あ〜ちゃん

0 0
  1. G2-house 「向かい合う家」

    今回の計画地は福岡県三井郡にあり、周辺環境は清閑な田園地域にある。 住宅の外周部には、出来るだけ開口部を設ける事をせずに、家族の防犯と、 プラィバシィーを守りながら造形的に美しい住宅にフォルムを造り出した。 建築はビルトイン駐車場と玄関・ゲストルームとリビング・ダイニング・個室と 3棟の構成と配置とした、玄関・ゲストルームとリビング・ダイニングとの間には、 大きな中庭を2か所配置させる事により、各部屋に光と風を取り入れ、各部屋のプラィバシィーを守りながら明るく開放的な空間を造り出した。 玄関からリビングルームにはガラスの通路でつなぐことで、通路にも光と開放感を与えました。 外装で手前の家の屋根勾配と後ろの家の屋根勾配が逆になっているのは、 リビング・ダイニングにプラィバシィーを守りながら、より多くの光と風を注ぎ込み 外装に動きを持たせ、より造形的に美しく見せる仕掛けである。 内部のリビング・ダイニングも屋根勾配に合わせて、勾配天井にして明るく広がりの ある空間を造り出した。 天井にレッドシダーを貼ることで、家族に明るく落ち着きのある空間を与える。 天井の間接照明はリビング・ダイニングの空間をシンプルでモダンな空間を造り出した。 この住宅は夜になるとライトアップされより造形的に美しくなるようにデザインされた。

    株式会社アーキテクト憧
    • 1130
    • 13
  2. 屋根置き型と屋根一体型。ソーラーパネルを設置するのはどっちが最適?

    屋根の上に設置するソーラーパネルには一般的に「屋根置き型」と「屋根一体型」の2つのタイプがあります。それぞれに特徴があり、設置する上での注意点も違います。今回はソーラーパネルの屋根置き型と屋根一体型、これら2つの違いについて説明します。どちらを選択するか、迷った際に参考にしてください。

    LIMIA 住まい部
    • 34286
    • 11
  3. 無垢材のキッチンを採用したリノベーション

    裏には奥様のご実家と畑、表には大山が見える緑豊かな環境となっている。日常的に、ご実家のお母様やご近所の方がこの家を出入りし、取れた野菜の交換などが繰り返し行われている。そんな生活をされている。また、この辺りは大工の名手と言われる職人が多くいる地域で、この家もそんな大工さんによって建てられていた。しかし、そんな素晴らしい職人たちの仕事が今までは、天井で塞がれて見えなくなっていた。また、羨ましいまでに恵まれた立地環境に建ちながら、家の中からその姿を見る事はほとんど無いといった状況であった。今回リノベーションをするにあたり、近所の方がこの家を出入りしやすくなるよう北側に土間を設け、来客はここで土足のまま少しお茶をしながら休んでもらえる場所を確保した。この土間へは、奥様のご実家から、畑を介して辿り着く。土間の先にはキッチン、そしてリビングのような子上がりの畳スペースが続き、その先に大山の景色が広がるような構成となっている。畳スペースは、椅子のように座る事も、ごろごろ寝転がる事も出来るようになっている。天井は棟梁の仕事が見えるように天井を取り払い、解放感を出しすぎないようにするために、新旧を分けるように小さな天井をつくることとした。暑かったこの夏も心地良い風が抜けてくれる気持ちの良い家が完成した。

    前田工務店
    • 4156
    • 8
  4. 3階建てに囲まれた平屋暮らし

    間口7m奥行25mと南北に伸びる敷地となっている。道路は南道路。建物の入口は、半屋内のアプローチを抜けると辿り着く中庭にある。この半屋内のアプローチを介して中庭に辿り着く導線が存在する事で、道路と中庭との間に実際の数字以上の感覚による距離感が生まれ、更に門の役割を果たす扉を間に設けることで、この住宅が三階建の建物に囲われた敷地に建っている事を忘れてしまうほどの落ち着きのある中庭が生まれた。更に奥行25mの敷地を生かし、アプローチから中庭を介して、リビング、その奥の庭へと抜ける視線を確保する事で内と外が交互に連続し、更なる奥行きの演出を試みている。

