混構造

「混構造」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「混構造」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 極小3階建て住宅(混構造) [1F:RC造+2.3F:木造]

    両脇の建物が隣接する間口が限られた隣地の中で、 1階にガレージを設けたり、2.3階の居住スペースの採光や通風を確保するために、 1階を鉄筋コンクリート打ち放し(壁構造)、2.3階を木造(在来工法)とした混構造をご提案しました。 1階を鉄筋コンクリート、2.3階を木造にすると・・・ ①すべてが鉄筋コンクリートの建物よりも建物自体が軽量であるため、構造的に有利である。 ②木造3階建ての場合は、構造的に1階部分にかなり負担がかかるので、 1階の壁量(壁の量)が多くなるので、プランに自由度が大きい。 (ガレージが可能) ③すべてが鉄筋コンクリートよりも工事費が安く、工期が早く施工できる。 などいろいろなメリットがあります。 イメージをするのであれば、高い基礎の上に2階建ての木造が建っている感じです・・・。 よって、2.3階の平面プランも1階に左右されず、木造2階建てのように比較的自由なんです・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 2314
    • 6
  2. BLOCK HOUSE

    敷地が道路より約2m高いため、どのように建物にアクセスさせるかは計画の要となりました。 外部に階段を設け、敷地の地盤レベルまで上がるのが一般的ですが、あえて道路面の高さに合わせて玄関を設けました。構成的にはこの玄関部分は地下、その他の部分が地上2階建てとなっています。 これにより、駐車場との動線がスムーズになり、荷物の搬出入や、雨の日の出入りなどメリットの多いアプローチが実現しました。

    sou建築設計室
    • 1010
    • 3
  3. 大桑のゲストハウス|混構造の小さなゲストハウス

    金沢市郊外のゲストハウス。既存のアトリエに増築し、1階はガレージ、2階はゲストハウス。 既存の住宅とアトリエに挟まれた中庭を囲むように、既存アトリエにL型に直交して建物を配置し、正面に開口部を設けた。建物の短辺方向がガレージの開口によって壁量が確保できないためRC造のボックスの上に木造のボリュームを載せた形態としている。RCの外壁に沿って溶融亜鉛メッキのスチール階段を設け、跳ね出した2階の木造部分のボリュームの下に潜り込むように2階へアプローチする。内部はミニキッチンを備えた居室と、バス・トイレが一体となった開放的なサニタリー空間で構成されている。

    家山真建築研究室
    • 597
    • 0
  4. ギャラリーかふら+日本住宅 那賀川の住宅

     この作品の設計に対してのお施主様のご注文は 「瓦屋根のコンテストに出品できる造形でかつ瓦が普通に葺けないような屋根の形」 というものでした。建築家としてなかなかこのようなお施主様には巡り会えません。 建物は住宅と店舗の形の違う二つの棟が一つの建物になっている形態を採用しました。 デザイン重視のこの建物が私の代表作になる事は自身で感じていました。 建物が長く存在して欲しい事と、お施主様の名字の高鶴から鶴と亀を連想しました。 住宅を鶴棟とし店舗を亀棟としてデザインし歪んだ敷地の角度に合わせて二つの棟を つなげました。この建物の住宅部は土塗り壁に杉厚板を重ね張りしています。 店舗部分は大空間を支える為に鉄筋コンクリートの壁の上に木造の屋根を乗せている。

    中飯賀業建築研究所
    • 545
    • 4
  5. 木造と鉄筋コンクリートの混構造でつくる自然派住宅

     鉄筋コンクリートと木造の混構造の住宅です。1階は庭に解放された広いリビングスペースやカーリフトを備えたガレージあり、堅牢な耐震性・耐火性を持つ鉄筋コンクリートで造ってあります。2階は寝室や和室、書斎などがあり木造在来工法のやさしい空間が広がっています。  各部屋には風の通り道があり1階から2階にゆっくりと空気が流れていくよう設計してあります。また、この住宅は自然系の塗装材や素材を使用していて、健康で安全な生活環境をつくっています。

    モリモトアトリエ 一級建築士事務所
    • 1553
    • 19
  6. 地下1階地上3階の混構造|バス通りの家

    建築主からの要望は、「ワインセラーと暖炉」。そして暖炉を中心に据えたリビングのゆったり感でした。 敷地は世田谷で、西側にバス通り、南面道路の向かいに公園があるところです。 そこで交通量の多いバス通りに対しては閉鎖的に扱い、南側の公園を見晴らせ、かつ人目が気にならない2階にLDKを持っていきました。 そのLDKは上の階の構造材を表しにしているリビング部分と天井の高い暖炉コーナー、そして2段上がったところにダイニング・キッチンと3つの空間が連続しながら分節されています。 変化に富んだ空間とすることで面積などの数字では表れてこない「住まいとしての豊かさ」を表現しようと考えました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 1433
    • 7
  7. 3階建てにおける混構造(1階:RC+2.3階:木造)のメリット

    両脇の建物が隣接する間口が限られた隣地の中で、1階にガレージを設けたり、2.3階の居住スペースの採光や通風を確保するために、 1階を鉄筋コンクリート打ち放し(壁構造)、2.3階を木造(在来工法)とした混構造をご提案しました。 1階を鉄筋コンクリート、2.3階を木造にすると・・・ ①すべてが鉄筋コンクリートの建物よりも建物自体が軽量であるため、構造的に有利である。 ②木造3階建ての場合は、構造的に1階部分にかなり負担がかかるので、1階の壁量(壁の量)が多くなるので、プランに自由度が大きい。(ガレージが可能) ③すべてが鉄筋コンクリートよりも工事費が安く、工期が早く施工できる。 などいろいろなメリットがあります。 イメージをするのであれば、高い基礎の上に2階建ての木造が建っている感じです・・・。 よって、2.3階の平面プランも1階に左右されず、木造2階建てのように比較的自由なんです・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 1214
    • 1

おすすめ

話題のキーワード

    22件中 1 - 20 件を表示