中古物件

「中古物件」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「中古物件」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 「家の傾きが1センチ」ってどういうこと?意外と知らない地盤沈下豆知識!

    我が家は安全、と思って過ごしていても、地震などの災害によって家が傾いてしまうことがあります。そんな傾いてしまった位は、「家の傾きが●センチ」「家が●度傾いている」というような表記で物件情報に載っていることがあります。今回は、そんな家の傾きの基準の考え方についてお伝えします。知っておくと、万が一自分の家が傾いてしまったときに参考になりますよ!

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 7265
    • 14
  2. わが家のリノベ物語 #9 「仕様決め」も建築士とお客さまの二人三脚で

    リノベーションを成功させるヒント満載! エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。 中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、 二度目のリノベーションをすることに!! なぜ? どうして? どうなった? 家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

    entrie-エントリエ-
    • 624
    • 1
  3. わが家のリノベ物語 #7 わが家の間取り大公開

    リノベーションを成功させるヒント満載! エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。 中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、 二度目のリノベーションをすることに!! なぜ? どうして? どうなった? 家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

    entrie-エントリエ-
    • 2528
    • 1
  4. わが家のリノベ物語 #4 そもそもなんで、二度目のリノベーションが必要になったの?

    リノベーションを成功させるヒント満載! エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。 中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、 二度目のリノベーションをすることに!! なぜ? どうして? どうなった? 家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

    entrie-エントリエ-
    • 1551
    • 0
  5. わが家のリノベ物語 #3 一度目のリノベーションは広々優先! しかし時は経ち…

    リノベーションを成功させるヒント満載! エイミー編集長の師匠である、建築士HIKOさん。 中古物件を自らリノベーションし、家族4人で暮らしはじめるも、 二度目のリノベーションをすることに!! なぜ? どうして? どうなった? 家づくりのプロが、わが家に起こった物語をお伝えします。

    entrie-エントリエ-
    • 8243
    • 2
  6. プランナーに聞いた!「リノベの工期ってどのぐらい?」

    初めての相談から完成したお家で新生活を始めるまでに、いったいどのぐらいの時間がかかるのでしょうか?もちろん規模にもよりますが、消費税増税も控えていることだし、増税前に間に合うように…と考えている人には気になる話題のはず。だいたいの目安を教えてもらいました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 1530
    • 1
  7. 中古物件リノベーションをはじめる前に気を付けたいこと3選!

    今注目されている、中古物件のリノベーション。中古物件と聞くと「使い古された」というイメージがありますが、リノベーションを加えることによって新築と同じような空間を演出できる点が嬉しいですよね。ただ、メリットばかり脚光を浴びていますが、実は中古物件のリノベーションにはデメリットも存在します。そこで今回は、中古物件リノベーションの〔リノベ不動産〕から、リノベーションのメリットとデメリットをお伝えします。

    リノベ不動産|Beat HOUSE
    • 4433
    • 15
  8. 連載② なに?部屋が狭い??ならば壊してしまいましょう! 〜壁 破壊編…UR×LIMIA「DIYリノベプロジェクト」

    『DIYリノベプロジェクトの舞台となるUR都市機構のDIY物件を実際に訪れ、部屋の中を見てみたら、様々な改善ポイントと課題が浮かんだ』というのが前回までのお話。スタンダードな間取りを、今風の広々した空間に生まれ変わらせたい。でもそれを実現させるには「壁」という邪魔者が我々の前に立ちはだかる。普通ならここで断念するところ。さあ、どうする、プロジェクトメンバー達!どうなる、「DIYリノベプロジェクト」!!

    LIMIA編集部
    • 44133
    • 195
  9. 今のマイホーム、価格はどれくらい?不動産を賢く簡単に査定・売却しよう

    ご自宅の現在の資産価値ってどれくらいかご存知ですか? 物件の価値は築年数をはじめ、さまざまな要素によって大きく変わってきます。ライフスタイルの変化や引っ越しなどで家を手放さなければならなくなったとき、できるだけ良い条件で売却して、新しい物件を購入したいですよね。ここでは、不動産売却の際に重要になる、物件の査定を扱うサービスをご紹介します。物件の売却を考えている方はもちろん、少し気になるという方もぜひご覧ください!

    LIMIA 住まい部
    • 33693
    • 7
  10. フローリングやドアのキズはリペアで!

    中古物件を購入後のリフォームの際、気になるのがフローリングのキズやドア、あるいはドア枠のキズや破損。 貼り替えや交換という風にまず頭に浮かびますね。 しかし1部分のフローリングのキズに対してフロア全体を張り替えるのも頭が痛いところです。 ドアや枠類にしても然り。 せっかく同色で統一してあるのに、もし同じメーカー、シリーズのドアがわからなかったり、廃版になってたりすると交換もできません。 そんな時は「リペア=補修」を活用しましょう。 最近の補修技術はとても進化していて、見た感じは全く違和感なく仕上がります。 しかも貼り替えや交換の比べると驚くほど経済的です。

    リフォームワーク
    • 1976
    • 8

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    44件中 1 - 20 件を表示