世田谷区

「世田谷区」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「世田谷区」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 9月に新オープン!新感覚フィットネスクラブ〔TSUTAYA Conditioning〕で、こころとからだを整える体験♪

    9月29日(金)に桜新町にオープンする、〔TSUTAYA Conditioning〕。普通のフィットネスクラブとは一味違うコンセプトで、忙しい女性たちに「こころとからだを整える」空間を提供してくれます。今回はオープン前に中の様子を見学してきたので、ご紹介します!

    LIMIA おでかけ部
    • 5847
    • 7
  2. 建てた人に聞いてみよう!建築家との家づくり

    「建築家」ではなくて、「建築家と家を建てた人」に聞いてみたい! という方向けのイベントが、 建て主さん主催による 建て主さん目線の家づくりセミナー 「建てた人に聞いてみよう!建築家との家づくり」です。 ご好評により、今回で、8回目の開催になります。 建て主さんが、土地探しから依頼先の検討、設計打ち合わせ、 工事中のエピソード、住み始めてからの感想など、 家づくりの体験談をリアルにオープンに語って頂けます。

    アトリエ橙(DaiDaiDesign)
    • 2297
    • 7
  3. 翡翠色の美しい和紙を挟み込んだ特注のガラスがお出迎え--コーポラティブハウスの賃賃貸物件---

    マンションなのに、自由設計ができる【コーポラティブハウス】いわば注文住宅のマンション版。中古リノベとはちがう、新築マンションで自由設計。しかも小規模マンションならではの緩やかな繋がり・コミュニティができていく。そんな「家を買う」のではなく「家を創る」という経緯も楽しむコーポラティブハウス。所有するだけでなくオーナーの都合で賃貸物件になっているものもあります。そのこだわりの賃貸をご紹介。

    株式会社コプラス
    • 2064
    • 8
  4. RC住宅の基礎を見てみよう!

    有難うございますJPホームです。 建物をしっかりと支える役目を果たす大切な構造なのが基礎です。 言葉通り正に家の礎となり、地面と建物をしっかり繋ぎとめる訳ですから、地震や台風などの自然災害に強くなければなりません。 そのため強固な材質で造る必要があり、木造住宅でも基礎はコンクリートで造られています。 しかしながら家が建つと見えない部分になるので、華やかなインテリアや内装のお話とは異なり、役割の割には地味な存在です(ちょっと残念)。 形状もコンクリートで造られた平面の固まりですから大切なのは分かるけど、見た目ではあまり感想は出ないと思います。 しかし、このコンクリートの中には、大量の鉄筋が組み込まれています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 2628
    • 11
  5. 愛着のある家具の修理 テーブルの塗装直し (突き板タイプ) ノックオンウッド 自由が丘 海老名店

    テーブルの塗り直しの実例です。 こちらは無垢の商品では無く突き板の物をご紹介致します。 突き板とはその名の通り板を薄く突いた物で厚みは約0.3ミリ、、 それを下地合板の上に貼り付けた物を使います。 デザインが選べる反面保護する塗膜がやられると劣化が進み易く 最悪の場合は交換することになりますので早めの塗り直しが必要な素材です。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 7532
    • 5
  6. 元請と下請 安全管理と品質管理

    10月14日に国土交通省より公表された「建設工事における一括下請負 の判断基準」について紹介します。 横浜の分譲マンション傾斜問題では、地盤改良業者の施工不良はもちろんですが、 工事における多重請負形態が明らかになりました。 国土交通省は一括下請負の判断基準を設け、元請側・下請側に課せられる役割 を具体的に明確化しました。 ★元請が果たすべき役割★ ・施工計画の作成(工事全体、下請負人が作成した施工計画書の確認など) ・工程管理(工事全体の進捗確認、工程調整) ・品質管理(下請負人からの施工報告確認、立会確認) ・安全管理(安全確保のための協議会設置&運営、作業場所の巡視など) ・技術的指導(現場作業に係る実地の総括的技術指導) ・その他(発注者との協議・調整、コスト管理、近隣住民への説明など) ★下請が果たすべき役割★ ・施工計画の作成(請負った工事範囲の施工要領書など) ・工程管理(請負った工事範囲の進捗確認、工程調整) ・品質管理(請負った範囲での工事に関する立会確認、元請人への施工報告) ・安全管理(安全確保のための協議会参加、現場巡回への協力など) ・技術的指導(現場作業に係る実地の技術指導) ・その他(元請人との協議、元請人からの指示・判断への対応など) 元請は全て、下請は請負の範囲で役割を果たすことが求められます。 リフォーム工事を外壁塗装などの請負では足場を 含み、全て塗装業者におまかせなどというケースはありがちかと思います。 不動産業の仲介時などに発生したリフォーム工事を 請負って、リフォーム業者に丸投げするケースがあると聞いています。 今回の判断基準に基づく元請・下請間での役割分担を 明確にし、確実に実行することで業法違反やエンドユーザーからのクレームを 回避していきたいものです。 【国土交通省 報道発表資料】 建設工事における一括下請負の判断基準を明確化しました http://www.mlit.go.jp/common/001149210.pdf 添付資料(別紙1・2・3) http://www.mlit.go.jp/common/001149211.pdf http://www.mlit.go.jp/common/001149208.pdf http://www.mlit.go.jp/common/001149209.pdf

    ジョン石橋ビルダーズ
    • 667
    • 5
  7. House S

    地を這うがごとく水平方向に広がる伝統的な日本建築は建具を開け放すと内部空間が外部の一部になる、あるいは外部が一部内部化されるような内と外の曖昧さやその距離の取り方の自由さを建具や縁側等豊かな建築要素で表現していた。 生活空間が水平よりも垂直方向に延びていく今日の都市的傾向の中、都心に程近いアトリエ兼住宅の設計において中低層住宅が無造作に林立する界隈と法規上最大限確保した内部空間との関係に自由度を与えるファサード全面の建具、法規上面積に計上されない外階段を含む、垂直方向に積層されながらも光や風を通す縁側的緩衝空間を設えることで伝統建築の豊かさや快適さを今日的に読み替えることを試みた。

    岸雄一郎建築都市設計事務所
    • 524
    • 1

おすすめ

話題のキーワード