高気密高断熱

「高気密高断熱」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「高気密高断熱」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 都市における都市のための快適で省エネなパッシブモダン住宅

    大阪府東大阪市、JR鴻池新田駅から徒歩5分。閑静な住宅街の中に佇むタイコーのショールーム"Room"。 南向き4間間口の恵まれた敷地条件。しかしながら密集した都市部である事から、将来においても暖かい採光を得るために2階にLDK、新提案のアウトドアルーム"room"を配置。 グレーを基調としたインテリアが特徴的なタイコー流都市型パッシブモダン住宅です。 都市型はその名の通り、都市部の住宅で「敷地が狭い」「南間口ではない」「前面道路が狭い」「周辺は3階建て」など、積極的に南からの光をとりにくい条件が揃う中で、隣家とのプライバシーを守りながらもできる限りの太陽の光と熱を得つつ、増えたエネルギーについてはより高断熱高気密化することでエネルギーのバランスを取ろうという設計手法です。 太陽や風等、自然の力を利用して「夏涼しく、冬暖かく」過ごすためのパッシブ設計。夏の日差しはどうやって防ぐのか?冬の日射を取り込むには?取り込んだ熱を逃がさないためには?すべてこのRoomで実際の設計手法を見て、感じて頂けます。 ぜひご来場ください。 <断熱・気密性能> Q値 :1.11W/m²K UA値 :0.28W/m²K C値 :0.4cm²/m² <仕様> 構造 :耐震構法 SE 構法[木造ラーメン工法] 階数 :2階建て 等級 :耐震等級3[最高等級] 断熱 :G2仕様:ダブル断熱 :屋根外側[Q1ボード| 61mm] :屋根内側[高性能グラスウール16K | 180mm] :壁外側 [Q1ボード | 61mm] :壁内側 [高性能グラスウール16K | 120mm] :基礎外側[スタイロフォームAT | 50mm] :基礎内側 立ち上がり 床面全て[ミラフォームλ | 55mm] 気密 :防水気密シート0.2mm施工 建具 :樹脂アルミ複合サッシ      [U値:1.58W/㎡K(Low-E 複層ガラス仕様)] 木製トリプルサッシ [U値:1.23W/㎡K(Low-E トリプルガラス仕様)] :断熱玄関扉[U値:2.33W/㎡K] 換気 :第一種熱交換型換気システム 熱交換率82%

    タイコーアーキテクト
    • 1850
    • 18
  2. プライバシーと開放感の両立が成功した住まい

    大阪市の中心部に位置するお宅のため、採光とプライバシー確保を両立させることを考えたプランとなっています。光と風を効率的に集めるためにリビング上部には大きな吹き抜けを配置。見上げれば空の見える、気持ちの良い空間です。 また、二階のリビングにつながる10帖の広さがあるバルコニーもこのお家の特徴です。 将来はテーブルやチェア、それにグリーンもそろえてアウトドアリビングとしての活用も。フロアごとに樹種を変えたフローリングも室内の落ち着きのある空気感を醸し出しています。

    タイコーアーキテクト
    • 1467
    • 8
  3. 大人のカフェを意識した三階建て南向きパッシブハウス

    「母屋のとなり、同一敷地内に離れを建てたい」そんなお話からはじまったH様邸。南向きの立地条件を最大限に活かしたプランを目指しました。 敷地の南東に位置する、もともとガレージ・納屋のあった場所が、建築地となりました。 外観のデザインは、シンプルな形状ながら庇をしっかりと出し、吹き抜け側に大きな窓を配置したパッシブ設計。2台駐車可能なビルトインのガレージシャッターを「木調」アクセントとし、そこに旧家に使われている「漆喰壁をイメージした白」と「いぶし瓦をイメージした灰色」の3色使いとすることで、町・そして母屋の風景になじむようにデザインしました。「現代の蔵」とはこういったイメージなのかもしれませんね。 青空とのコントラストが美しいお家です。 お住まいになりながら、現在の母屋との断熱・気密性能の違いを感じていただけるお家になったのではないでしょうか?

