• 206
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

敷地は住宅地としては広いのですが、
道路とのレベル差が1.7mもありました。
周辺地では道路レベルを車庫として
築造している家も多い土地柄です。

当初は周辺地と同様の計画も考えましたが、
道路との関係を断絶せずにつなげる方向性に決め、
既存の擁壁を取り壊し、
緩やかに造成して丘に登って家にたどり着くように
エントランス・アプローチをまとめました。
時間と共に緑が育てば、きっと四季を彩り、
庭と一体化した魅力的な小路となることでしょう。

このフォトを投稿したユーザー

用・強・美が求められる建築・住宅の設計に対して心・技・体で答えていく。それが当社のスタンダードポリシーです。事務所を創立して20年。今まで数多くのクライアントと…