ロードバイク

「ロードバイク」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ロードバイク」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【DIY】自転車もぶら下げられちゃう!ラブリコと2x4で作る「なんでもぶら下げラック」

    ラブリコと2x4、パンチングボード(有孔ボード)を使いディスプレイボードのようなラックを作りました。 それに市販のサイクルハンガーやレールなど取り付け、なんでもぶら下げられるようにしています。 ・壁を傷つけることなく設置できる ・壁面にぴったりと設置するので省スペース ・床を汚すことなく室内に自転車をおける ・ぶら下げ収納なので、床の掃除が楽チン ・木材部分にフックを取り付けるなどの拡張が自由 賃貸マンション・アパートにお住いの方にもおすすめの簡単なDIYです。

    hachiware
    • 4233
    • 99
  2. アンティーク家具が馴染む懐の深い家

    ご家族から譲り受けたアンティーク家具が馴染むお部屋を作りたいとの思いからリノベーションを決意されたO様。 プランニングでは家具の配置や見え方も検討しながら進めていきました。 玄関ホールは、パーテーションを配置することでアンティークの椅子も違和感なくおさまり、靴を履くときに腰掛けたりと、使い勝手も良いとO様も満足です。 趣味のロードバイクを壁に掛けたり、ディスプレイを楽しむ収納などこだわりが詰まった空間となりました。 青いタイルが映える造作のキッチンには、アンティークの収納家具が加わることで絶妙な雰囲気に。柔らかな陽が心地よい、家具上に設けたコーヒースペースはO様のお気に入りです。 スキップフロアのお部屋では、足場板で組んだ本棚とアンティークのテーブルが相性良く並び あえて低い天井の効果もあり落ち着ける空間に。。 お手持ちのアンティーク家具がそれぞれに存在感がありながらも主張しすぎず 懐の深い空間に上手く馴染みました。 「無垢の床材がこれからどんどん味が出てくるのが楽しみ」とO様。 経年変化も楽しむ、アンティークな雰囲気になったO様のお家を楽しみにしております。

    株式会社サンリフォーム ハコリノベ事業部
    • 2579
    • 13
  3. ロードバイクをDIYでかっこよく壁掛けスタンドディスプレイ♪

    ママチャリだったら収納法なんてあんまり気にしないけど、ロードバイクやおしゃれな自転車は壁に飾るだけでも絵になるので、せっかくならば壁掛け収納でおしゃれにディスプレイしよう!っと、ほんのひと手間な簡単DIYでスペースを取らずに壁面収納できたアイディアの紹介です

    neige+手作りのある暮らし
    • 19592
    • 46
  4. 薪ストーブがある片流れ大屋根の家

    片流れの大屋根とシンプルなブラックガルバリウム鋼板の外観がかっこいいおうちです。玄関を入ると土間スペースに薪ストーフ゛があり、勾配天井と梁表しのダイナミックな室内はぬくもりあふれる開放的な空間となっています。リビングにはボルダリング用のウォールを設置。また、キャンプ用品やロードバイクなどもしまっておける充実の収納力もGood。

    伸和ハウス
    • 2346
    • 9
  5. 狭小住宅だからこそスキップフロアーを 階段が図書館な住まい : 聚楽廻の住宅

    南北の通りの東側にある敷地は間口4.4m×奥行13.8m=18.3坪、さらに南北には3階建ての隣家、東にも隣家の迫った厳しい環境の中での計画です。 3階にある小さな屋上のハイサイドライトから降り落ちる光を東西からなるスキップフロアで挟み込む形で生活空間を立体的に配した空間構成としています。 階数という考え方では無く必要不可欠な生活のための容積をどのように連続的に繋いでいくかということが解かれています。 玄関ホールや階段、踊場といった一般的には通過空間として捉えられるスペースに積極的な行為(用途)としての機能空間(書斎、図書コーナー等)を重ねることで多様で密度の高い住まい方を提案しています。

    in-ex design. インエクスデザイン
    • 802
    • 7
  6. 趣味と暮らしを楽しむ家

    ご夫婦の趣味はロードバイク。 玄関を開けるとお気に入りのロードバイクが お出迎えです。 趣味の時間を作るためには家事をスムーズに行える 家事室が大活躍だそうです。 リビングの一角にあるカウンタースペースは仕事をしたり 本を読んだり、友人が訪れた際には椅子の向きだけ変えて ダイニングを囲める配置です。

    株式会社コタニ住研
    • 1148
    • 8
  7. FUSION

    ラフ×ブロックの床 暮らしと空間の融合 ブラックの内窓から差し込む朝日で目覚める休日。 大のお料理好きのお二人は、朝食のメニューを考えながらキッチンに向かいます。 木とステンレスでシンプルに造作したキッチンは、二人のお気に入り。 午後には小さな作業スペースでミシンを踏んで、新作の服を仕上げる奥様。 ご主人はタイルを張った土間でロードバイクのメンテナンスをします。 様々なスペースをつなぐのはブロックのようにも見える無垢オークの市松張りフローリング。 素材、空間、ライフスタイルが”FUSION”する家が完成しました。

    nuリノベーション
    • 973
    • 3

おすすめ

話題のキーワード