下見板

「下見板」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「下見板」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 屋根の上に展望デッキがある木造伝統工法の保養小屋

    この建物は山裾のなだらかな傾斜地に建つ余暇を楽しく過ごすための保養小屋です。屋根の上に問いつけられた大きな展望デッキからは、日常では経験することのできない屋根上から見る景色が広がっています。 建設に当たっては地元の大工さんが厳選した松の曲がり丸太の梁や山から切り出した丸太の柱、厚めに挽いた杉の床板などできるだけ自然のままの木をて刻みで加工しつくりました。 また、屋根の上の展望デッキは一部使わなくなったベビーベッドの部材を用い、これも大工さんの工夫によってデッキに使用しています。とてもシンプルな作りですが、玄関の土間から板の間に上がり、丸太にらせん状に差し込まれた階段梯子によってロフトに上がり、天窓を開けて屋根の上に至るアプローチのワクワク感や屋根に上がって眺める風景などとても楽しいときめきが展開しています。

    モリモトアトリエ 一級建築士事務所
    • 958
    • 13
  2. 現在のライフスタイルを取り入れた昭和時代の木の家

     この住宅は、外壁の杉下見板張りや土塗り壁調の仕上など昭和を感じるデザインと、現在のライフスタイルに対応した利便性や機能性が調和した和風モダンの住宅です。  敷地は自然豊かな傾斜地に位置している為、木々の位置や種類、周辺環境に適した建物の配置、風・光・音等を意識できる間取りや窓の配置等、この場所でなければ得られない環境条件を設計で取り込みました。また、健康で安全な住環境をつくるため漆喰仕上げや無垢の木の使用などドイル、オーストリアが起源とされるバウビオロギー(建築生物学・生態学)の考え方に基づいた、環境建築となっています。

    モリモトアトリエ 一級建築士事務所
    • 1192
    • 10
  3. 玉縄の家

    南側には桜並木の道路、北側には大樹が茂る緑地の双方の 借景を楽しめる敷地。敷地内に一本残された枝振りの良い サクラの木の下には道路に対して開放的なデッキスペースを設けた。 そのデッキに面するリビングと北側のパノラミックな景色を眺められ るダイニングとはその双方にサービスできる対面キッチンにてつなげられている。 1階にはまた趣味のための広いガレージスペースが設けられていて、 リビングやダイニングとも外部空間を通してつながっていて孤立しない 配置とした。 また外観には杉の下見板や木製サッシや出窓を使用して軒の深い陰影の 濃い建物となるようにしている。

    tentline(テントライン)
    • 411
    • 2
  4. 小菅ヶ谷の家

    建て主の奥様の御実家を建替えてLDKのみ分離型とした2世帯住宅とする計画。敷地は東西を高低差のある2つの道路に挟まれていて、南側隣地の地盤は計画敷地よりも高く、家が迫っていて南からの日照の妨げとなっている。1階は母の暮す空間と共用の客間と水廻りを設け、2階とロフトは子世帯専用の空間とした。1、2階ともに見晴らしと日当たりの良い西側を主な採光面としている。外観は切妻屋根を重ねた屋根と杉下見板張の外壁。

    tentline(テントライン)
    • 606
    • 1

おすすめ

話題のキーワード