室内窓

「室内窓」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「室内窓」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. キッチンが中心の2LDK+書斎。料理が楽しくなるリノベーション

    【素材に溢れたII型キッチンと室内窓が特徴的な2LDK+書斎+WTCのご家族リノベーション】 駅直結の分譲タワーマンションを購入+リノベーションされたN様ご家族の住まい事例です。 約19帖の空間に設けた素材感に溢れたゆったりキッチンと回転式の室内窓が特徴的な2LDK+書斎+WTCプラン。 十分な作業スペースが設けられたII型キッチンの廻りには、フードコーディネーターである奥様のこだわりが随所に散りばめられています。 下がり天井には木目でアクセントをつけ、さらにパイプの吊り収納、モールテックス、フロストタイルなどで演出。 つくった料理をそのままカウンターで出せ、時間そのものを楽しめる最適空間です。 回転式の室内窓は、目線の位置にのみ縦ストライプの波板ガラスを採用、LDKとワークスペースをゆるく仕切ります。 ヴィンテージなデザインのシェードランプ&真鍮のスイッチプレートのレトロテイストな組合せも壁を彩ってくれます。 【「料理」や「収納」といったキーワードを軸に、お施主様の理想にあわせた住まいプランニング】 書斎/ワークスペースは壁一面にカウンターデスクと飾り棚を造作。 キッチンにいながら、ワークスペースで宿題をするお子様の様子も伺えるような配置にしています。 たっぷり収納量を確保したWTC(ウォークスルークローゼット)も、ベッドルーム・廊下の両方から行き来ができ、ストレスなく日々を過ごすことが可能です。 サニタリーの洗面カウンターは、キッチンと同様のフロストタイル&実験用シンク&モールテックス仕上げのコーディネート。 ハンドルシャワーの水栓も特徴的なものを選び、ここもお施主様のこだわりがあらわれたスペースです。 以前の間取りと比べ、部屋数は同じですが「料理」や「収納」といったキーワードを軸に、お施主様の「住まい方」にあわせた今回のリノベーション。 N様ご家族の暮らしにとことんチューニングされた、理想のリノベーション住まいの完成です。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 2357
    • 19
  2. マリンブルー壁×チェリー床。素材に溢れた1LDK+WIC住まい

    【珪藻土、床、タイル。素材で変化をつけるご夫婦のワンストップリノベーション住まい】 新たに物件を購入後、リノベーションを施したS様夫婦のワンストップリノベーション住まいです。 自然な塗りムラが特徴的なブルーの塗装壁と、滑り出しの室内造作窓が主役の1LDK+WICプラン。 アクセント以外の壁も、LDKから廊下に至るまで左官で仕上げ、お部屋全体で表情の微妙な違いを楽しめる空間となっています。 さらにお施主様自ら選んだ、木目や節目の表情が自然な複合フローリングが、リビングダイニングにより自然な風合いをもたらしています。 以前は壁に囲まれ奥まっていたキッチンも、オープンな陶器質タイル×フルフラットキッチンへ改修。 たっぷり広々スペースなので、奥様の毎日の料理だけでなく、ご夫婦でキッチンに立つ場合にも重宝します。 また、キッチンとクローゼットのスペースには造作デスク&小棚を設け、小さな空間も無駄なく活用しています。 【お施主様自ら素材を選ぶ&コストを抑える。リノベ住まいづくりの醍醐味】 サニタリーはスカイブルーのモザイクタイルを採用。 アイアンのタオルがけや、浅く柔らかい曲線のフォルムが特徴的なイタリア製洗面ボウルも、お施主様ご夫婦のこだわりが伺えます。 水周り以外の部分的な二重床・既存壁の再利用や、リビングと同素材のコストのかからない床材を居室に使用したり、さらにウォークインクローゼットの中は壁紙で仕上げるなど、“こだわる箇所・抑える箇所”を明確にし、しっかり費用を抑えているところも、このリノベーションならでは。 経年による自然な表情の変化を永く楽しめる住まいで、S様ご夫婦のリノベーション暮らしの始まりです。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1971
    • 10
  3. デザイン×子育て。クリエイティブなご夫婦が暮らす本に囲まれたリノベーション住まい

