2世帯住宅

「2世帯住宅」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「2世帯住宅」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 西宮のリノベーション

    兵庫県西宮市の住宅街に建つ、3階建ての建物のリノベーションです。 親世帯が住んでいた建物を、2世帯住宅にリノベーションしました。 元々あった建物は鉄骨造。数年前から他の場所での、新築の検討もしていましたが、最終的には、実家のリノベーションを進めることになりました。 既存の建物は鉄骨造ということもあり、内部の柱が少なく、プランの自由度がありそうでした。 そうしたことから、希望される住まいが実現できるのではないかと、リノベーションのプランを提案しました。 1階は親世帯の使い勝手を重視して、親世帯の部屋、両世帯が利用する洗面、浴室、WCを配置。親世帯の部屋にはミニキッチンを設置しています。 2階3階は、子世帯の住まいに。2階は間仕切りを取り払い、できるだけ広い空間を取ることに。 バルコニーをデッキとして、大きな開口を設けることで、内外のつながりをつくっています。 キッチンはオープンキッチンをデザインして、たっぷりと収納を設けました。 階段をガラスで仕切ることで、圧迫感を減少させ、上下階とのつながりを持たせています。 壁と天井は漆喰仕上げとし、スチールや無垢材なども、仕上げ材として利用しています。 3階は、寝室に子供室を配置。3階の子供室は、将来の間仕切りができるように計画し、3つの子供室がつくれるように考えています。 全体としては、外装は綺麗な状態でしたので、手を入れず、内部は壁を取り払い、断熱材を追加していきました。 リノベーションは大きさに制約のある中で、希望の住まいをどう実現するか、というのがプランの大きなポイントです。今回の建物は、1~3階の面積を合計すると、2世帯としても面積は満たされている建物でした。しかし、1階に駐車場と親世帯と水回り、2階は階段が中央付近に位置することでのプランの制、3階に寝室と子供室3つの部屋という面積の制約、がありました。狭小住宅の設計で培った、細かな寸法設定や家具の配置の検討をすることで、限られた面積の中、広がりも感じられるプランを実現することができました。 場所:兵庫県西宮市 竣工年:2015年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦、母親、子供2人) 敷地面積:72.45㎡(21.88坪) 建築面積:54.34㎡(16.41坪) 延床面積:152.40㎡(46.04坪) 階数:地上3 構造:鉄骨造 写真撮影:藤原慎太郎

    藤原・室 建築設計事務所
    • 716
    • 3
  2. 京都の中心でゆったりと時間の流れるプライベートコートを持つ生活空間 : 丸太町の住宅

    京都御所東側の古い市街地に計画された都市型の2世帯住宅です。 西側道路側は生活道路ながら通勤道としての利用が多く日中は往来が途切れることが無いため極力閉じた振る舞いをもたせることとした。 一方、東西に長い敷地の南側の≒1/3をプライバシーの高い外部空間とし、そこに向けて諸室全体が配置されています。 アプローチ空間の上部は2階部分が6mの吊構造によって持ち出され軒下空間を構成しています。

    in-ex design. インエクスデザイン
    • 696
    • 9
  3. 自然素材と外断熱による2世帯住宅(北烏山の庫裏)

    この住宅は、世田谷にあるお寺の庫裡。若い住職とご家族の住まいです。 法的に木造とすることができないことからRC造とし、安定した温熱環境と建物の耐久性の向上といった観点から RC外断熱工法を採用した建物です。 敷地は、お寺の境内という条件にあって、 「外観と檀家さんが使用するスペースは本堂や周辺とのバランスをとったデザイン」 「家族のスペースはカントリー調」 といったことが求められたものです。 住まいの他に、応接室、法衣室といった部屋の他、奥様が華道を教えるための部屋もある家です。 内装や建具に使用する木はバーチ材を主として、レッドシダー、たも、桧、栗の無垢材、漆喰や珪藻土(ライムコート)といった壁材、テラコッタやレンガ等を フローリング以外の床に使用した自然素材の家です。 既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで 「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」 となることを期待した住まいです。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 687
    • 1
  4. 光庭のある都市型2世帯住宅(市ヶ谷の家)

