建具のアイデア(3ぺージ)

開口部に設けられた障子や襖(ふすま)・窓・ドア・戸などの可動部分と、それを支える枠(建具枠や鴨居、敷居)などの総称。

  1. 玄関土間が特徴的なナチュラル空間

    兵庫県神戸市の中古分譲マンションをリノベーション。 リビングは無垢のフローリングと白い壁紙が空間をナチュラルな印象に。 随所に見られる造作の建具や回転窓が心地よい暮らしを愉しむ空間を演出。 自転車や趣味のもの等を置いても出入りが狭くならないように玄関土間も広めに取りました。

    株式会社Standard
    • 1354
    • 3
  2. 隠したり仕切ったり、家族とつながったり。空間を変えるいい「ドア」のアイデア

    どこのお家に必ずある「ドア」。部屋と部屋をつないだり、見せたくないものを隠したり…実は空間を左右する、とても重要な役目を担っています。面積も大きいので、デザインもこだわりたいドア。リノベーションした人は、どのように決めているのでしょうか?

    スタイル工房 stylekoubou
    • 3324
    • 13
  3. 室内に仕切り壁を作るリフォームにかかる費用・相場は?

    室内に仕切り壁を作るリフォームによって壁を作る場合には何通りかの方法があり、その選択によってかかる費用も変わってきます。なので、さまざまな事例を参考にしながら比較検討し、使い方や予算、家の構造などに合った方法を選ぶ必要があります。今回は、仕切り壁をつくるリフォームにかかる費用についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 125750
    • 20
  4. 居間と寝室がつながる家-建具で明るい寝室と 開放的な居室を実現-

    東陽町にある、築30年のマンションの一室をリノベーションした。 クライアントは、幼い子供のいる若い夫婦で、友人を家に招くことが多く、広く開放感のあるリビングと朝陽が入る寝室が求められた。 間口に対して奥行方向が長い一般的な3LDKの間取りだったため、陽が入る方向は南側の一方向に限られている。そこで、寝室への自然光はリビングを介して取り込み、間仕切りにガラス入りの大きな引き戸を設けた。 また、既存の壁を活かしながら、それぞれの部屋の間仕切りを取り払い、必要に応じてガラス入りの建具で仕切ることで、南側の窓から入った自然光が、キッチン、リビング、ダイニング、寝室、玄関へといきわたるようにした。 広いリビングの一部は、将来的に子供が増えて個室が必要となったときには、子供部屋として仕切れるように考えてある。

    aidaho
    • 1649
    • 11
  5. オーダードア 楢(ナラ)

    楢(ナラ)の框組ドア 框(かまち、ドア両側の木)の幅20センチ超 ハンドル部分はシンプルなアイアンバーとの組み合わせ。 サイズ:W800 H2200 D40 (片面) 素材:樹種は以下で製作可能 ブラックウォールナット・ブラックチェリー・水目桜・栃・タモ・オーク・杉・桧・栗・楢・欅・チーク・メープル・パドック・アフリカンパオロッサ・オーク・ブビンガ その他ご希望の材料を世界中から探します。

    SSD建築士事務所株式会社
    • 700
    • 6
  6. 木窓のある家-光と風が通る家

    千葉県松戸市にある築33年のマンションの一室をリノベーションした。 クライアントからの具体的な要望として、対面型キッチンを有する明るく開放的なリビング、玄関を入ったときに直線的にリビングが見えないようにすること等が求められた。 間取りは、間口に対して奥行き方向が長い一般的なマンションの間取りに、寝室とウォークインクローゼットをプラスした4LDKで、陽が入る方向は南側の一方向に限られるため、南側には寝室とリビング、対面するキッチンを配置し、直線上にあった玄関と廊下の芯を1mほどずらすことでリビングのプライバシーが守られる計画とした。 共用廊下に面する窓は、玄関に広めの土間を配置し、共用部からワンクッション置くことでプライバシーを守りつつ、通風と採光を確保できるようにした。 将来子ども部屋として考えている予備室は、外部に接しないため、明かり窓を両側に設け、採光と通風を確保している。子供が成長するまでは家族共有の予備室として、収納や客間として利用され、子どもが増えた場合は家具等で仕切り、個室として利用できるよう考えてある。 主要用途: 住宅 設計:株式会社AIDAHO 施工: 東京トーワサン株式会社 椅子:テーブル、ソファー:WOODWORK 所在: 千葉県松戸市 延床面積: 84.18㎡ 竣工:2014年12月 写真: 本多康司/本多康司写真事務所

    aidaho
    • 1144
    • 4
  7. 無垢 ウォールナット チェア

    四角い無垢一枚板とアイアンを組み合わせた素朴な形。 無垢 肘掛けチェア優しい質感で身体を包んでくれます。 ずっしりとした重みに、身体を預ける安心感、 肘掛けを加えることでゆったりとくつろげます。 この椅子は「無垢の木 ブラックウォールナット」で作りました。 背もたれ、座面、肘掛けに厚みをとり、贅沢に無垢の木を使用。 サイズ:W400 H880(座面415 肘掛け335) D470 素材:樹種は以下で製作可能 ブラックウォールナット・ブラックチェリー・水目桜・栃・タモ・オーク・杉・桧・栗・楢・欅・チーク・メープル・パドック・アフリカンパオロッサ・オーク・ブビンガ その他ご希望の材料を世界中から探します。

    SSD建築士事務所株式会社
    • 811
    • 2
  8. バリアフリー改修で生き生きアンチエイジング!

    年老いたご家族のためのバリアフリー改修の事例です。ただ機能的に生活しやすいようにするのではなく、どうせなら楽しく明るく暮らしたいですよね。鞍城建設ではそれを家づくりでお手伝いします。ちょっとしたわくわくやドキドキ、ときめきで気持ちが明るく前向きになることでアンチエイジングも夢じゃない!?

    鞍城建設
    • 2076
    • 30
  9. アクセントカラーでメリハリのある元気なインテリアです。

    ご高齢のクライアントさん。お一人暮らしでしたが、親族が集える独立したお住いを希望され新築した小さなお家です。明るく元気なインテリアとなるよう、アクセントカラーでメリハリのあるコーディネイトとなっています。畳床の和室ですが、現代的な建具の使い方を提案させて頂いてます。

    KANDAYA
    • 1036
    • 6
  10. 閑静な城下町に並ぶ家

    メイン通りから一つ抜けた城下町の閑静な住宅街に並ぶ家。古臭くならない、でも流行には乗らない鞍城建設の上品で繊細なデザインが際立つ家。丁寧に和が練りこまれている。奥様の仕事場となる部屋は多用途に使える用仕事場兼リビング兼仏間に。介護も見越してコンパクトな間取りにしているが廊下や出入り口は車いすが通れるよう幅がしっかり確保されている。

    鞍城建設
    • 1527
    • 8
  11. Dias #102

    築20年ほどのハウスメーカー製賃貸物件のリノベーションです。一般的な賃貸物件は、築年数が経つにつれて建築としての魅力が失われていくため、単純な現状回復リフォームでは家賃と入居率の低下に歯止めがかかりません。長期的な視点でみれば、どこかのタイミングでコストがかかってもプランを含めた抜本的なリノベーションを行い、劣化しにくい価値をもつ物件へと転換する必要があります。ありきたりなワンルームをできるだけシンプルで広く使える間取りへと変更し、ナラ無垢フローリング・ウッドデッキ・モルタル床など素材感のある仕上げや、カウンター・木製建具など現場製作品を使用した設計を行うことで、より良く・より長く入居者に使って頂ける空間をつくりました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1162
    • 8

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    75件中 41 - 60 件を表示