である。多雪地域において融雪の設備が不可欠であるが、井水を汲み上げて建築の周囲に水の流れを配する事で、美しい水景としても機能させている。さらには水上の浮島に植えられた桜が日本情緒を演出。その様は、まるで建物全体が水に浮かんでいるいるかのような趣である。建物へ向かう迄のアプローチは雪の中でも快適に利用出来るよう竪格子の通路を設計。光と影を強調するライティングも相まって、非日常の空間へ向かう高揚感を感じさせる。 日本特有の手法である『道行き』や、漂う水のゆらぎ等、モダンの中に『和』を表現することで、日本の四季と建築が響きあうスタイリッシュな癒しの空間が誕生した。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2131
    • 13
  7. Basalt/一期一会

    Basaltとは玄武岩。世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチ氏が選び、氏の片腕の和泉正敏氏を始めとする職人達が刻んだ石を譲り受けました。この石の為といっても過言ではないほど、緊張感をもって和空間と石を置くアプローチ先の坪庭が作られています。設置して眺めてみると、石の上の水盤に水滴が波紋を作り、自分が主であるかの様に見事に納まっている。他の空間に迄影響を及ぼすこの石が、非凡な数寄の空間を作ってくれました。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2218
    • 10
  8. 軽井沢のVILLA

    南に向けてなだらかに傾斜している土地形状でした。視覚の広がり、通風、採光等すべてが好条件となる南面の中央に、フルオープンのワイドサッシを備えたリビングを配しました。サッシを開け放てば、葉ずれのざわめき、鳥や虫の声が耳に響き、閉めれば軽井沢の自然が絵画になります。北側も中央を大きなFIXガラスとする事で南北の景色がつながる開放的な空間としています。まさに木立の中で暮らしている感覚を楽しむ事が出来ます。南側にはリビングの床と同レベルのデッキを設け、フロア全体の連続性と広がりを表現。上下階の広がりも演出するため、リビングに吹抜けを設け、ブリッジを通しました。2階の寝室をつなぐ通路です。オブジェのように設けたアルミトラスのスケルトン階段は踊場も強化ガラスとしています。北側は道路なのでプライバシーを守るため、穴あきレンガに鉄筋を通し、モルタルを詰めながら積上げています。上部には鉄骨の梁を水平に通し、鉄筋を溶接しレンガ積みの構造上の配慮をしています。さらにその上にはレッドシダーの木の目隠しルーバーとしました。レンガの穴とルーバーの隙間から漏れる光が夜の美しいファサードを作っています。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2489
    • 10
  9. VILLA SILVA 森の別荘

    旧軽井沢は、100年以上前からの別荘文化を継承する、霧の多い地。その中心部にほど近い森の中に『森の別荘』は存在する。林立する木々の向こうで、ひっそりと静寂に佇む墨色の外観は、周辺の空気に溶け込み、この場所と自然の中に調和します。 勾配屋根と水平ラインから構成された、秩序ある幾何学的形態と、周辺の木々の垂直に伸びるラインは、抑制の利いた美しさを醸し出しながら、対照的であり、相互補完的です。 完璧な美しさをもつ立方体を切り開き、自然の中に展開したプラン構成は、幾何学的秩序の持つ心地よさと、貫入する自然の心地よさを、柔軟に表現しています。そして、そのプランにより構成される内部空間は、外壁のトーンと一転し、外からの光に呼応して表情を変える白とすることにより、中から眺める外部の色彩の移り変わり、光の織りなす芸術が、よりセンセーショナルに感じられる。 朝霧の中で、透明な光のもとで、ひっそりと静寂の中に馴染んでいく様は、自然の中に凛として描かれた幾何学的なラインとともに、静寂な中にある場所の記憶として、旧軽井沢に刻まれていく。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2368
    • 15

お問い合わせ

WEB・SNS

専門家情報

職種
  • 建築士・建築デザイナー
住所
  • 〒2490008
  • 逗子市
  • 小坪5−23−8ー8409 逗子マリーナ内
対応エリア
全国
営業時間 / 定休日
9:00〜18:00 / 日月祝日
資格・免許
一級建築士事務所登録 一級 神奈川県知事登録 第16605号

29件中 1 - 20 件を表示