    この住宅は、新宿区内のオフィスビルの建ち並ぶ通りから、住宅地への入口付近に計画したものです。 敷地は近隣商業地域と第二種中高層住居専用地域にまたがる防火地域内にあり、また幹線道路から近いことから、 防火と騒音対策上の理由で、RC(鉄筋コンクリート)造としたものです。 2方がビルや擁壁上部に建つ隣家に囲まれた敷地にあって、階建てであっても各階の諸室に自然光が射し込み、風通しが良く、 更に周囲からのプライバシーを確保できる家とすべく、 家の中央部に設けた光庭に大きく開く家としました。 また、3層にわたるこの光庭は、2階部分では中庭として利用し、 更にこの中庭の脇に光庭やトップライトを設けることにより、1階部分へも光を導くための場としたものです。 また私が手がける他の鉄筋コンクリート造の住宅同様、外断熱工法を採用しました。 これにより、安定した室内温湿度環境を得やすいだけでなく、良質な衛生環境、結露防止、躯体保護による建物の耐久性向上を はかったものです。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 737
    • 0
  5. 黒の焼杉と大開口が象徴的な2世帯住宅|桜川の家

    旗状敷地に立つ2世帯住宅。外観は道路から見える部分に対して、大きな開口と片流れの黒いボリュームが印象的に顔を出しています。 内部の空間構成は、1階親世帯、2階子世帯の完全分離型。ともにオール電化住宅です。 1階の親世帯部分はバリアフリーを考えオール引戸。それだけではなく、玄関から真っ直ぐお茶の間に入ることが出来るベンチ付きの引戸や、ダイニングの入口に2本引きの引き込み戸を使って車椅子を想定した幅員の確保など、使い方に踏み込んだ計画となっています。 2階の子世帯では、24時間空調とし主寝室とトイレ以外扉のない、大型ワンルームの住宅としました。(ここで採用している空調システムは、息子さんのご友人で24時間空調を大学で研究している方からのご提案です。) 扉がないことは「場」の領域化が良くも悪くも曖昧になります。ダイニングは天井を高く、リビングは天井の低い代わりに畳の空間として目線が下に行くように等々、高さ方向の変化をつけていくことによって「○○をする場所」が体感として感じられるようにつくりました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 1811
    • 11
  6. 広陵町の家

    生まれ育った住まいの庭に、新居を建てたいという希望で事務所に相談に来られました。 現地に行ったところ、庭が敷地の奥にあり、新築の建築が難しい状況でした。 現在敷地に建っている、ご両親のお住まいを見たところ、面積もある程度あり、お子さんも2人が既に出て行っている状態で、空き室が多くありました。 小さな住まいの設計で培った、無駄のない設計で工夫すれば、2世帯住宅が可能かもしれないと感じました。そこで、2世帯のプラン提案したところ、気に入っていただき、計画が進むことになりました。 1階は、ご両親の住まいです。最近リフォームした水回りはそのままに、キッチン、ダイニング、リビングと3つに分かれていた空間を、一つに統合しました。廊下との間仕切りを建具にして、広く使えるように。1階でありながらも、両世帯やお子さんのご家族が実家に帰ってきたときに、皆が集まれるような広い空間となっています。 2階は、一旦すべての間仕切りを取り払い、部屋割を変更しました。 新たにキッチンを設置し、広いLDKを確保。2階の面積が限られている中、寝室、子供室、書斎、洗面、浴室、WCを設けています。改修の際に屋直や断熱などの性能も、向上させています。 一般的には数字上で広さを判断しがちですが、同じ広さであっても、プランの仕方によって感じ方は随分と異なります。個室の設計を工夫することで、限られた面積でありながらも、LDKに広がりを作り出すことができました。 場所:奈良県北葛城郡広陵町 竣工年:2013年 用途(家族構成):専用住宅(夫婦2人+子供1人(ピアノ教室)) 敷地面積:不明 建築面積:85.12㎡ (25.75坪) 延床面積:175.9㎡ (106坪) 階数:地上2 構造:木造 写真撮影:藤原慎太郎

