木製窓

「木製窓」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「木製窓」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. セリアの木製窓を使ってクリスマスにも使える簡単お手軽キャンドルライトホルダーを作ろう☆

    セリアで売られている小さな木製窓。 そのまま飾ったりフォトフレームと組み合わせたり、繋げてパーテンションにしたりといったDIYアイデアも。 今回はその木製窓を活用してクリスマスにも使えるキャンドルライトホルダーの作り方をご紹介させていただきたいと思います。 ちょこっとの木材をプラスするだけで簡単お手軽にできますよ(^^♪

    ゆぴのこ
    • 25266
    • 588
  2. 100均で10分リメイク!カフェ風プランツボードをdiy

    ご覧くださいましてありがとうございます✨もうすぐ友達の誕生日。何か手作りのものを…そんな時に簡単で10分もあれば完成し、しかも500円ほどでできちゃう!カフェ風にも西海岸風にもマッチする、プランツボードを作ってみました。グルーガンでくっつければいいだけなので、ぜひ作ってみて下さい

    マロン
    • 8054
    • 25
  3. 居間と寝室がつながる家-建具で明るい寝室と 開放的な居室を実現-

    東陽町にある、築30年のマンションの一室をリノベーションした。 クライアントは、幼い子供のいる若い夫婦で、友人を家に招くことが多く、広く開放感のあるリビングと朝陽が入る寝室が求められた。 間口に対して奥行方向が長い一般的な3LDKの間取りだったため、陽が入る方向は南側の一方向に限られている。そこで、寝室への自然光はリビングを介して取り込み、間仕切りにガラス入りの大きな引き戸を設けた。 また、既存の壁を活かしながら、それぞれの部屋の間仕切りを取り払い、必要に応じてガラス入りの建具で仕切ることで、南側の窓から入った自然光が、キッチン、リビング、ダイニング、寝室、玄関へといきわたるようにした。 広いリビングの一部は、将来的に子供が増えて個室が必要となったときには、子供部屋として仕切れるように考えてある。

    aidaho
    • 1361
    • 11
  4. ヨーロピアンテイストの家(漆喰塗と木製窓・八雲の家)

    駒沢公園にほど近い目黒区八雲の住宅地に建つご夫婦とふたりのお子様が住まわれる木造2階建ての戸建て住宅です。 パリに在住経験のあるご夫妻から、日ごろの作風というよりもむしろ家づくりに対する姿勢をご評価頂き依頼を受けた住宅で、 当事務所としては初めてといっていい「ヨーロピアンテイスト」の住宅です。 洋風とはいっても、基本的な平面計画や構造、収納、設備等に対する考え方は、あくまで当事務所の基本スタイルであるシンプルで合理的な考え方によるものです。 敷地面積は約24坪。 ビルトイン形式の駐車スペースとロフト以外の床面積は30坪弱。 敷地の制約やご主人の仕事上で欠かせない書斎を設ける必要があり、居住スペースはどうしても手狭になりがちな計画ではありましたが、 ・廊下を可能な限り少なくする ・天井の高さを利用して空間に変化を持たせる といったことにより、可能なかぎりゆったりとした場をつくるべく計画をしたものです。 「小さな敷地での家」 「2階リビング」 「自然素材による内外装」 「ヨーロピアンテイスト」 といったことがこの家で求められたことであり特徴です。 平面計画としては、 ・駐車スペースと玄関とは分離することで落ち着きのある玄関アプローチに ・各諸室は広くなくても、家族が集まるリビング廻りは可能な限りゆったりと ・子供室は将来平等に区切ることができるように ・ご主人の書斎は外が眺められる位置に ・キッチンは独立した機能重視の場に といったご要望に応えたものです。 仕上げは、白壁の内外壁ともスイス漆喰、床は全て無垢材に亜麻仁オイル、その他木部はリボス塗といった自然素材を用いた家です。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 886
    • 1
  5. 自然素材と外断熱による2世帯住宅(北烏山の庫裏)

    この住宅は、世田谷にあるお寺の庫裡。若い住職とご家族の住まいです。 法的に木造とすることができないことからRC造とし、安定した温熱環境と建物の耐久性の向上といった観点から RC外断熱工法を採用した建物です。 敷地は、お寺の境内という条件にあって、 「外観と檀家さんが使用するスペースは本堂や周辺とのバランスをとったデザイン」 「家族のスペースはカントリー調」 といったことが求められたものです。 住まいの他に、応接室、法衣室といった部屋の他、奥様が華道を教えるための部屋もある家です。 内装や建具に使用する木はバーチ材を主として、レッドシダー、たも、桧、栗の無垢材、漆喰や珪藻土(ライムコート)といった壁材、テラコッタやレンガ等を フローリング以外の床に使用した自然素材の家です。 既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで 「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」 となることを期待した住まいです。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 688
    • 1
  6. かわいい!カフェ窓・室内窓を自分好みにオーダーできる

    カフェ窓・室内窓のオーダーをちょくちょくいただきます。 室内なら木製枠も、おしゃれなガラスも、ステンドグラスも、気軽に取り入れることができます。 ネットでのお問い合わせも多く、メールで壁厚など打ち合わせして制作し、県外に送る場合が多いのでなかなか取り付けたあとのお写真がとれないのですが、どこか遠くのお宅で、うちが作った窓がインテリアの重要なポイントとして活躍してくれてると思うと嬉しいものです^^

    ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ
    • 1826
    • 7
  7. 湖沼に建つ家

    白鳥が飛来するという湖沼を眼下に望む事のできる、景観の優れた場所に建つ住宅です。接道より、前庭と2台分の駐車場を設け、スロープになったアプローチからポーチを抜け、玄関へと向かい、ここからキャンティレバーになったテラスに出て湖沼を望む事ができます。 玄関から直接リビングに入り、ダイニング、キッチンへと直線状に繋がっています。ここは伸びやかな吹き抜けの空間となっています。 鉄骨の螺旋階段を上がった2階はクローゼットと寝室、書斎、バルコニーを配しています。主な室は、最小限の大きさを確保した部屋となっていますが、吹き抜けを介して1階と繋がり、家の中のどこにいても家族の気配がわかるようになっています。 アウトドアを好む住人にとって、湖沼を正面に望む最高のロケーションとなり、自然と共に暮らす豊かな住み処となるでしょう。

    (有)土岐建築デザイン事務所
    • 976
    • 4
  8. シチリの家

    海をパノラマ状に見渡すことの出来る絶景が素晴らしい高台の敷地。切妻屋根の木造2階建てに平屋の2台分のビルトインガレージとペントハウスが取り付いたような形態の家である。眺望の良い2階はほぼ全面をLDKとして海側は横長の大きな窓として眺望を取り入れ、外には広めのバルコニーも全面にを設けている。1階部分には2世帯同居可能な寝室と水廻りを配置していて、1階の寝室や浴室からも海への眺望は十分得られる。外壁は黒く塗装した杉板縦羽目板張として、海を背景として黒々とした建物の輪郭が鮮やかな家となった。

    tentline(テントライン)
    • 618
    • 6

おすすめ

話題のキーワード