女性向け

「女性向け」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「女性向け」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 専業主婦が考えるべき医療保険を徹底解説!主婦目線での保険の選び方

    専業主婦も医療保険って必要? 「主人の扶養になってるし……」「とりあえず国保に入っているので……」。そういう方も多いかもしれませんよね。でも専業主婦の方も、他の保険とのバランスを考えて医療保険を選べば、いざというときの保障を手厚くしておくことができます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 762
    • 11
  2. 医療保険で帝王切開は対象になる?出産前に知っておきたい医療保険の知識

    出産の方法には、大きく分けて自然分娩と帝王切開があります。自然分娩を予定していても、急きょ医師の判断により、帝王切開による出産となることもあります。帝王切開にはどれくらいのお金がかかるものなのか、そしてその備えをどのように考えておけばよいものなのか、医療保険からお金はもらえるのか、医療保険の加入のタイミングについて考えておきたいと思います。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1412
    • 13
  3. 医療保険が母子家庭の助けになる!母子家庭に必要な保険とは?

    日本では離婚するカップルは約3組に1組と言われています。離婚後、母子家庭になることも決して少なくありません。女手ひとつで子どもを育てていくのは、抱える不安は大きいのではないでしょうか。 そのなかでも、経済力には特に不安がつきまといます。「自分が万が一のことがあった場合、子どもたちの生活はどうなってしまうのだろうか」と心配になってしまうでしょう。いつ何が起きるか、誰も想定できません。ですから、その予測できない事態に対して、いざというときのために準備しておくのが医療保険です。今回は、母子家庭の人にとって、支えになる医療保険についてご紹介をしていきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2138
    • 11
  4. 医療保険で女性向けの保障内容と加入時のタイミングやポイントを説明します!

    今回は、女性特有の病気の種類や、すでに通常の医療保険に加入しているけど女性特有の病気は保障されるのか? など、よくある疑問点を解決していきます! 女性向け医療保険を検討中の方であれば、選ぶためのポイントやメリット・デメリットもお伝えしていきますのでぜひご参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1052
    • 10
  5. 医療保険では切迫早産は対象になる?3ヶ月の入院が必要となることも!

    妊娠中の女性が切迫早産となる確率は、15%ともいわれます。切迫早産と診断されるとそのまま出産まで入院ということも多く、2〜3ヶ月の入院になることも珍しくありません。 入院中は、お腹の赤ちゃんが大丈夫だろうかと不安ですし、ほとんどなにもできない状態で何日も過ごす辛さに加え、医療保険がないと金銭的な負担も……。入院が長引くほど、経済的にも精神的にも負担となってきます。このような場合、どういった医療保険であれば、使うことができるのでしょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3852
    • 6
  6. 生命保険は中絶しても対象になる?手術後の保険への加入は可能?

    中絶手術は、できればやりたくないけれど、女性ならばいつでも受ける可能性のあるものです。中絶は、心と体、そして経済的な負担が大きい手術です。もし中絶手術を受けた場合、すでに加入していた生命保険の対象になるのでしょうか。 また、中絶手術をしたあとでも、生命保険には問題なく入れるのでしょうか。女性にとって気になる中絶手術と生命保険の関係性について解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3325
    • 3
  7. 生命保険で女性のことを考えられた商品とは?女性の人生に必要な生命保険

    突然ですがみなさんは「生命保険」にどんなイメージを持っていますか? 「自分が亡くなってしまったとき、残された人にお金がおりる保険」というのが一般的な生命保険のイメージだと思います。しかし、生命保険は死亡リスク以外にも備えることができる保険なのです。 ただ、どのような基準で生命保険を選べばいいのか、なかなかわかりにくいですよね。ここでは特に、女性の生命保険加入について見ていきます。選び方のポイントや保険見直しについてなど、疑問を解消していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1374
    • 6
  8. 生命保険契約でピルの服薬は告知する必要はある?考えておきたい保険の問題

    最近は避妊だけではなく、辛い生理痛を和らげるためにピルを服薬する方が増えていますね。そこで気になるのが、生命保険契約の告知の際にピル服薬は告知する必要があるのか? という点と、ピルを服薬していたら契約で不利になるのではなるのではないかという点であると思います。この記事ではそんなみなさんの疑問にお答えして告知の服薬歴の項目について解説をしていきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1487
    • 3
  9. 【WOMe(ウォミィ)×株式会社ハナミスイ】女性のデリケートな悩みを解決!「デリケートゾーン向上委員会」にラブ...

    大人のワタシを楽しむメディア「WOMe(ウォミィ) https://wome.jp/」(運営:ポットラック株式会 社 本社:東京都目黒区)が、デリケートゾーンの商材を開発販売する株式会社ハナミスイ(本社: 東京都新宿区)と共同で、女性の “デリケートゾーン”の悩みを解決すべく立ち上げた、「デリケートゾーン向上委員会」にラブセラピスト(R)古山直美さんが登場します!

    PR TIMES
    • 197
    • 0
  10. 【WOMe(ウォミィ)×株式会社ハナミスイ】女性のデリケートな悩みを解決!「デリケートゾーン向上委員会」発足!

    大人のワタシを楽しむメディア「WOMe(ウォミィ)https_//wome.jp/」(運営:ポットラック株式会社 本社:東京都目黒区)は、デリケートゾーンの商材を開発販売する株式会社ハナミスイ(本社: 東京都新宿区)と共同で、女性の“デリケートゾーン”の悩みを解決すべく、「デリケートゾーン向上委員会(https://wome.jp/pages/delicatezone)」を立ち上げました。

    PR TIMES
    • 157
    • 0
  11. 【WOMe(ウォミィ)×株式会社ハナミスイ】女性のデリケートな悩みを解決!「デリケートゾーン向上委員会」に『ち...

    大人のワタシを楽しむメディア「WOMe(ウォミィ) https://wome.jp/」(運営:ポットラック株式会 社 本社:東京都目黒区)が、デリケートゾーンの商材を開発販売する株式会社ハナミスイ(本社: 東京都新宿区)と共同で、女性の “デリケートゾーン”の悩みを解決すべく立ち上げた、「デリケートゾーン向上委員会(https://wome.jp/pages/delicatezone)」に、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』の著者である原田純さんが登場いたします。

    PR TIMES
    • 119
    • 0
  12. 『キキ&ララ』とのコラボグッズ、『Lafary Shop』リニューアル記念に伴い先行販売開始

    キャラクターコンテンツやファンシーな世界観が好きな女性向けの領域特化型メディアLafary(ラファリー)と、株式会社サンリオのリトルツインスターズ(キキ&ララ)とのコラボレーションが実現!2017年12月16日(土)~17日(日)の期間限定で、オンラインショップ『Lafary Shop』にてコラボレーションアイテムの先行販売を開始致します。(https://www.lafary.shop/)

    PR TIMES
    • 311
    • 2
  13. ベクトル、W TOKYOが共同運営する東京ガールズコレクション公式メディア「girlswalker (ガールズ...

     総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証1部:6058、 以下ベクトル)と、東京ガールズコレクションを企画/制作している株式会社W TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上範義、以下W TOKYO)が共同運営している女性向けトレンドメディア「girlswalker.com」が、名称表記を新たに「girlswalker(ガールズウォーカー)」(http://girlswalker.com/)とし、2017年12月21日、大幅刷新、リニューアルオープンしました。

    PR TIMES
    • 100
    • 0

おすすめ

話題のキーワード