    【室内窓・造作棚。クリエイティブかつ家族の会話がはずむ暮らし】 エディトリアルデザイナーであるS様ご夫婦が、お子様の成長に合わせて新たに住まい探しから行った中古マンション購入+リノベーションの事例です。 中心となるのは10.2帖のリビング・ダイニング。隣接する書斎兼仕事部屋とは室内窓でつながり、ゆるやかに仕切られた空間はいつでもご家族の様子を感じることができ、家族のコミュニケーションが自然と増えるといったメリットを心おきなく満喫できる空間です。 淡くあたたかみのあるナラ樫の床材はどの空間にも自然と溶け込み、しっとりとした質感が、素足で歩く際やお子様が玩具で遊ぶ際にも気持ち良い肌触りを与えます。 【キッチンをそのまま活かす案へ。柔軟なリノベーションプランで暮らしやすさUP】 お仕事でも趣味でも、雑誌や書籍などを頻繁にご覧になるS様ご夫婦。様々なサイズの本がしまえる棚を書斎兼仕事部屋に造作し、カラーアクセントの壁が引き立てます。 自転車が趣味でもあるS様が、愛車を合板の壁にかけて飾ることのできる玄関は特別な空間でもあります。 そのほか、洗面スペースはグレーのモルタル仕上げのシンクを採用し、さらに艶有りのフロストタイルの目地をグレーにするなど、ここに散りばめられているのは奥様のこだわりです。 キッチンスペースは既存のものを活かしてコストを抑えつつ、パントリー扉などのカラーリングを変更することで、全体のコーディネートとのバランスを再調整打。 実は当初の一番のこだわりだったのがキッチンでしたが、打合せを重ねるうちに現在の形へ変更。 コストを節約しながらその分他のこだわりに振り分けることができたため、スイッチプレートや照明、家具なども特徴的なものを選び、至るところにクリエイティブなこだわりが散りばめられた子育てリノベーション住まいとなっています。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 2832
    • 23
  4. 高円寺×ヴィンテージ。変わり続けるリノベーションDIY住まい

    【木の壁・木の棚・木の窓。いつでもDIYできる“未完成”2LDK空間】 リノベーション済みマンションを購入し、さらに自分好みのお部屋にするためリノベーションを施したお施主様。 以前の住まいも、新たな住まいも高円寺。 とことんこの街に惹かれ、手に入れた自分らしい住まいのテーマは「木を多く使った空間」でした。 カーペット床は全て無垢のフローリングに張り替え、さらに壁の一部にもアクセントとして用いました。 湿度や経年による木の変化も、「それも味わい。歪みや刷毛ムラや木目、そんな変化を面白がれる住まいにしたかった」とお施主様。 玄関の土間モルタルからつづくウォークインクローゼットの棚は、ポリ合板から全て無垢板へ。 やすりがけしたあとオイルステイン塗装を施し、ヴィンテージな味わいを楽しめる空間となっています。 そういったDIYを壁、床、室内窓枠などにも施せるようはじめからプランニングしてあるため、常にどこかに手を入れる“余白”があるのが嬉しい「未完成空間」となっています。 【“余白”に合わせる。タイルやガラスもヴィンテージなテイストへ】 もうひとつのテーマとしてあったのが、「高円寺に似合うヴィンテージなテイスト」というコンセプト。 リビングから続く2つ居室の建具はすりガラス入りのものと、赤と緑が鮮やかなステンドグラス入りのものを選びました。 「木の感じはまだ新しいけれど、DIYで各所をエイジング加工していくうちにガラスのレトロな感じと合ってくる」それを見るのが今から楽しみだというお施主様。 さらに洗面シンクまわりにもレトロな色合いのタイルを張り、もともとのリノベーション済みだった既存を上手に活かしつつ、好きなテイストを住みながら追求していけるDIY好きにたまらないリノベーション空間を手に入れました。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 3982
    • 13
  5. デザインドアがかわいいカフェのような空間での暮らし

    キッチンまわりのリノベーションを依頼された数年後に、LDKのリノベーションもご依頼いただきました。 チェッカーガラスやモザイクタイルを用いて可愛く仕上げたキッチンと テイストを合わせて、ナチュラルなカフェ風のデザインに。 グリーンの造作ドアや、奥様のご趣味のミシンスペース、アイアン風の室内窓など、可愛いものに囲まれながら暮らす生活はきっと笑顔がたくさん。 空間を広々使う工夫にあふれたお宅です。

