相澤瞳

19365 6870


  1. 50万円~900万円までの家!

    「住宅は一生に一度の高い買い物」とよく言われています。 その一方で、「本当に気に入った家は3棟建ててみないと完成しない」という話も良く耳にします。 予算の都合で、当時はどうしても小さ目サイズの家しか建てられなかったけど、子供が大きくなった今、収納が足りない。 とか子供部屋が足りない。とかひと時でも自分だけの時間を過ごせる場所が欲しい。など時間の経過とともに、家に求める環境が変わってくる事もあります。 家の建て替えは無理だけど、ちょっと奮発して、庭先に自分だけの小さな家を建ててみる! そんな選択肢はいかがでしょうか? カントリータウンで作れる、50万円~900万円の小さな、でも可愛くて素敵な家の実例をご紹介します。

    カントリータウン
    • 850
    • 15
  2. 【DIY】ちょっとだけ隠したい所に、ちょっとだけ隠れる扉!

    ここは色々収納庫兼パントリーの役目の棚です。食品や消耗品、たまに使う電化製品も仕舞っています。細々とした消耗品は100均の箱の中に。食品のストック類は家族も探しに来るので見えてないとブーイング👎が来ます。 でもダイレクトに見えるのもなぁと考えたのが、ちょっとだけ隠したい扉DIYです。 良かったらお付き合い下さい。

    funwari
    • 8884
    • 89
  3. 布団の敷きパッドのゴムが伸びた!買わずにすませる方法

    そろそろ冬用のアイテムを仕舞う季節。ベッドや敷き布団やホットカーペットの敷きパッドのゴム、ビロビロに伸びてしまっていませんか。 1年目は快適に使えても2年目、3年目にはゴムが伸びてしまいます。 伸びたままにしておくと、ずれてしまったり、足をゴムに引っ掛けて転倒してしまう可能性もあります。早めに修復しておきましょう。 布団用ゴムをつけかえるのも面倒な時、買わずにゴムを短くする対処方法を紹介します。

    よしママ
    • 78831
    • 297
  4. 【無印良品】色々試して2年間!無印良品で落ち着いた収納方法!

    私は※ムジラーではありません。なので 収納は我流、使う収納用品も全て同じメーカーさんの物で揃える訳でも無く、その場に合った用品を選ぶようにしています。 人は使いにくいと、無意識にそこを開けない、戻さない。となります。今回は電話台下収納でそれをずっと感じていたので、何かしっくり来る方法はないかと悩んで出た答えが、無印良品の収納用品だったと言う2年越しの出会いのお話です。 ※ムジラー:無印良品の商品をこよなく愛する人

    funwari
    • 914
    • 7
  5. DIYで作り付けの靴箱を古民家カフェ風の見せる収納に♪

    我が家の靴箱は、新築時の作り付けのものに少し手を加えたものでしたが、家族が靴を靴箱に入れないのが悩みの種でした。 しかしながら、病院など靴を脱いで上がる場所では、家では靴を入れない家族も靴箱に入れています。 そこで、古民家カフェや病院の靴箱にヒントを得て、作り付けの構造を活かしたオープンタイプの靴箱に作り替えてみることにしました。 古民家カフェ風の見せる収納の靴箱で楽しくお片づけすることを目指します。

    URRK*ものづくりCafe
    • 5779
    • 75
  6. 寒冷地で家を建てるなら知っておくべき「床下エアコンのメリット・デメリット」

    床下エアコンという言葉を聞いたことがありますか?読んで文字の通り、床下にエアコンを設置するというものです。家全体が暖かくなるというメリットがありますが、デメリットもあります。今回は床下エアコンとは何か、メリットデメリットは?というお話です。

    Lhouse(エルハウス)
    • 389
    • 9

173件中 41 - 60 件を表示