• 486
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

十分な庭を確保出来ない都心の住宅地。
視覚心理的に広さを感じるようにデザインすることもある。
障子を閉めた時、植栽の影を室内から感じ取れれば、
窓の向こうに広がる景色を想像できる。
それは想像の世界だけど、窓の位置や大きさ、障子を設けるか否か、
植栽との関係や見せ方も含めたデザインの可能性を考えること。
限られた敷地の大きさの中で、最大限のライフデザインを具現化すること。
Den設計室の仕事です。

このフォトを投稿したユーザー

素直で自然体で居られる、そんな空間をプランニングいたします。暮らしを考える時、どこに居て何をしていて、何が聞こえてどんな空気で、そこから何が見えてどう見られてい…