西島正樹/プライム一級建築士事務所

163286 1810
0 Stars
(0レビュー) レビューを書く
  1. 「テラスで体感する自然の匂いと人のつながり」【スキップテラスの家】掲載

    海外でしばらく生活してみると実感することが、日本はとても四季がはっきりしているということだ。属する気候帯や地形がそうさせているのだが、実はこの様に春夏秋冬がバランスよく(ー主に約三ヶ月ごとに)移り変わる地域は地球上では少ない。桜に新緑、紅葉や雪景色、季節はそれぞれの自然の美しさを私達に見せてくれる。ただ景色を見るだけなら写真や映像でも事足りる。しかしなぜかそれでは物足りないのは、人はその季節の風や空気の匂いを自分の身体をもって体感したいという欲求があるからだ。多くの人が時間に追われ忙しい毎日を送る現代、もっと自然を体感する為の空間、テラスのある住宅を提案したい。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 1109
    • 3
  2. 「吹き抜けを上手に取り入れるための6つのポイント」【光を抱く家】掲載

    吹き抜けを住まいにも取り入れて、明るく開放的な室内にしたいという方も多いと思います。しかし、どんなかたちでもいいからあればいいというわけではありませんし、無理にスペースを割くと、あまり効果的でなかったり、他の部屋が無駄に小さくなってしまうことにもなりかねません。そこで今回は、吹き抜けを上手に取り入れるためのポイントを紹介していきたいと思います。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 716
    • 2
  3. 【町並みを望む心地のいいテラスのある二世帯住宅】【コーナーガーデンの家】掲載

    住宅が密集する都市部に家族二世帯が住まうと住空間もどこかしら窮屈感を感じてしまいそうな気がしませんか。屋外の風景を取り込むような住空間を叶えたいものですが、防犯性やプライバシー性を考えると都市部ではちょっぴり難しそうなイメージがありますよね。ご紹介するのは三階建てのテラスガーデンのある二世帯住宅です。西島正樹/プライム一級建築士事務所が手がけたこちらの「コーナーガーデンの家」は、住宅の密集するロケーションにありながらも眺望や自然を愉しむことのできる都市型二世帯住宅です。シンプルな四角いヴォリュームに内在した豊かな風景は都市にありながら心地のいい住空間を実現しています。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 1092
    • 3
  4. 「仲間とともに自分らしい住まい・コウハウジングの魅力」【フラッツ5+1】掲載

    アメリカや北欧ではすでに定着しつつあるコウハウジングをご存知ですか?コウハウジングは、かつての大家族と近代核家族との良い点を併せ持つ「自立と共生の協同居住」を基本としたコレクティブ住宅です。家づくりから主体的に参加し、仲間とともに自分らしい住まいをつくっていくという新しい住まい方は、高齢期のコミュニティづくり・居住環境づくりという視点からも大きな可能性があるのではないでしょうか?今回は、日本でも実践し始められるコウハウジングのポイントと住宅をまとめてご紹介していきます。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 978
    • 1
  5. 『シャープなフォルムのスタイリッシュな家』【トライアングルハウス】掲載

    間取りを考える際には動線や日当たり、室の用途など様々なポイントを比較しながら計画していくものです。どうしても動かせない室があったりすると空間が単調になったりしてしまうことも。少し空間に角度をつけてみると、新たな空間や自然エネルギーの流れが生まれたりするかもしれません。今回ご紹介するのは金属素材で仕上げるシャープな外観が印象的な住宅です。(株)プライム一級建築士事務所が手掛けたこちらの住まいは三角形と五角形の平面を組み合わせた新たな空間を生む多彩な住空間。シャープな印象のある鋭角な空間、新たに生まれた隙間に緑や光を呼び込むことで住空間に柔らかさをもたらすバランスのいい住まいです。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 792
    • 3
  6. 『三角形の家5選』【トライアングル・ハウス】掲載

    皆さんは、画用紙に家を描いてくださいと言われたら、どんな家を書きますか?たいていの方がまず思いつくのが、正方形のボリュームに三角屋根の家ではないでしょうか?そこに扉が一つと窓が一つ、時には煙突まで付いていたりして… 実際には、家の形は本当に様々です。今回の記事でご紹介したいのは、三角形の住まい。家のフォルムが様々とはいえ四角いボリュームが多い中、三角形の家は珍しいですね。どんな様子になっているのか、早速見ていきましょう!

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 490
    • 2
  7. 「気持ちの良い吹き抜けのある家20軒」 【光を抱く家】掲載

    吹き抜けは複数の階を繋げる空間ですが、それは高い天井を生み出して、圧倒的な解放感を生み出します。また空間の繋がりを生み出すため、家族の繋がりを感じやすく、家族向きの家に最適な空間と言えるかもしれません。そんな吹き抜けのスタイルや外観は様々。そこで紹介したいのは20軒の吹き抜けのある家です。モダンな吹き抜けから、和の趣を感じられるもの、そして光を家に満たす吹き抜けなど様々な吹き抜けを紹介したいと思います。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 613
    • 6
  8. 「新鮮な空気を感じる部屋をつくるには?」 【スキップテラスの家】掲載

    家の中で過ごすことが長い人はもちろん,外で仕事をしていて帰ってくる人にとっても家の中が常に新鮮であると気持ちがいいですよね。逆に空気がどんよりとしていると気持ちもつられて重くなってしまうこともあります。「空気」という目に見えないところに気を配ることも心地のよい部屋を作るキーワードかもしれません。今回はそんな部屋の中を新鮮な空気でいっぱいにする6つのアイディアを紹介したいと思います。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 771
    • 5
  9. 「リビングに階段がある家5軒!」【光を抱く家】が掲載されました

    階段は上下のフロアをつなぐ通路であり、設置する場所によっては生活の中で家族が上り下りする姿を見るなど視覚的に動きを感じさせるデザインとしての機能もあります。形状も様々で直線型もあれば螺旋になっているものもあり、インテリアとして取り入れるのに様々な選択肢があります。今回はリビングに階段がある素敵な家を5軒紹介致します。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 883
    • 3
  10. 【高低差のある土地に建つスキップテラスの家】  段差を生かした家づくり

    フラットで四角い敷地よりも高低差のある土地や変形の土地などのほうが時として豊かな空間づくりが実現することもあります。今日は高低差のある土地に段差のある外部空間と室内を結びつけて多様な住空間を展開する家を紹介します。プライム一級建築士事務所が設計を担当した閑静な住宅地に建つ家です。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 830
    • 3
  11. 【ガラスを使ってインテリアを楽しむには?】に掲載されました

    ガラスの歴史は紀元前に始まりましたが、今もなお私たちの生活になくてはならない大切な素材です。例えば子供の時に手にしたビー玉やおはじき、コップなどの生活用品から窓ガラスのような建築材料、もちろんビールやワインの瓶もガラスでできています。そんなガラスをもっと家の中に取り入れて、みなさんもガラスを使ったインテリアを楽しんでみませんか?

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 478
    • 2

83件中 1 - 20 件を表示