    タイコーアーキテクト
    • 2095
    • 10
  4. 都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

    都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。 土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。 各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 1817
    • 5
  5. スキップフロアでつながる 伸びやかな空間のパッシブハウス

    まるで公園の中に住んでいるような当社の新しい街づくり「ビレッタ」の中にあるコンセプトハウス。 緑豊かな街の中のスキップフロアの家です。南北に長い敷地と高さを利用したスキップフロアによるパッシブデザインは、光と風を流れるように北側の部屋に届けます。SOWE DESIGN 2012 西日本グランプリにも選ばれました。 スキップフロアを構成するにあたり、SE構法の構造が最大限活かされています。また、都市型の狭小地でも、プライバシーを気にせずに十分に採光・通風が取れることがこの家のサブコンセプトです。家全体が一室空間となっているため、どの場所からも庭の緑や青い空が楽しめる空間は「プライスレス」です。 是非、一度 当社の設計コンセプトを体験しにいらしてください。

    タイコーアーキテクト
    • 2387
    • 18
  6. <ナチュラルインテリア>家族図書館のある南向きパッシブハウス

    閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。 分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。 ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。 LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか?検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。 建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

    タイコーアーキテクト
    • 3955
    • 24
  7. バリアフリーの床暖房がある高気密高断熱住宅

    相当な築年数が経ち老朽化した木造住宅では、今後、加齢を重ねていく上で、安心・安全に暮らしていけるのだろうかとの不安から、当設計事務所にご相談に来られました。将来迎える行動の肉体的鈍化に対して、住まいの使いやすさ・安全がリフォームでは、抜本的な対処に限りがあるため建て替えをお薦めし受けいられました。お客様のご要望である住み慣れた以前の住宅の間取りを基本に、安全性を重視した動線の短縮化・簡略化、収納の効率化、住宅内のバリアフリーの要素をふまえ

    無二建築設計事務所
    • 1527
    • 2
  8. OB様邸暮らし体験会|北欧インテリアのお手本 1.5世帯リボンウィンドウハウス

    2018年7月28日(土)14:00-16:00 タイコーで実際にお家を建てられたOBのお施主様邸見学会を開催いたします。 ・家づくりを何からはじめたら良いのか分からない。 ・会社選びで迷っている ・家づくりに不安を感じている そんな時には実際に家を建てた先輩にお話を聞くのが一番だと思いませんか? 家を建てようとしたきっかけからタイコーに決め、家を建てて住まわれるまでの経緯。 家づくりの中でよかったこと、こだわったこと、苦労されたこと、また、実際に住まわれてからのご感想などを直接OBのお施主様から聞くことが出来ます。 気になっていることや不安なことも直接OB様にご質問できる機会となっています。良いことも悪いことも包み隠さずお話いただけると思います。たくさん質問をしてたくさんアドバイスをもらって下さい! また、新築してすぐの完成見学会ではあまり想像することの出来ない実際の暮らしも、自分に置き換えて想像しやすいのではないでしょうか?

    タイコーアーキテクト
    • 3147
    • 4
  9. プロが教える!3歩先の家づくりセミナー

    理想の住まいについて、あれこれと考えを巡らせるのは本当に楽しいもの。 様々な情報が行き交う今の時代、正しい情報を集め、適切な判断を下すことは難しいように思われます。 タイコーの家づくりセミナーは、皆様が正しい知識を持った上で、真の豊かな暮らしを手に入れるための家づくりの基礎知識を学ぶことの出来るセミナーです。 これから家づくりを始める人や、家をどう建てればいいかお悩みの方など、様々な段階におられる皆様に、このセミナーを受けることで今一度「豊かな暮らし」とは何か。家づくりでは何を一番に考えるべきなのか。を考えるきっかけを掴んでいただき、お家づくりの参考にしていただきたいと思います。 <開催概要> 日時:2018年3月4日(日)13:30-16:00 場所:東鴻池太閤苑コンセプトハウス(〒578-0973東大阪市東鴻池町5-9-21) 講師:株式会社タイコーアーキテクト代表取締役 羽柴仁九郎 駐車場:あり 定員:3組まで 参加費:無料 申込方法:完全予約制のため、弊社HPご予約フォームもしくはお電話(フリーダイヤル/0120-01-8500)よりご予約下さい。※先着順ですのでお早めにご予約ください。