    グラデン
    • 3722
    • 27
  6. シンプル&インダストリアル。変則1LDKで始まる家族のリノベ暮らし

    【小さなお子様とご夫婦の4人が暮らすマンションで、躯体以外をすべて解体しフルスケルトンからのリノベーション】 全くの一からの自由設計から生まれたのは、家族のコミュニケーションがとりやすい繋がりと、ちょっと変わった間取りを併せ持った1LDKリノベーション空間です。 建築関係の知識が豊富なO様でもあったため、お施主様と常にご希望を共有しながら、様々なアイディアを散りばめていくことで生まれたこの空間、元の3DKの間取りを変則的な1LDKへコンバートし、玄関の土間続きから居室へと続く個性的な間取りは、お施主様が以前からイメージしていたもの。そこにパイン材の室内窓を設置することで風通しや採光性を確保、オーダーのガラス入り框戸がリビングからの光をやわらかく玄関奥まで通します。 「玄関には子どもの自転車とか玩具をそのまま置けるような広いスペースが欲しかったんです。玄関というより、ガレージのような使い方がしたくて」。二人のお子様を持つお施主様、お子様たちが汚れた靴で帰ってきてもいいよう、タイル仕上げを採用しています。 【無駄を削ぎ落としたシンプルデザインキッチンやタイル床などとことん機能性にこだわる】 メインとなるのは、居室2部屋とダイニングの間仕切り壁を全て取り払うことで広々としたリビング空間。また古い建物にありがちな低い天井を抜き、躯体を現しにすることで高さ方向でも空間の広がりを設け、白の塗装仕上げは、空間に柔らかさを与えてくれます。 元々お施主様が気に入っていたステンレスキッチンは、余分なものの削ぎ落とされた機能美を感じさせるシンプルデザイン。その他、タッチレス水栓やガラストップのコンロ、掃除のしやすいレンジフードと、日々の生活の中で奥様の負担にならない機能性に配慮されています。排水の都合上、数センチ床レベルが上がることになったところもデザインにとり込み、小高くなった空間がブースのような独特の存在感を出しています。 タイル床はサニタリーにも用い、白のサブウェイタイルと角型の洗面器とよく合い、こちらは洗練された印象となっています。可動棚やミラーボックスも、ご家族で使うにはあると嬉しいポイントです。 壁に仕切られて光の届かない間取りや老朽化を解決する上で、家族それぞれの過ごしやすさやライフスタイルからくる必要性をふんだんに反映させたお部屋で、新たな家族のリノベ暮らしの始まりです。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 3306
    • 13
  7. 使い勝手&カッコ良さを両立☆都会派インダストリアルリノベ☆

    一昔前ならば生涯の財産として新築一戸建てを購入することって一生の夢でしたよね。でも同じ”一生の夢”でも、今ではビンテージマンションを手に入れて、自分の好きなように自由にリノベーションするスタイルが選択肢の一つとなってきています。だからこそ誰しも失敗はしたくないものです。例えばスタイリッシュな空間と使い易さ、一見相反する要素だって両方GETしたい! そんな欲張りのアナタにピッタリの、オイシいトコ取りなインダストリアルリノベーションのお宅があるとの事。早速伺ってきましたよ!

    LIMIA編集部
    • 18944
    • 114
  8. 室内窓とウッドデッキのシングル&DINKS向けヴィンテージ空間

    三軒茶屋エリアらしい、感性の高いシングル&DINKS向けの1LDKに、ほんの少しヴィンテージな装いを施したリノベーションデザインです。 南側にある大きな窓から、たっぷり陽の光が入ってくる12.9帖のLDK。隣り4.7帖の書斎とは室内窓でつながり、風や光が気持ちよく部屋全体を抜けていきます。 約11帖のウッドデッキと、ほぼそれと同じ広さのガーデンスペースが広がり、専用庭全体の面積は約34帖。年中を通してガーデニングなどを楽しみつつ、夏にはプールとパラソルを広げて、小さなお子様の遊び場としても。 洗練された街でありながら環境にも優れている、そんな地域の特徴を室内にも取り入れたようなリノベーション物件となっています。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1824
    • 8
  9. 古材が生きる"黒壁ヴィンテージスタイル”にフルリノベーション。

    昭和の高度成長期に建てられたビンテージマンションをベースに、インダストリアル調の風合いを盛り込んだフルリノーベーション物件。天井や床には剥き出しのモルタルと、フローリング床。壁面は白ベースに黒壁塗装をアイキャッチで入れることで空間を引き締める効果も狙った、日当りと景観の良さを最大限活かした、シンプルかつお洒落な空間が大変魅力的なのです。

    LIMIA編集部
    • 21307
    • 130
  10. 男前リノベ@恵比寿

    仕事にプライベートに忙しい毎日をパワフルに過ごす貴方のための家を創りました!恵比寿駅徒歩4分、築36年マンションをフルリノベ。大きなアイアン塗装の扉に迎えられてリビングに入るとそこは男前ワールド!室内窓・ブロック壁・躯体塗装・ステンレスキッチン・モルタル・ペデスタル洗面台・ステンレススイッチプレートなど、個性的な素材があちこちに。この物件は2,3月とオープンルーム開催をしていますのでぜひ実際にチェックしにいらしてください!

