通り庭

「通り庭」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「通り庭」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 築100年の面影を抱く、京モダンな町家ゲストハウス

    これは築百年の歴史を持つ京町家の棟貸しゲストハウスへの改修設計である。京都のベンチャー企業との協働プロジェクトとして取り組んだ。この町家は往時には西陣織の糸屋として営まれており、改修に当たっては職住一体の空間と建築の持つ歴史に向き合いつつ、要求の異なる新しい建築へと変更することが求められた。躯体の一部は維持が困難なほど老朽していたが、それでも状態の良い既存の柱や建具を残し、繰り返された増改築で見えなくなっていた元の構造体を修復して見せることで、本来の空間性と当時の面影を今に伝えている。建築は独立した三棟の居室によって構成されており、それらは全体を貫く路地と白壁によって連続性を持っている。加えて中庭は交流拠点として機能し、それによって独立と交流が併存する環境を創り出している。空や庭へと抜ける窓は狭い敷地を広く見せ、開放感を与えている。夜間は照明が素材を照らし、ファサードをはじめ和紙や庭、白壁に日中とは異なる趣を与えている。

    Shuzo Kawakami
    • 9727
    • 163
  2. 閑かな家|入れ子構造のマンションリノベーション

    若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様からLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは全て塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。(Photo by Keishiro Yamada)

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 7586
    • 15
  3. 通り庭の家

    「かっこいい家が欲しい!」「面白い家に住みたい!」という住み手のリクエストに、シンプルかつ、大胆な空間構成で応えました。 全体は、平屋建て(LDK)部分と、二階建て(寝室・水周り)部分とに分かれ、その二つが中庭を挟んで向かい合っています。平屋部分と二階建て部分とは、「通り庭」によって連結されていて、自由に行き来出来ます。この「通り庭」が、この家を大きく特徴づけています。 「通り庭」は、街並みから連続する「街路」のような、住まいの諸室を連結する「廊下」のような空間です。居間の延長のように使われたり、階段や出窓に座って佇んだり、自由な使い方が出来る気軽な居場所。豊かな風景を日々の生活にもたらしてくれる、住まいの心臓部でもあります。 建物全体に一枚の大きな屋根をかぶせることで、シンプルな直角三角形断面の住まいとなっていますが、中でも「通り庭」は、玄関から二階ロフトまで連続して天井高さが変化する、ダイナミックな空間です。 大谷石で舗装された「通り庭」は、屋外のような、室内のような、両義的な性格を獲得していて、この住まいの魅力を一層豊かなものにしています。 子供達の居場所や、バスルーム、キッチンなどは互いに離れていることでそれぞれのプライバシーを確保していますが、中庭に面していることで、互いにアイコンタクトを送ることも出来、家の中で離れていても、家族としての絆を実感できるよう工夫しました。 二階バルコニーは、夏の花火大会を楽しむ特等席です。 ここは、街を眺める物見台であると同時に、中庭で遊ぶ子供達を見下ろすことが出来、家族の暮らしとそれを取り巻く環境とを結びつける触媒的な役割を果たします。 ご家族は毎日の暮らしを楽しむ名人で、お住まいになり始めてから、幾度となく、家具やアクセサリーによる自分達流カスタマイズの様子を送って来てくださいます。前庭や中庭の植栽工事も完了した現在、一層素敵な住まいにグレードアップしています。先日は、この夏の暑い休日、中庭にプールをつくって、家族皆で楽しく涼しんでいる様子を送ってくださいました。 最後に、この住まい、実は、地中熱を活用した全館空調システムを導入しています。楽しく遊ぶように暮らしながら、知らぬ間にストレスなく環境負荷を軽減する。遊びも仕事も全力投球なご家族の哲学は、さりげなく実現されているエコロジーにも表れています。

    株式会社アトリエハレトケ一級建築士事務所
    • 1115
    • 5
  4. 窓縁の家

    横浜における木造住宅の建替えプロジェクト。 桜並木で有名な河畔に建つ老夫婦のための住処です。 旗竿型の変形敷地を活かした建物配置によって、表の桜並木に面したアプローチと南側のプライベートガーデンという二つの屋外空間を生み出しています。 現代的で快適な生活と共に、 ①「トオリニワ」「エンガワ」「スダレ」といった日本の伝統的生活様式を楽しめること、 ②歳月とともに住み心地や住まいの美しさが深まっていくこと、 ③桜並木やプライベートガーデンなどの屋外風景と連続した生活風景が生み出されること、 の三つを目指しました。 断熱性能はもちろん、木材産地や腕の良い地元大工との恊働にもこだわった、人にも環境にもやさしい「理想の住まい」です。

    株式会社アトリエハレトケ一級建築士事務所
    • 779
    • 6

おすすめ

話題のキーワード