景観

「景観」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「景観」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【窓】ちょっとの工夫で、眺めが3倍良くなる!

    敷地には、景色の良い敷地も有れば、余り良くない敷地が有ります。 景色の良い敷地は、より気持ち良くなる窓のつくり方が有ります。 景色が余り良くない敷地でも、眺めが3倍にも5倍にも良くなる窓のつくり方が有ります。 景色を、見えるものを切り取る方法です。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2682
    • 11
  2. 【景色】好きモノ、嫌いモノ 窓の工夫で、綺麗な景色がより綺麗に!

    敷地には、景色の良い敷地も有れば、余り良くない敷地が有ります。 景色の良い敷地は、より気持ち良くなる窓のつくり方が有ります。 景色が余り良くない敷地でも、眺めが3倍にも5倍にも良くなる窓のつくり方が有ります。 景色を、見えるものを切り取る方法です。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 1806
    • 4
  3. 都心にある緑に囲まれ音楽や絵画を学ぶ学生のための集合住宅+居宅

    この建築は音楽や絵画を学ぶ学生のために下層部を共同住宅「櫻館」とし、上層部をオーナーの居宅として設計しています。建物の周辺は、下町情緒漂う景観や古い建造物、路地が点在し、古くから文化人とともに発展し続けています。建物の外観や地上部では近くで目にする素材や植栽などをデフォルメしながら取り入れ、懐かしさと新しさを同時に感じられる昭和モダンなデザインを試みました。特徴的な外観は、都市と居住部の干渉帯(インターフェイス)や建物の輪郭を和らげる植物などから構成され、先に述べた素材感と視線やプライバシーを保護し、風や光を取り入れる仕組み、バルコニーの大きな樹木や多量の自然土を支える合理的な構造体により成り立っています。 賃貸住宅部の内部設計は、水回りや収納を集約したユニットと構造体が分離できるように設計し、社会ニーズの変化や修繕等に柔軟に対応できるようになっています。そして、居宅部も含め、経年により味わいを深める自然素材や劣化しにくい無機素材の構成によりシンプルでありながら豊かさを感じられるインテリアデザインにまとめています。

    モリモトアトリエ 一級建築士事務所
    • 1036
    • 2
  4. 軽井沢・追分宿の家/二世帯住宅

    歴史ある旧宿場町/追分宿の街道に面する土地において、縁あって二世帯住宅の設計行いました。 北側は街道に面し、敷地の形状は南北に細長く、南側は一段下がって、国道とその先まで望める立地。 敷地内の西側には、大きな木があり、この木を生かしながら、限られている間口で、南北方向の細長い敷地生かしながら、二世帯住宅を、小さな面積でも二世帯(三世帯)の関係を建物形状により程よい距離感をつくることを考えて計画を進めたました。 また、歴史ある宿場町に面することから、街道からみた建物形状、屋根形状、建物配置、道路からの距離感などを調整することで、街並に溶け込みながら、街道の景観に寄与できればという思いも同時に実現することを意識しました。 くの字が取り込まれた建物の平面形状は、世帯間の距離を程よく保ちながら、既存木を生かしまた、南東に家庭菜園できる空間も実現した。南北に長い利点から、風の流れも非常に心地よく程の良い陽の入り方が、冬だけでなく、夏も居心地の良い住環境を実現しました。

    一級建築士事務所アトリエ カムイ
    • 529
    • 0
  5. 東山の古民家再生☆りのべ

    京都には風致地区と呼ばれ、厳しい規制のある地域が多くあります。 もちろん、周囲の調和を図るためにはとても大事な規制。 観光に来られる方にとって古き良き景観は、素晴らしいと感じられることでしょう。その中に住む人にとって、景観を守りながらも、今の暮らし方に合わせて、住みよくリフォームすることは、とてもバランスが大事になります。

    株式会社サンコウホーム☆住まいる情報館
    • 581
    • 8
  6. H-ORANGE

     都心部であるにも関わらず隣地が畑、その隣は森を持つ学生寮という恵まれた敷地に建つ住宅です。  森への景観を生かすために、居間は二階に配置されています。二階は床面積のうち1/3を屋外テラスにさき、残りの2/3の居間を三方から囲むことで森への視野を広げるとともに森につながる屋外の空気で屋内空間を包み込んでいます。  屋外テラスを囲む手すりは、外部に対する目隠しの役割も兼ねています。ただ、この目隠しを単なる腰壁にしてしまっては、テラスを影のある暗いものとしてしまいかねません。そこで腰壁を外側に向かって傾斜させ、面に光を当てるとともに閉じ込められた感じを弱め、屋外テラスが広く感じられるようにしました。  畑上空の大空間はこの家に素晴らしい開放感を与えていますが、畑そのものは壊れかけたコンクリート塀で囲まれており、美しい風景とは言い難いものがあります。これらを隠して森と空の景色を純粋にするため、目隠しは室内から見てコンクリート塀がギリギリ隠れる高さに設定してあります。

    山本卓郎
    • 784
    • 3
  7. REI

    前面道路は4mの狭さにもかかわらず交通量が多く、左右はRC造の4階建以上の建物、奥はさらに高いところに木造2階建が建つ傾斜した谷間のような敷地でした。風致地区の規制やガケ地条例を検討し、建物は土留め壁として存在するようコンクリート造となっています。そこに硝子と木を組み合わせた外観は重さと軽やかさが交錯し新しい風景を作り出すことを意図しています。周囲からの目隠しを兼ねて造られた木造の離れのある庭側は、とり囲擁壁や緑化基準をクリアするよう植えられたたくさんの樹木により、柔らかく包み込まれるような雰囲気をつくっています。

    かわつひろし建築工房
    • 1207
    • 8

おすすめ

話題のキーワード