    タイコーアーキテクト
    • 1793
    • 1
  10. 【特集】モダンインテリアで上質なリビング空間

    タイコーの施工事例から、モダンテイストで上質な空間を演出したリビング空間をピックアップしてお届けいたします。 ・リビング上部には吹き抜けで開放的な空間にしたい ・リビングは2階に持ってきて光を取り込みつつも天井は低くして落ち着く空間にしたい ・とことんインテリアにこだわってスタイリッシュな空間にしたい お施主様のたくさんの想いが詰まった素敵な空間をお楽しみください。

    タイコーアーキテクト
    • 2398
    • 9
  11. Green House

    鎌倉の緑の中にある住まいです。 北側は交通量の多い道路に面していますが桜並木が美しく、また南側は調整区域で山の景観がそのまま保存される好立地に位置しています。 室内の床や建具は無垢の日光杉の造作で、壁や天井は特殊セラミックビーズを包含した断熱・遮熱左官材を塗っています。 鎌倉の自然の中で、耐震等級3相当の堅牢性と高い防犯性、高い断熱性を得ながら、南北の風の通り抜けを考慮したパッシブデザインとし、自然素材をふんだんに使用した健康で安全な住まいを目指しました。

    菅原浩太建築設計事務所
    • 734
    • 1
  12. 中庭を囲む高気密高断熱住宅・T-HOUSE morioka

    山裾の傾斜地に位置し、眺望を取り入れながら、プライバシーを保ちつつ、庭を囲むように計画された住宅。 寒冷地、積雪のある地域で、高気密高断熱の夏涼しく冬暖かい家を、現地の気候や仕様に詳しい工務店チームと協力し、施主様の望まれたモダンなデザイン・納まりを実現させたもの。 共働きのための車2台と、忙しい毎日の間に眺めるバイク1台を格納するビルトインガレージ。積雪地のための物置収納などが必要とされ、それらと母屋や中庭との位置関係と、それらが美しくまとまって見えるよう、外観デザインに工夫をこらした。 中庭を囲にで平面的に広がる住宅は、コンパクトで高機能な高気密高断熱住宅のセオリーから外れるのですが、PSヒーターや、熱交換型の換気設備で性能を補いつつ、デザイン・暖かさ・住みやすさ・広さのバランスを保ち、総合的な満足感を目指し、とてもご満足頂くことができている。 ・設計監理 :大坪和朗建築設計事務所 ・コーディネート :有限会社 清水畑建設 はた計画設計室 清水畑貴彦 ・施工   :有限会社 米沢工務所

    大坪和朗建築設計事務所
    • 1768
    • 11
  13. 夏涼しく冬暖かいエコ住宅(高気密高断熱住宅)

    「幼い子供たちがすこやかに安全に過ごせる住宅がほしい」そんなご両親の想いに建築家の設計力で応えた自然素材をふんだんに使用した注文住宅です。 この住宅は、柱の外側からすっぽりと高い断熱性能を有する断熱材で住まい全体を包む外張り断熱工法です。 断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。 外張り断熱では柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。 そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。 外張り断熱で建築された住宅は、まさに魔法瓶の中のように冬はほわっと暖かく、夏はさらっと心地よい。床のヒノキの無垢材の風合いとあいまって、家中にやわらかい空気が漂います。 お子様がのびやかに暮らせるような間取り・空間構成のもと、床にはヒノキ無垢材:自然素材やオリジナル木製階段で人の五感に優しい住宅であります。   依頼主さまよりご要望がありましたランニングコストの軽減を図るため、高気密高断熱(冬暖かく・夏涼しい冷暖房の効果が効きやすい住宅)に配慮した外張り断熱を施し、太陽光発電とオール電化を導入したエコ住宅、耐震+制震で地震に対して安全性を高めた住宅設計を施しております。 建物の外形をほぼ直方体で屋根を片流れ形式とすることによりコスト(坪単価)の軽減に努めています。

    無二建築設計事務所
    • 2231
    • 3
  14. 軽井沢・灯りの家/別荘

    日当たり良い立地で、綺麗な芝生のある土地に別荘設計を行いました。 周辺との景観バランスを考え、平屋建て37坪としながら、デッキ13坪のある、ゆとりのある空間で、ゆったりと過ごせる空間となっています。 また、断熱計画をする際に、音への配慮計画もあったため、高気密高断熱を実現するために東北地方を拠点におき、室蘭工業大学教授/鎌田紀彦先生が代表理事の「新住協」というNPO法人の仕様を採用することとし、工事は、このNPO法人のマスター会員が施工するという体制としました。 外観デザインは、景観に配慮した色彩計画とし、素材も板壁とし、屋根勾配は、浅間山を南側からも見れるよう、緩やかな勾配としました。 室内デザインは、建て主のお気に入りの家具や照明器具を、床や壁の素材、窓、水栓、キッチン、照明、色彩、薪ストーブなど、空間デザインで際立たせるようにしました。

