家事導線

「家事導線」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「家事導線」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ライトコート(中庭)とオープンテラスがある家

    30代前半の夫婦と4人のお子さんの6人家族が住むこの家は、それぞれの部屋面積は小さめですがそれを感じない空間構成やアイディアを駆使して、5・L・DKで延床面積は39.55坪、総工費は2,000万円台前半に抑えるえることができました。 さらに大家族だからこそ必要と思われる、シューズクローク,ウォークインクローゼット,家事コーナー,パントリー(食品庫),ロフト(物入),が含まれ、2つの子供部屋も将来簡単に4部屋にできるようにしました。 メインのDKとL(将来ピアノ教室に使用するので防音仕様)と水廻りは、日当たりと風通しの良い2階に配置し、屋根勾配を利用して天井を高くすることで、面積以上の広さと快適性が生まれました。 又、奥さまの家事動線を最小限に押さえるため、キッチン・パントリー・洗面脱衣(隣は浴室)・ダイニングが一周できるように工夫しました。 これから数年多くの家事をこなさなくてはいけない奥様、又それを手伝うご主人にとって、とても便利で快適な住宅が完成しました。

    ㈲滝下秀之建築アトリエ
    • 949
    • 5
  2. 共働き・子育て世帯が建てた住まいを楽しむ家

    東京都の閑静な住宅街に家を建てたN様邸は共働き・子育て世代。 仕事に家事に育児にと忙しい毎日を、家事導線や様々な収納アイデアで快適にしました。 こちらのお宅は植栽を植えられたパティオやタモ材を利用して作られた造作家具があり、 また隣家の視線を遮るための天井窓から採光をとり、照明との両使いで明るく開放的なリビング空間がしあがりました。 日々の暮らしを快適に。 また、ノビノビ暮らせる工夫が満載の御自宅です。

    カキザワ工務店
    • 2838
    • 15
  3. 現代的でモダンなデザイン

    若い世代の感性にも受け入れられるシンプルモダンなデザインをベースに、設計にも無理なく環境に優しい暮らしができる、意識をしなくとも家族と過ごす時間を大切にできる、といった若年層が求めるエッセンスを取り入れています。 外観の印象を左右する屋根の形は、寄棟、切妻、片流れのいずれにも対応。

    「最高の普通」を実現する住まい(エースホーム㈱)
    • 1221
    • 9

おすすめ

話題のキーワード