設計事務所

「設計事務所」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「設計事務所」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 35237
    • 478
  2. 【上杉のコートハウス】市街地でもプライバシーの確保と開放感を両立

    この住宅は仙台市の中心市街地に位置するため、計画にあたってはプライバシーの確保と開放感の両立を求められました。 そこで建物の配置をずらしながら敷地の随所に コートヤードを生み出し、各居室や浴室、物干し部屋などをそれらに面する構成としました。

    ブレッツァ・アーキテクツ
    • 3948
    • 54
  3. 故郷の自然に溶け込む雄大な暮らし

    安中市内に計画された動物病院併用住宅、その住宅部分。 敷地が周囲より小高い場所にあるため、その羨望を生かす計画とした。 地上階は動物病院とガレージで構成され平屋住居がそのまま持ち上げられた状態となる。 上階へ向かう大階段は建物のほぼ中央に位置するため上部に天窓を配し階段周りのギャラリー、ライブラリースペースを共に照らす。 LDKは40畳のワンルームとし、テラスとフラットに繋がり窓を開放すると風景と混ざりあう。 業務用のステンレスキッチンや家具を想定しながら仕上材や色を注意深く選定した。 故郷へ戻られたご家族が都心では味わう事が難しい自然を満喫しながら、豊かな生活が送れればと願っている。

    studio LOOP
    • 36922
    • 386
  4. 雷山の別荘|絶景と天然温泉を楽しめる和モダンの邸宅

    佐賀県との県境に近い雷山の中腹、遠く玄界灘を望む別荘地に建つ別荘の計画です。 傾斜地の細長い敷地形状に合わせ、長さ約40mのゆるやかな弧を描く平面形が、連続するトップライトを持つ切り妻の瓦屋根によって覆われています。眺望の確保と、高いレベルで接道する前面道路との関係から、建物本体はピロティー形式の高床構造となっており、ずべての部屋はゆったりとした奥行きのある展望バルコニーに面してリニアに配置されています。 エントランスドアを開け寒緋桜の植わった中庭を見ながらエントランススペースを下ると、テンションロッドの連続する屋根架構が特徴的なギャラリーに導かれます。ゆったりとした幅員を確保した廊下を兼ねたギャラリーには、絵画を展示するためのスペースとしても利用されます。 室内は、約30畳のリビングダイニング、独立したパウダールームを持つ2つのベッドルームと和室、供給される天然温泉を利用した浴室などで構成されており、屋根架構を現した高い天井高と電動ブラインドが内蔵されたトップライトからの明るい光が特徴的なインテリアとなっています。 トップライトを含む居室の開口部にはLow-eペアガラスを採用、屋根、壁面には通気層を持つ高い断熱性を確保し、床吹き出し方式の空調を採用するなど、快適な居住環境の確保と環境負荷の低減を目指しています。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 1753
    • 24
  5. もし偶然素敵な佇まいの住宅に出逢った時には、趣のあるプロダクトが設えてるかも…と想いを巡らせてみてはいかがでしょう✨

    ただいま “📪ポスト+α”の製作に取り組んでいます。 これまで手掛けた住宅では出来る限りプロダクト(表札や手すり、ポストや門扉、家具etc…)もオリジナルでの製作を心掛けています。 住宅に組み込まれるひとつひとつのプロダクトはちいさなものでも、ささやかなこのデザインが住宅にじわじわ~と浸透して全体の佇まいに輝きを与えてくれることを知っています。だからデザイン&設計の手抜きなんて出来ません…どころか!形やデザイン、使用者の動きや心理、ミリ単位の寸法や収まり、材料やこれから使い続けていく時間についてetc…デザインの思考は止まりません😆💦 あらゆる種類の便りが届く昨今。 住人のニーズや設置する状況に寄り添うよう、サイズや動作からくるデザインのスタディを何度も繰り返し、使い勝手の良さ・性能にももちろんこだわります。そのうえで住宅の佇まいにしっくりと、そして訪れる人を静かにお迎えする玄関先に相応しい“ポスト”のカタチをめざします。 そしてつい先日、“ポスト”が完成し、木工家さんより納品いただきました。 しかし今回これで終わりではないんです😊 冒頭に書いたように普通の“ポスト”でなく、これから“+α”な製作が続きます。その+αは今後またお伝えしようと思っています😊 このあと引き継いでいただく職人さんにポスト📪をお渡しして現地説明。 プロダクトも住宅も一番輝く姿を求めてここまで来ました😂✨ 完成間近です✨ 住人の皆さんの笑顔とともに私たちも楽しみでなりません😊✨ #設計 #山道勉 #木工 #簀河原淳 #建築 #建築家 #設計事務所 #山道勉建築 #建築家とつくる家 #家づくり #プロダクトデザイン #オリジナル #経年美化 #物語のある家具 #心動くモノたちを生み出すひとこまをお届けします #大分 #architect #architecture #architectural #design #japanarchitect #japanesearchitecture #oita #japan #original #wooden #mailbox #product #productdesign #tsutomuyamamichiarchitect

