海外不動産投資

「海外不動産投資」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「海外不動産投資」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 利回り米ドルで5年間で40%の優良物件

    スカイラーメリディアン(SKYLAR MERIDIAN) エリア:プノンペン市トンレバサック(大使館エリア) デベロッパー:Meridian International Holding (Cambodia) Ltd. 管理会社:サービスアパートメント大手のアスコット社(ASCOT)、 アスコット社は東南アジア最大の不動産会社キャピタランド(シンガポール)の子会社 完成時期:2018年半ば(予定) 階数:地上 28階(約280戸) 価格:Studio 47.15㎡ $136,400〜 2Bed 81.24㎡ $217,184〜 特徴 ・プノンペン中心地 ・大使館や政府機関がある ・インターナショナルスクールが近い ・イオンモールが近い ・19階から27階のフロアは、通常コンドミニアムとして販売 ・8階から18階はアスコットが運営するサービスアパート  但し、15階・16階は、収益物件として賃貸利回り保証付きで販売

    荒木杏奈
    • 472
    • 6
  2. 米ドルで利回り12%投資

    カンボジアの首都プノンペンの大使館エリア、2018年半ばに有望コンドミニアムが誕生致します。各国の大使館や内務省、イオンモールも近く、生活環境の良いエリアです。 管理会社はサービスアパートメント大手のアスコット社(ASCOT)。アスコット社は東南アジア最大の不動産会社キャピタランド(シンガポール)の子会社です。 また、アスコットはシンガポールを本社とし、20ヶ国以上にも拠点があり、世界中で有名で強力な管理会社です。 収益分配型のサービスアパートへの投資案件です。 価格:Studio 47.15㎡ $136,400〜

    国内・海外不動産投資のアンナアドバイザーズ
    • 808
    • 2

おすすめ

話題のキーワード