ウレタン

「ウレタン」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ウレタン」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ◆意外と簡単!!座面の布張り◆

    DIYで作ったイスやスツールの座面を布張りにするだけで ワンランク上の作品に仕上がります。 また、市販されているお気に入りのイスの座面が汚れたり破れたり 中材がヘタって来てしまった時などにも 布や人工皮革などで座面を張り替えるとイスが蘇りますので 覚えておきたいDIYのテクニックです。

    ぬくもり工房YUKI
    • 73429
    • 273
  2. 屋根塗装でウレタン塗料を使うメリットとデメリットを解説

    毎日雨や風、紫外線にさらされる屋根は家の中でも劣化しやすく、人目にもつきやすい場所。屋根を保護し、かつ見栄えをよくするためには塗装が重要となりますが、屋根塗装を施す塗料にはさまざまな種類があります。本記事ではウレタン塗料に着目し、屋根塗装にウレタン塗料を用いた場合のメリット・デメリットをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 855
    • 3
  3. 外壁塗装にウレタン塗料を使うメリットを解説。施工の注意点もご紹介します

    外壁塗装に欠かせないのが塗料。壁の表面に塗る塗料(ペンキ)にはさまざまな種類があり、それらの特徴も異なります。外壁の状態に合わせた適切な塗装を行うためには、まず塗料の種類や特徴を知っておくと役立ちます。今回は「ウレタン系塗料」に着目し、外壁塗装にウレタン塗料を使う際のメリット、注意点などをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 15403
    • 11
  4. SOFA 「LATTICE」

    最新の技術で最高の居住性。座面には体圧分散素材『レスピール』という新素材を使用。身体にかかる圧力を散らして局部にかかる負担を和らげてくれるので長時間座っていても疲れません。背クッションにはポリエステル綿100%の『シリコンポラック』を使用しており、羽毛のように軽くて柔らか。動物アレルギーのある方にもお使いいただけ、ご家庭で水洗いもできるので衛生的です。木枠は細めでシンプルなデザイン。身体のラインに合わせて優しく包み込んでくれるソファです。 『フルカバー交換可能』

    株式会社 3rd
    • 1009
    • 12
  5. SOFA「CHILL」

    ラインの美しさが際立つ背面を見せたソファ。木枠はシンプルに見えて個性的なデザインになっており、背面は下にいく程細くなっていき、側面は下にいく程太くなっていきます。また、奥行きを小さくしているので空間に圧迫感を与えません。座面は硬さの違うウレタンを使用した固めの座クッションで背クッションにはシリコン加工ポリエステル綿を使用。ふわっと体を支えてくれるような座り心地になっています。 『フルカバー交換可能』

    株式会社 3rd
    • 1085
    • 5
  6. 【事例⑤】築10年!今が塗りかえ時!華やかな家に変身!

    こんにちは。定額リフォームの「リノコ」です。 リノコでは、「外壁塗装」の定額リフォームも提供しております。 今日は、神奈川県横浜市にお住まいのA様よりご依頼をいただいた案件のご紹介をさせて頂きます。 リフォームのコトなら リノコ http://www.renoco.jp/ TEL 0120-339-005 営業時間 8:00〜21:00 / 年末年始を除き年中無休

    リフォームのコトなら リノコ
    • 1274
    • 7
  7. 自然素材の良さを味わう 『無垢床と合板床の違い!』

    先日お越しになったお客様が仰った事。 「無垢の床と合板の床って、見た感じでは区別がつかないんです…。」 う~ん、これ実は私も前から感じていたことです。 ずっと何でかなあと考え、私自身が木を見る目がないのかと落胆したりもしていました。 それが、実際にこのようにお客様からご意見をお聞きしお話していたら自然とその答えが見つかったのです。 合板フロアーというものは、合板材に薄い無垢材を張り合わせたものなので、表面は無垢に見えないこともありません。 しかし、その質感は全然違うはずです。 それでは、何故同じように見えてしまうのか?? それは、表面に施す塗装の問題なのです。 今、床材に一般的に使用されている塗装方法は、ウレタン塗装というものです。 これは、床材に傷がつかないようにするための言わばコーティングです。 合板の場合は、傷がつくと表面の無垢部分がすぐにはげてしまうので、保護する必要があります。 これを無垢床にも使用しているケースが多いのです。 同じ塗装方法なので、見た目も同じようになってしまうのではないでしょうか。 しかし、せっかくの無垢床をこのように固めてしまっていいでしょうか? これは考え方にもよりますが、無垢の木は少々傷がついたところで価値がかわるものではなく、逆に味わい深くなります。 私たちは、その考えから柿渋自然塗料をお勧めしています。 その理由は、他にも ・自然塗料なので健康的 ・無垢の木の調湿性を阻害しない(ウレタン塗装は上から固めてしまうので遮断されてしまいます) ・自分自身でも塗ることができるのでメンテが楽(ウレタン塗装は自身では困難) ・塗装色を多種類から選べる ・ぬくもりがある(肌触りが優しい) このように、自然塗料は無垢の木の良さを最大限に引き立ててくれるのです。 せっかく無垢の木(床材)を使用しているのに、その使い方(塗装)が異なると、良さが半減してしまいます。 細部までこだわらないと本物とは言えません。 その大切さを改めて感じました!!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 867
    • 3

おすすめ

話題のキーワード