• 63
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

風致地区、修景地区のため、屋根勾配は3~4.5寸で軒を出し屋根は日本瓦葺き、道路に対して下屋を設けること、外壁やサッシの色なども規制がありました。
その制限のなかで考え、屋根はフラットな瓦でシンプルにし、下屋は長くし外壁は厚さ18mmの杉荒板を黒く塗り、懐かしさもが感じられます。
さらにグレーの縦格子で、モダンな京町家風の外観イメージを表現しました。

このフォトを投稿したユーザー

「大切にしていること」建物は雨風をしのぎ、暑さ寒さなどから人を守る大切な器ですが、ただそれだけではありません。人間のいとなみを彩るものであり、心を和ませ、くつろ…