    一級建築士事務所アトリエ カムイ
    • 919
    • 9
  15. 家族が健康で暮らせる住まいは、マイナスイオンが豊富な「還元環境の家」

    家族が健康で暮らせる住まいとは? 住んでいるだけで血液サラサラ、免疫力が向上してくる魔法のような家です。 そんな家あるわけ無いし。とか、あったらいいね。って思われたあなたは読み続けてください。 そして、実際に建っている住まいなどの建物に足を運んでみてください。 最近は、健康住宅という名の「高気密高断熱住宅」で「準不健康住宅」他なりません。 高気密高断熱にすることで建物内の温度差は減らせるかもしれません。 そうすると温度差から引き起こされる心筋梗塞なんかは減らせるかもしれませんね。 それから窓を閉め切っておけば花粉や埃も入ってきにくいかもしれません。 そしたら、家の中では花粉症の症状はおさわってるかもしれません。 でも、本当の健康住宅とはこんな家じゃないのです。 健康であるためには、室内環境が電子が豊富で帯電しにくい環境であるといいです。 電子が豊富な環境とは、滝壺や酒蔵など清々しい空気環境になっています。 まるで、家の中で森林浴しているかの様な住宅なのです。 こんな家は、窓を開けていても埃や花粉など帯電しているところに寄せ付けられる物は反発して入ってきにくくなります。 また電子は、シックハウス症候群を引き起こす揮発性化学物質を無害な安定した物質に化学変化させる様です。

    有限会社藤戸工務店
    • 884
    • 5
  16. お茶室のある住宅

    おとなしいデザインの中に、高い性能と使い勝手を追求した住宅です。金物工法(SE構法)により大きな空間ながら高い耐震性を確保し、高気密高断熱と地中熱利用のパッシブデザインで自然エネルギーを活用し、省エネで快適な住宅です。プランは1階は大きな食卓を中心にしたLDKと、そこに連続した多目的に使えるお茶室兼用の和室、2階は主寝室と将来仕切ることもできるオープンなフリールームで構成しています。高耐震の金物工法と省エネのパッシブデザインが可能にした開放的な空間です。

    SUR都市建築事務所
    • 1034
    • 10
  17. 今日は3.11です。

    今日なりの特別な思いがございまして、筆を取らせていただきました。写真に簡単に纏めましたが、H様宅新築工事引渡直後に東日本大震災がございました。私自身はマンションに住んでおりましたので、毎日の揺れで酔いそうなほどであった事を思い出します。 計画停電が一番辛かった時、H様宅に良くお邪魔致しました、コンセプトが地震に強い事とオール電化住宅でインフラの出費を抑える、そして、不利な立地を最大限活かした家を創ると言う事でした。 難問だらけでした、四角い家が一番強いのですがそれにはデザインや機能を持たせる事が一般的を凌駕する事が出来ないと言う本質的な物から逃れられないジレンマで構造の人間と長く論議して作ったのがH邸でした。 正直数字上では耐震性は高いのですが、間崩れが土地を一杯に使っていますので 震災後は心配でしたが、びくともしていませんでした。‘凄いねぇ‘とH様とうなづきながら夜を過ごしたものでした。経験って大事ですと私も言えるようになった新築一戸建て住宅でした。 時間を見て現況も写真を撮らせて頂き少しづつup致します、ご興味のある方は又来訪下さい。

    アースデザイン(ズック株式会社)
    • 891
    • 10
  18. 仕事場のある住宅

    敷地の制約からコンパクトですが、非常に高性能な住宅です。耐震性能、断熱性能など最高水準で仕上げも自然素材をふんだんに使っています。空調は暖房は床下エアコン、冷房は通常の壁掛けエアコンですが、地中熱利用のパッシブデザインで非常に省エネかつ快適です。自宅で仕事をされるクライアントなので2階に機能的な仕事部屋があります。

    SUR都市建築事務所
    • 1129
    • 4

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    30件中 1 - 20 件を表示