    howzlife
    • 1476
    • 17
  11. 黒壁ヴィンテージ

    安くはない賃料を払い続けるのであれば、自分たちの住まいを創りたいと思い始めた矢先、ご夫妻が出会ったのがhowzlifeでした。施工例の雰囲気がお好みだったということで、物件探し〜ワンストップでのご相談をいただきました。大きな開口部を持つ南向きのバルコニーと、川沿いという大変開放的な景観が決め手でご購入を決断されました。冬でも昼間であれば暖房は必要ない程の日当りの良さはこの物件の大きな特徴と言えるのですが、そのアドバンテージを最大限活用した間取りに。また、リビングと寝室の間には黒壁にアンティークドアと室内窓を設置し印象的な空間に仕上げています。 ★詳しくはこちらを http://limia.jp/idea/7813/

    howzlife
    • 1669
    • 27
  12. かわいい!カフェ窓・室内窓を自分好みにオーダーできる

    カフェ窓・室内窓のオーダーをちょくちょくいただきます。 室内なら木製枠も、おしゃれなガラスも、ステンドグラスも、気軽に取り入れることができます。 ネットでのお問い合わせも多く、メールで壁厚など打ち合わせして制作し、県外に送る場合が多いのでなかなか取り付けたあとのお写真がとれないのですが、どこか遠くのお宅で、うちが作った窓がインテリアの重要なポイントとして活躍してくれてると思うと嬉しいものです^^

    ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ
    • 1633
    • 7
  13. あたたかヴィンテージ

    部屋のイメージは大きく2つ。 開放的なリビングと大きな土間を設えること。開放的なリビングダイニングは、既存の和室の壁をなくして大空間に。お子様の顔がいつでも見えるオープンキッチンも叶えました。 ご要望の2番目。遊び道具がたっぷりしまえる土間収納も作りました。そして土間とリビングの間には室内窓を入れて、明るさや風通しを高めています。 そして「お気に入りのショップと同じような雰囲気にしたい」というご要望に沿ってテレビ台の背面やキッチンの側面には足場板を張り、床には無垢フローリングをご提案。木のぬくもりが心地良い住まいが完成。 そして内装のラストはグリーン・コーディネートを。風と光が入るおうちがますます活き活きとナチュラルな雰囲気を高めています。

    howzlife
    • 2307
    • 33
  14. ラフ&ナチュラル

    古い倉庫のような味がある空間を創るため、アイアンやモルタルなどクールなイメージの素材やシンプルなタイル、温かみのある木などをバランスよく組み合わせました。 またスイッチやコンセントといった細部までお好みに沿うアイテムをご提案した一方で、予算内で収まるよう、寝室の床は下地調整の必要がないカーペットをご提案するなどコストコントロールも行いました。 間取りは、和室の壁をなくして開放的なLDKをデザイン。キッチンの向きを変えることでリビングへの視界が開けて、お子様を見守りやすく。床には使い込んだ風合いの無垢材を敷設。天井は剥き出しにすることで開放感を高めながら、モルタルでラフに仕上げ倉庫感を高めています。

    howzlife
    • 1840
    • 25
  15. 無骨リッチ

    1LDKの間取りに、シングルもしくはDINKSの方が住まうことを想定して設計した物件。リノベポイントは大きく3つ。 お料理好きの方にうれしい広々とした空間に、お手入れのしやすい大人気のステンレスオープンキッチン。そして、置き型バスタブを設えた在来工法の浴室。浴室の壁と床は左官職人によるモルタル仕上げで今回のリノベテーマである「無骨でリッチな空間」を演出。 さらに、ハウズライフのリノベには欠かせないオリジナル建具と室内窓、無垢材のフローリング。キッチンやバスルームがクールな仕上がりな分、懐かしい雰囲気の漂うラワン素材の引き戸や室内窓をデザインし光が通る空間を造った事例。

    howzlife
    • 1380
    • 12
  16. 室内窓とフリールーム

    リビングのとなりには 高2の長男が寛いだり 6歳の次男が遊んだり PCを触ったり… ちょっとしたフリールームになってます。 フリールームに居ても、孤立しない様に… 狭いリビングを広く見せる為に… 引き違い戸ではなく、あえて大きなFIX窓にしました。 FIX窓にする事で 丸見えの安心感と程よい距離感が持てて、家族みんな気に入ってます。 将来は、ブラインドを取り付けて 次男の部屋になるのかな…?

    sachi
    • 1416
    • 20

おすすめ

話題のキーワード