    前田工務店
    • 6945
    • 21
  5. 今年中にチェックしておきたい♡セリアのマストバイアイテムをまとめてみました♪

    セリアのアイテムはすべて100円♪だから安心!ぽいぽいとカゴに入れて数を数える、10コだから1000円+TAX。。ちょっと子供みたいな気分でハッピーにお買い物ができる100円ショップ、セリアで今年中にチェックしておきたいマストバイアイテムをまとめてみましたのでご覧ください♡

    folk
    • 19682
    • 612
  6. お正月のお料理を豪勢に引き立てる!水引きを使ったアイテムの作り方♫(100均商品使用)

    お正月のお料理をワンランクUPするためのアイテムを作りました‼︎ 慣れるまでは戸惑うこともあるかもしれませんが慣れてしまえばあっという間に作る事ができます。準備したものは水引と串や爪楊枝だけ。おめでたいお正月のお料理に手作りアイテムはいかがでしょうか⁉︎

    すばぱぱまま
    • 19742
    • 227
  7. 【クリスマス・正月に♪応用編】プチプラ商品で超簡単!ワンランク上のテーブルコーデ

    お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。せっかくなら、プチプラアイテムを使って、“ワンランク上のおもてなし”に挑戦してみませんか? 今回は月に10回はホームパーティーを開くという、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさんとゴウキさんに、クリスマスやお正月に使いまわせる「テーブルコーデと盛り付けのコツ」をうかがいました! 

    LIMIA グルメ部
    • 25009
    • 110
  8. 築100年の面影を抱く、京モダンな町家ゲストハウス

    これは築百年の歴史を持つ京町家の棟貸しゲストハウスへの改修設計である。京都のベンチャー企業との協働プロジェクトとして取り組んだ。この町家は往時には西陣織の糸屋として営まれており、改修に当たっては職住一体の空間と建築の持つ歴史に向き合いつつ、要求の異なる新しい建築へと変更することが求められた。躯体の一部は維持が困難なほど老朽していたが、それでも状態の良い既存の柱や建具を残し、繰り返された増改築で見えなくなっていた元の構造体を修復して見せることで、本来の空間性と当時の面影を今に伝えている。建築は独立した三棟の居室によって構成されており、それらは全体を貫く路地と白壁によって連続性を持っている。加えて中庭は交流拠点として機能し、それによって独立と交流が併存する環境を創り出している。空や庭へと抜ける窓は狭い敷地を広く見せ、開放感を与えている。夜間は照明が素材を照らし、ファサードをはじめ和紙や庭、白壁に日中とは異なる趣を与えている。

    Shuzo Kawakami
    • 11842
    • 171
  9. 100均ベルトでもOK!おしゃピクに、毎日のお供に♪レザーボトルホルダーをハンドメイド🔨

    近年ではSNSの普及で、おしゃピクやおしゃキャンなどの言葉もうまれて アウトドアにもおしゃれを求められるようになってきましたよね☺ 今回は普段のおでかけで水筒を持ち歩く方にもぴったりな 見た目や使い勝手もよくて かけていてもインテリアの邪魔にもならない、レザーのホルダーをハンドメイドしてみました★