    山道勉建築
    • 262
    • 0
  6. 拾石の家/職住一体の暮らし おおらかなコートハウス

    コの字型平屋の「母屋」と事務所仕事も出来る趣味の部屋の「離れ」で中庭を囲み、日々の生活を柔らかく包み込むコートハウス。中庭を介して程よい距離を保ちながら、子供たちの様子や働く家族の様子を感じられる。コーナー窓や程よく外に開いた中庭から、隣にあるご主人の仕事場の様子を感じる事が出来ます。北東側には、里山の風景を眺められる窓を設け、四季を取り込み豊かな生活を育む住まいです。白い塗り壁と木製の建具、庭木で住まいを彩ります。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 478
    • 5
  7. 横地の家/趣味を楽しむ平屋の住み家

    昔ながらの風情が残るのどかな地に建つ、平屋片流れのコンパクトな住まい。好きなインテリアや音楽に囲まれてのんびりと丁寧に、暮らしを楽しむプランを心掛けました。玄関をくぐると天井の登り梁がリズミカルに壁や窓と調和した心地よい空間が広がります。アイランドキッチンを中心に家族が集うLDKには好みのインテリアや観葉植物が飾られ、住まいに色どりを添えています。片流れの高い天井によってコンパクトながら家族それぞれが自由に趣味を楽しめる場所が配置されています。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 764
    • 5
  8. 八千代の住宅|インナーガレージを持つデザイナーズハウス

    八千代市の閑静な住宅地に建つ車がご趣味のご主人と料理がお上手な奥様、そして活発な2人のお子様のための住宅です。 2階に持ち上げられたリビングダイニングは、高さ4.5mのゆったりとした勾配天井となっており、南面に設けられたハイサイドライトで、部屋の奥まで太陽光を導くように計画しています。キッチンは家事、洗濯、サービスバルコニーを結ぶコンパクトな動線と、たっぷりの収納でとても機能的に作られており、また、リビングに続くスペースは将来的に間仕切りを設けることで子供部屋に変更することができます。 1階にはご主人のためのビルトインガレージとガレージを一望できる書斎を設けています。ガレージにはエントランスホールからも行き来ができ、また書斎は主寝室と可動の間仕切りで区切られているため、将来的な用途の変更にも容易に対応が可能です。 低層住宅地域のきびしい高さ制限の中で、最大限の容積を確保した片流れのシンプルなボリュームは耐候性の高いガルバリウム鋼板の竪はぜ葺きで包まれ、通気層を設けた断熱材と室内側の防湿層で次世代省エネルギー基準を満足する断熱性能と気密性能を有しています。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 531
    • 1
  9. 富士山麓の別荘|カラマツ林の傾斜地に建つセカンドハウス

    別荘、週末住宅の建築・設計は建築家・設計事務所 TAPO富岡建築計画事務所 東京都杉並区浜田山を拠点に全国で活動しています。 富士の北麓に広がるカラマツ林に位置する傾斜地に建つ別荘です。 ほぼ正方形の平面プランの中心に、正面のカラマツ林を見渡す事の出来る大きな窓を持つリビングルームは約5mのゆったりとした天井高さがあり、2面にガラスの開口を持つ暖炉を挟んでダイニングキッチンと繋がっています。リビング後ろの廊下を挟んで建物北側には3つのベッドルームを。南側にはパウダー・バスルームが配置されています。 リビングとバスルームに面する南側の外部には、木々に囲まれ開放的な約20畳ほどの大きなデッキスペースがあり、リビングの大きな窓を開け放つ事で内部と一体的な利用が可能となっています。 緩やかな勾配天井でリビング、ダイニングと一体となった2階部分には、リビングの延長のようなスペースがあり、東側のハイサイドライトから午前中の太陽光を部屋の奥まで導入します。このスペースは大人数での宿泊時には寝室として利用する事も可能です。 屋根、外壁には通気層を設け、仕上材には耐久性の高いガルバリウム鋼板を使用しています。地域性を考慮し、断熱材とサッシには高性能なものを採用し、次世代省エネルギー基準に合致する断熱、機密性能を確保しています。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 425
    • 3
  10. 熱海のヴィラ|伊豆山に建つリゾートマンションのリノベーション

    熱海の市街地の北方、晴れた日には駿河湾に浮かぶ初島、遠く伊豆大島などの島々をを見渡すことのできる伊豆山に建つリゾートマンションのリノベーションの計画です。 日常とは異なる雰囲気の中で、海を眺めながらのんびり過ごしたいという建築主の要望を受けて、この住戸の特徴である大開口からの景色を室内のどこにいても楽しめるように、既存の和室やキッチンなど撤去が可能な間仕切りを取り払い、リビングダイニングの面積を最大限に確保しました。そして窓際から順にソファー、ダイニング、キッチンを配置し、それぞれの窓への視線を遮らないようなレイアウトとなっています。 室内は窓からの風景が引立つようモノトーンで統一しながらも、壁の染色された天然木の突板、床の金属的な質感を持つ大判タイル、そして漆塗りのテーブルトップなどの特徴的なテクスチャーを持つ素材を用いています。間接光を主体とした照明を用いる事で窓へ向かう奥行き感を演出するとともに、それぞれのテクスチャーを浮かび上がらせるように工夫しています。 ステンレスフレームと漆塗りのトップを持つテーブル、ステンレスの厚板を使ったアイランドキッチンはオリジナルデザインです。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 199
    • 0
  11. 寺津の家/墨色の押縁板壁の家

