• 203
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

①空気清浄効果
植物は有害物質を吸収する力があります。光合成をおこなっているため酸素が多い空間を作ります。

②温度・湿度の調節
植物は葉面から蒸散する水分が、夏は気化熱を奪うことによって気温上昇を抑え、冬は熱を放出して気温の低下を防げます。植物は根から吸収した水分を葉面より蒸散させ、この蒸散作用により乾いた空気に湿度を与える能力があります。
しかし梅雨の時や湿気の多い時は、部屋の湿度をさらに上げてしまうというデメリットがあります。観葉植物を室外に置くまたは、風通しの良い場所に置きましょう。

③リラックス効果
植物が目に入る環境では、アルファ波が増幅されるそうです。その結果、血圧が低くなり筋肉の緊張がほぐれ、皮膚の電気抵抗が少なくなり心拍数が減少します。その為リラックス効果があるようです。

観葉植物には他にも様々な効果があるようですね!
しかし忘れてはいけないことは、植物にはそれぞれ育ちやすい環境があります。
環境にあった場所で植物を育ててみてはいかがでしょうか♪
それではおしゃれを作り出せる?!観葉植物の種類をご紹介します。

このフォトを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。近年、頻発する地震や省エネ…