    藤原・室 建築設計事務所
    • 656
    • 2
  7. 朝陽を向く家

    沖縄にある1階が親世帯、2階が子世帯の2世帯住宅。 特徴的な風土を持つ沖縄では、暑くまぶしい南面からの日差しよりも 神の島が存在する東向きの光が好まれる。 家族が一日のはじめに一緒にいる場所にはテラスを通して朝陽が注ぎ込む。 そんな朝陽を包み込むように建物は配置され、道路にそって外壁がそびえ立つ。 そのため街区と土地を隔てる塀を作ることもない。

    ネジアーキテクツ
    • 491
    • 6
  8. 岸和田の家

    大阪の岸和田に建つ2世帯住宅です。 3階建てでボリュームがあるため、圧迫感を感じさせないように、建物を道路面から約5mセットバックさせるとともに、 道路からは見えない位置に3階部分を配置しています。 道路側の前面には木格子を設け、昼間は、その内側に設けた中庭にほどよく光と風を導くことで、内部との緩やかなつながりを保ちつつ、 外部に対してのプライバシーも確保します。 夜は逆に、内部から放たれた光が木格子越しに漏れ、その風景が周辺環境に幻想的な雰囲気と程よい明かりを提供します。 中庭は、1階世帯と2・3階世帯をつなぐ共通の縦の空間となるため、一つの家としてのつながりを感じさせる大事な要素ともなっています。 2階のリビングは、中庭に面する全面をFIXガラスとし、日々の生活の中で常に中庭を感じられるようにしています。

    神谷徹建築設計事務所
    • 633
    • 6
  9. T-house

    ご夫婦2人にお子さん4人お母さま1人と2世帯7人で住まう家。 眺望の良さを第一に土地の段階から相談を受けてのスタートとな りました。途中から斜面となった候補地は平地より基礎に金額が かかるという部分を差し引いても十分な魅力を持った場所だと判 断し、その眺望を活かすプランとして3つの「集まる場所」を中 心に計画しました。 「集まる場所」 その1、メインの1Fリビング・ダイニングにはチェリーの突き板 仕上げの壁面に大きめのサッシを2枚連続させて断熱・気密性能を 保ちながら大きな開口を確保。 気候の良い時期にはサッシをすべて引き込み全開放できます。 その2、テラスは2Fのオーバーハングを屋根として屋外と室内と の中間層をつくっています。 夏はお子さん用にビニールプールも拡げられるゆったりサイズで、 階段からそのまま木々広がる斜面地へもつながっています。 その3、2Fのキッズリビングは4人のお子さんが主役の空間です。 自分達の物を沢山しまえる大きな本棚。その本棚を挟むことで吹き 抜けでの1Fとのつながりがお互いを感じながら適度なプライバシー も保てる距離感となっています。 高さも加わったサッシからの眺望は最高の場所です。 この3つの場所をそれぞれ場面により同時に一体的に使ったり個々 に使い分けたりと柔軟性を持った選択により、生活のうえで皆が自 然と集まる気持ちの良い場所であってくれれば…と思います。 また今回の空調計画では施主様からの提案で床下エアコンを実施し ています。完全に確立した方式ではないので不安な面もあり施主様 との打ち合わせのうえ(補助としてキッズリビングにもエアコンを 用意して)実験的要素を持っての導入です。 床下エアコンでのふく射熱による「緩やかな」全館空調と同時に、 壁面の漆くい・オイルフィニッシュの木フローリングと呼吸してく れる素材を仕上げに使うことで調湿による体感温度の心地良さを目 指しています。

    coil松村一輝建築設計事務所
    • 786
    • 8
  10. 都市の2世帯住宅|ライトウェル(光の井戸)のある家|

    都市部では敷地も狭いし、3方向を建物に囲まれてしまう環境が多く、プライバシーを保つことや、光や通風を室内に取り込むことも難しくなります。 リビングの窓から、隣の住宅のトイレの窓が・・・。などということも。 こういうのは、そもそも設計がダメなわけです。 住まいというのは、暮らしを営む家族が、周りを気にせず、明るく快適な「場」でなければいけませんね。 この住宅は、玄関だけを共有した2世帯住宅の提案です。 左右にライトウェル(光の井戸)の庭を設けて、中央に内部空間を配置しています。 光が差し込み、風が抜けていく。窓からは、中庭の樹木が見える。そんな住宅の提案です。

    長井義紀建築設計事務所
    • 866
    • 8

おすすめ

話題のキーワード