    母屋の隣に建てた子世帯の住まいは、田畑の広がるのどかな場所にあります。母屋からの繋がりを考慮しつつ、一体感のあるのびやかな建物になりました。米杉に墨色の塗装を施した押縁の外壁は、地域に優しく馴染んでいます。地元産の幡豆石と雑木で造られたアプローチが訪れる人を和ませます。家族の集うLDKを中心に、庭に面した軒の深いテラスを設け内と外を結びつける要素となっています。畳コーナーや玄関土間にある障子など和の要素に現代的な要素を組み合わせています。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 441
    • 4
  12. [自然素材の家]2台分のビルトインガレージ・在宅ワークスペース・ウッドデッキの中庭がある平家の自然素材の家

    2台分のビルトインガレージ・在宅ワークスペース・ウッドデッキの中庭がある平家の自然素材の家。 ガレージから雨に濡れず玄関やパントリー の勝手口にアクセスできます。 ガレージ リビング ウッドデッキ の中庭と水回りを挟んで寝室などプライベートスペースがゾーン分けされています。 全室造り付け収納を作成し片付けや掃除がしやすい家事が楽になる間取りプランです。 木の塀で目隠しされプライバシーが確保されたウッドデッキの中庭で居室は南に面しておりどの部屋も明るく風通しの良い部屋です。

    自然素材の家 別荘専門 探彩工房建築設計事務所
    • 941
    • 2
  13. 景色とつながる桐生の家

    周囲を山々が囲む自然豊かな場所に建つ住まいです。 施主は敷地近くに長く住みこの環境をとても気に入っていました。朝目覚めれば鳥や鹿の鳴き声が聞こえ、秋には仙人ヶ岳につづく里山の雑木林はとても紅葉が美しくて..と目を輝かせながらたくさんの魅力を打合せの度に聞かせていただきました。子育ても終わりに近づき、これからの落ち着いた暮らしを見据え、終の住処としてご夫婦が求めるものは「癒やしと安らぎ」でした。 南隣地にはソーラーファームが広がり、採光や通風はもちろん借景を取り込むには良好な立地でした。対して西隣地には住宅が建っておりプライバシーや熱負荷を考えると開口部は最小限に抑えたい、その代わりにライトウェル(=光や風を導く吹抜けの中庭の意味)を設けました。 LDKには木製の大きな窓を設け、景色を綺麗に切り取るため、建具も上下の框が見えないようスッキリとしたデザインとしました。入って正面の中庭には外階段を設け2階の眺望テラスへつながります。プライベートな中庭から階段をのぼれば壮大な景色が広がっています。それぞれの庭が内と外をつなぎ、まるで自然の中で生活しているような潤いと安らぎ生み出します。中庭はLDKからだけではなく、和室や浴室、2階の個室からも中庭を眺めることができ違った表情が愉しめます。それぞれの部屋同士の視線が重ならないよう窓の位置や高さにも工夫しています。 ご主人はプライベートな中庭でコーヒーやお酒を飲む時間、奥さまは中庭を眺めながら月明かりの下で入浴タイム、休日は子どもたちは南庭の大きなウッドデッキでバーベキューを楽しんだり、家族にはそれぞれお気に入りの場所と癒やしの時間が生まれ、この住まいが家族に寄り添う存在となっています。

    TEKTON | テクトン建築設計事務所
    • 462
    • 3
  14. 【ホームページTOP】をリニューアル  スマートフォン向けにも対応可能

    ホームページのTOP頁をスマートフォン向けにも対応可能なようにリニューアルしました。 2月中をめどに、順次、各ページも更新する予定です。 PC上でも、プラウザの幅を狭くすると、スマートフォン向けのデザインをご覧いただくことができます。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 199
    • 2
  15. まるでショップみたい!?北欧風キッチンやシンプルインテリアなど、おしゃれな5つのおうちを拝見♪

    「素敵なお家を建てたい!」そう思ったとき、どんな情報を参考にイメージしていますか? 雑誌やカタログはもちろんのこと、最近ではInstagramを参考にする方が増えているんです。そこで今回は、〔ソラマド〕で家を建てたオーナーの皆さまのInstagramをご紹介します。こだわりのキッチンから子ども部屋、中庭を有意義に使っているお家まで、見ているだけで楽しい気分になりますよ♪

    soramado
    • 17792
    • 38

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    566件中 1 - 20 件を表示