    ___.aco
    • 246883
    • 3627
  10. 六甲の眺望を楽しむ家2/建築家と建てる30代の家

    -1日のはじまりと終わりを、最高の眺めと共に過ごすゆったりした暮らし。- 兵庫県神戸市の六甲エリアで、「駅から少し離れても、眺望が抜群の場所に建てたい」とのご要望から生まれた住まいがあります。 土地探しから計画がスタート。 ご要望を満たせる希望地をいくつか見て回ったのちに、斜面地ですが市街地を見渡せる六甲の地に土地が見つかりました。 この土地に希望の大きさの建物が建つか、また斜面地なので、地盤改良や基礎工事にかかる費用も想定して予算内で収まるかチェックし、購入を決定しました。 -お風呂に浸かりながら夜景を楽しむ!?- 設計を担当したのは、建築家の田中いちろうさん。 「あっ!」と驚くようなこだわりを満載したいというご要望をカタチにしました。 広いLDKを2Fに配置し、大きく開いた窓から景色がたっぷり見えるプラン。 また、およそ6帖もあるバルコニーには、風が強い時や寒さが厳しい時でも無理せずに眺望を楽しむため、ガラスで囲まれた書斎兼展望室を設置するというこだわりぶり。 さらに3Fの浴室では、LDKより高い位置からの景色をお風呂に浸かりながら楽しめる工夫をしています。 建築主の要望に応えながらも、生活動線をしっかり考え暮らし易さも忘れない設計はまさに建築家のワザ。 日々の暮らしの中に、流れる時間や移り変わる季節を感じることができる、住まいとなりました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 敷地面積/115.7m² (約35.0坪) 建築面積/49.7m² (約15.0坪) 延床面積/121.4m² (約36.7坪) 設  計/建築家 田中いちろう 施  工/株式会社ウッドワン関西

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 8292
    • 29
  11. 下丸子の狭小住宅・東京/建築家と建てる30代の家

    ―自分たちらしさを出せる家づくり― 「都心に家が欲しい」と、ザウス東京店に来店されたご夫婦。 「狭小住宅になるのはわかっているが、建売住宅のようなデザインは嫌。広さに制限がある中で、出来る限り自分たちらしさを出したい」と建築家へのデザイン力に期待されていました。 ―外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージ― 設計を担当したのは、建築家の七島幸之さん。 「狭小住宅にありがちな周りに遠慮した感じではなく、四方八方に伸びていくようなデザインを心掛けました。少し過剰に凹凸させた外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージしました。」とのこと。 個性的で遊びやゆとりを感じますが、窓の位置などはしっかりと計算されています。 ―ただ面白い空間というだけじゃない。計算された生活動線― 室内も同じように、らせん階段・アールのついた壁や、凹凸した壁などの遊び部分と収納や生活動線計画がうまくまとめられており、見ても楽しく、ご夫婦らしさが感じられる豊かな空間となっています。 ご夫婦は、「周りでは見かけない個性的な家で、訪れる人も10坪(建築面積)という数字よりも、変化の富んだ空間に惹かれてくれます。ただ単に面白い空間というだけじゃなく、生活もしやすく、とても気に入っています」と大満足されていました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 七島幸之 規  模/地上2階建て+ロフト 構  造/木造 敷地面積/54.9m² (約16.6坪) 建築面積/32.3m² (約9.8坪) 延床面積/62.5m² (約18.9坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 22248
    • 218
  12. 2.5間の間口で実現 東向きボートガレージの家

    商工住が混在する用途エリアで東向きに立地する邸宅です。 外観の特徴となる1Fのビルトインガレージは、ガルバリウムの外壁との組み合わせにより、一見すると住宅とわからない外観意匠とし、建物内部との印象のギャップを演出。門型フレームを採用することで、間口約3m奥行き約11mのビルトイン空間を、柱や壁をつくらずに実現しました。 2階のLDKは約22.6帖の大空間。奥様のこだわりのキッチンはステンレスと黒で統一したコーディネイトで空間を引き締めます。 LDKの東の端には段差をなくした約5帖のバルコニーが繋がります。 なお、このお宅は南面からの採光が難しい立地のため、東・西・北の3方向からの光でまかなう基本採光計画で考えられているのが特徴です。それにより、一年を通じてLDKにはやわらかい光が入り込み、南側が開けたお宅とはまた異なった居心地を提供します。どんな敷地にもおいても光と風を考える、タイコーならではの家づくりの考え方です。

    タイコーアーキテクト
    • 7295
    • 16

フォロー

まだフォローしたユーザーがいません

85件中 1 - 20 件を表示