面白い

「面白い」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「面白い」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【奥さま、映画の時間です#19】ハンドメイドとDIYアイデアで勝負した「面白い」映画

    手作り感があるもの、出来は少し荒いかもしれませんが、かけがえのない魅力がそこにはあります。DIYやハンドメイドに日々力を入れられる奥さま、そこには奥さまなりの、奥さまにしかできない表現がきっと詰まっているはずです。そこで今回は私、映画コンシェルジュから、低予算で作られて大ヒットしたDIY映画や、ハンドメイドの魅力がたっぷりと詰まった名作をご紹介いたします。観たことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハンドメイドの視点から改めてみてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

    映画コンシェルジュ
    • 1989
    • 10
  2. 【奥さま、映画の時間です】映画で毎日の生活を彩る魅惑の作品たち【これまでの連載一覧】

    奥さま、改めまして私、奥さまが映画を通して癒しのお時間を過ごしていただくために日々精進しております映画コンシェルジュでございます。奥さま、映画は観られますか? 映画はおよそ2時間かかってしまう、というご意見もあるかと思いますが、映画には人の心を動かし、そして1本の映画がその後の人生に影響を与える可能性もある不思議な魔法があります。かく言う私もその一人。それではこれまでの連載を振り返ってみましょう。私と共にめくるめく映画の旅をお楽しみください。

    映画コンシェルジュ
    • 931
    • 4
  3. 頭が器?の宇宙人「ワビーニョサビーニャ」

    頭が陶器の器になっていて正座をしている宇宙人の作品をご紹介させていただきます。 この作品シリーズは 『ワビーニョサビーニャ』という 陶器の作品シリーズで 器を擬人化した作品です。 手足が細長く、頭の器が大きいので シルエットは宇宙人のようですが 頭部は陶器の器としてちゃんと使えますので いま人気の多肉植物を植えたり、 苔玉を置いたりできますし、 盃のように使える作品や、お抹茶碗として 使える作品もあります。 もちろんそのままオブジェとして 窓辺に飾っておいていただくだけでも おすすめです。 アート作品としての もともとのコンセプトは、 「古代の日本から存在する 《八百万》(やおよろず)という考え方が ベースになっていますが、 あまり固く考えるコンセプトよりも 作品と目があった時に、誰かにクスッと 笑ってもらえたらいいなと思いながら 作っています。

    ワクイアキラ
    • 2500
    • 23
  4. PRODUCE 成瀬店

    『間仕切りで「間」をつなぐ』 敷地は、町田市にある住宅街である。美容院は道路と面しているが、間口に対して奥行きが3倍以上ある、縦に長い空間である。 このような空間の環境において、外部との関係をどのように保ち、影響を受け合っていけるか。 美容室に必要なエレメントだけを抽出し、「視覚」をテーマに設計をすすめた。 昨今の店舗空間において、客のプライバシーを守るために空間を細かく仕切ったり、外部と内部のつながりを入り口のみに限定するという手法が多用に行われている。 その行為自体は、一人一人の「個」の空間は豊かになり、評価されるべきものであると考えるが、私は、全体の空間としての魅力は失われていっているのではないかと感じる事があった。 そこで、私は、必要なエレメントである仕切りを残したまま、同時に全体の空間につながりを持たせるために、間仕切りによって「間」を繋げることは出来ないかと考えた。 実際の設計としては、外壁(外と中を区切る間仕切り) +パーティション1(待合いとカットスペースを区切る間仕切り) +パーティション2(カットスペースとシャンプースペースを区切る間仕切り) +パーティション3(シャンプースペースと半個室カットスペースを区切る間仕切り) +パーティション4(シャンプースペースとディスペンサリーを区切る間仕切り) の5枚の間仕切りが、それぞれ単独で見ると通常の間仕切りだが、全体として合わさると、一枚の風景となるように設計した。 さらに、それらの間仕切りを視覚的に繋ぐために、太陽の光を表現するホリゾントを放射状に配置し、また、太陽が水面に映り込んだ姿として、タイルの目地を2色使用し、放射状の目地を作った。 その結果、仕切られた空間を1つの空間に還元することが出来、一枚の絵に空間という息吹を与えることが出来た。

    株式会社KAMITOPEN一級建築士事務所
    • 606
    • 6

おすすめ

話題のキーワード