二階建て

「二階建て」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「二階建て」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 光を抱く家

    夫婦と成人した子供2人のための家です。 建物を大きく3つに分けて、中央を家族がいっしょに過ごす共有の場、それを挟んで南北に寝室などの個のスペースを配置しました。 中央と個室の間に、階段やサンルームなど、空からの光が注ぐ明るいスペースを配置することで、各個室が「離れ」のような独立した落ち着きある雰囲気を感じられるようにしました。 道路に対してはプライバシーを守る閉鎖的な表情にしつつ、中庭に開放的に各空間を配し、落ち着きつつ、広がりの感じられる住空間をめざしています。 リビングダイニングと個室との間に落ちる自然光が、個室を離れのように感じさせてくれます。  落ち着きつつ、広がりの感じられる住空間をめざしています。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 8037
    • 22
  2. 森を望む家

    森の縁に建つ家です。 母屋の庭の一角に増築する形で実現しました。 コンパクトな総2階建ての中に、母屋と調和しつつ、北につらなる森へと視界が広がる住空間をめざしました。 母屋の和風の佇まいと調和をするように、緩やかな屋根で全体を包み、庇を大きく出す外観としました。 その庇の下に、2階リビングから連続して、森に向かって大きくテラスを張り出しました。 リビングは、穏やかな高まりを生み出す勾配天井と、森の眺望を取り込む水平窓によって、おおらかで伸びやかな空間を展開しています。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 7511
    • 10
  3. フラッツ5+1

    オーナー3住戸+賃貸2戸+アトリエからなる集合住宅です。 戸建住宅のもつ独立した趣きと、 集合したことから生まれる「共に生きる共感」とを合わせて感じることができる建築をめざしました。 まず、一つ一つの住戸を南北に細長い形とし、間にテラスなどを挟んで並べる事で、各住戸の独立性を高めました。 そのテラスに面して各居間を、開放的に展開することで、内外が一体に広がる住空間を形づくり、一方、住戸の間で視線が通らないように、各戸をずらして配置しました。 開放的に建てることが出来る鉄骨造の特徴を生かして、居間を全面ガラスとすることで、開放感を高めると共に、大きく庇をはり出す事で、夏の日射を制御し、雨の日もテラスを利用できるように工夫してします。 外観は、伸びやかで開放感の感じられることを意図しています。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 7471
    • 5

おすすめ