• 307
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

手触りも色合いも、唯一無二の存在感、古びた優しい風合いが魅力的の古材。
古材とは、もとは建物や家具で廃材になってしまう材を、釘などの金具を取り、きれいに使える部分を材として取り出したものです。
古材で作った家具は、初めから、そして継続的に経年美化を味わえます。 家具の素材として取り入れることで、古材ならではの風合いやヴィンテージらしい哀愁のある味わいを出すことができます。

今、古民家が注目されているのも長い時間を経てきたからこその味わいを感じられるからでしょう。ダイニングテーブルなどの大きな家具から収納ボックス、写真立てのようなアイテムまで「ちょっとボロく見える」のが「なんかイイ」んです!

このフォトを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。近年、頻発する地震や省エネ…