九蓮宝燈

2623 46
  1. 愛着のある家具の修理 テーブルの塗装直し (無垢材、集成材編) 海老名店

    家具の中でも1番負担のかかるテーブル天板、、無垢材や集成材は半永久使えますが 表面の塗装はどうしても劣化してしまいます。特に日本の住環境は日差しや湿気(日本独特の気候によります)が多いので塗装幕の痛みが早いです。 全てのメーカーの塗装直しが御請できます、ラッカー仕上げ、ウレタン仕上げ、オイル仕上げからの仕様変更も家具修理はお気軽にご相談ください。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 39828
    • 36
  2. 好きな布地を使って自分仕様の座り心地を‼︎(ソファーの張り替え)

    お好みの生地を使って自分仕様に張り替える オーダーメイド的ソファーの張り替えです。 フレームがしっかりしていて張り替えが効くものであれば 座り心地をチューニング(調律)して世界で1つの自分のソファーを 作れますよ(^-^)/ 自由が丘店と海老名店で受付てます。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 6620
    • 27
  3. 未来のサザエさん一家の暮らし。-WELCOMEグループ横川正紀

    〜 WELCOMEグループ代表 横川正紀氏インタビュー連載① 〜 インテリアショップ「GEORGES(ジョージズ)」からスタートし、デザインを軸にしたセレクトショップ「CIBONE(シボネ)」や食のセレクトショップ「DEAN&DELCA(ディーンアンドデルーカ)」、食と暮らしのDIYを提案する「TODAY’S SPECIAL(トゥディズスペシャル)」など、様々な角度から多種多様なライフスタイルを提案するWELCOMEグループ代表の横川氏に「暮らし」をテーマにインタビュー。短期集中連載として横川氏のライフスタイル論を掲載していきます。

    LIMIA編集部
    • 7418
    • 37
  4. U RESIDENCE

    都心一等地の2世帯住宅。コンクリート打放しとライムストーンで構成された外観。アメリカンウォールナット基調のインテリアです。 半地下1階地上2階の鉄筋コンクリート造で道路向かいの森と連続して借景となるようその森に向かって昇り庭としています。その事によってガーレージも入口以外を地中に隠しています。半地下はゲストルームがあり、アメリカンウォールナットの造作材と家具中心にインテリアがデザインされています。半階上がった1階のエントランスには彫刻家に依頼した階段やアートが出迎えます。 2階のピクチャーフィンドーの下には木製窓台に隠れて通風用の電動のダブルジャロジー窓が設けられています。風はそこから入って反対の壁上部から抜けて屋上トップライトから排出されるよう工夫しています。デザインだけでなくエコにも配慮された邸宅です。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 3021
    • 11
  5. 100円と簡単なDIYでつくるインテリア ♪

    題名の通り 100円グッズとリメイク、簡単なDIYで ミックスインテリアを楽しんでますヽ(^^*) 主となるものは natural antique のつもりですが 最近まとまりがありません ★ 色々MIXで ♪ 2/10 facebookページをはじめました。 コチラでも色々と紹介しています ♪ (-人-) https://www.facebook.com/iiwagaya/ ↑ 宜しければ、コチラも覗いて下さいね ♪

    我が家
    • 135820
    • 910
  6. 男前部屋に取り入れたい! レトロな電球をLED技術で完全復刻。

    男前部屋にぴったりのレトロな形をしたエジソン電球。19世紀末に生まれた電球が、最新のLEDのテクノロジーによって21世紀によみがえりました! それが1月に新発売される「LED SWAN BULB」。初期の電球の特徴であるフィラメントを完全に再現。電球を吊るすだけで部屋のポイントになる魅力を持ち合わせています。

    LIMIA ニュース部
    • 13215
    • 99
  7. カフェスタイルの参考にしたい、陽だまりカフェのリノベーション

    築33年、元は和風居酒屋だった場所を中古リノベでカフェにリノベーションしました。 オーナー様のご希望は、「ナチュラルでぬくもりのある心地よい空間」でした。 そこで、内装を白やナチュラルな色合いのアースカラーでまとめ、素材も天然木材をふんだんに使い、落ち着いた空間を表現しました。天井にはライティングレールを配し暖色の照明を取り付けたことで、室内でもひだまりの中にいるようなぬくもりを感じます。 オーナー様は音楽がお好きということで、室内は常にロックやジャズなどの音楽が流れていて、フロア中央にある無垢材のフローリングを張って造作したカウンターには古いレコードが何枚も飾られています。 さらに注目すべきはフロアのコーナー部分の柱。オーナー様の「ギターを飾る場所がほしい」という声に応え、柱にギターを飾るための建具を造作して埋め込みました。ナチュラルなだけではぼやけた印象になってしまいがちですが、このギターがアクセントになり、空間をうまく引き締めてくれています。

    朝日住宅リフォーム
    • 2865
    • 18

3833件中 1 - 20 件を表示