地産地消

「地産地消」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「地産地消」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【松本ホテル花月】マスターソムリエの厳選ワインを愉しむ!第1回「ながのテロワールとワインの会」◆2018年1月...

     アゴーラ・ホテルアライアンスの松本ホテル花月(所在地:長野県松本市大手4-8-9 客室数:89室 総支配人:石井 幸太郎)は、総料理長 須崎武によるこの日限りの特別コースと、マスターソムリエ 高野豊氏のセレクトワインのペアリングを楽しめるイベント「ながのテロワールとワインの会」の第1回を2018年1月13日(土)に開催いたします。

    PR TIMES
    • 151
    • 1
  2. 自分たちで伐った木を使って地産地消の家づくり

    施主様が河口湖近辺の山を所有しており、その山から伐り出した木を使用して建てた家。親子で伐採を体験した。 伐り出した木を製材、乾燥するまで約1年。施工者の経験を生かし、伐り出した材を無駄なく使って心地いい自然素材の家が出来た。 使い勝手を考えて1階の一部屋を衣類用クローゼットとし、子供たちが大好きなロフトや、8匹の猫たちが遊べるキャットルーム、ピアノやバイオリンを奏でるための部屋なども設けている。春には大きな窓から庭の桜の木を眺めるのが楽しみだ。

    有限会社 中村建築事務所
    • 356
    • 1
  3. ダブルデッカーハウス

    都内に建つ木造長屋。別々の玄関を持つ2つの住戸が上下に重層しています。このプロジェクトでは、環境への配慮と住まいの温熱環境向上を強く意識しました。軸組には東京多摩産の杉材を使用し、セルロースファイバー充填断熱やコンクリート躯体の外断熱、夜間蓄熱式の床暖房や高性能サッシを採用するなど、建設時と生活時の双方においてCO2の排出を抑制することを目指した全電化住宅です。低燃費で快適な都市生活を当り前に実現するため、人と建築と環境の関係性を複眼的に追求しました。 所在地:東京都大田区 主要用途:長屋(2戸) 施工:分離発注 構造:木造+RC造 規模:地下1階/地上2階 敷地面積:95.40m2 建築面積:62.85m2 延床面積:134.52m2 竣工:2008.11 撮影:矢野紀行/ナカサアンドパートナーズ

    株式会社アトリエハレトケ一級建築士事務所
    • 622
    • 3

おすすめ

話題のキーワード