インテリア好き

「インテリア好き」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「インテリア好き」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 本物っぽく見える?!100均の水差しを人気ブランド風にDIY

    以前から気になっていた、クロウキャニオンホーム。 きっとモノトーン好き、アウトドア好きの方なら、一度は目にしている、もしくは持っている人気のブランド。 今回は、そんなクロウキャニオンホームのシンボルでもあるマーブル模様を100均で購入した水差しにペイントして、本物っぽくDIYしてみました。

    mailemon
    • 8196
    • 52
  2. 【ニトリ・ダイソー】大理石柄リメイクシートで棚板をリメイク!

    大理石柄が大好き過ぎて、大理石のインテリアを買いたいな~と思っているものの、さすがに本物は高くて手が届かず… そこで大理石柄リメイクシートを使って身近なものを大理石風に加工してみました。ついでにニトリのリメイクシートとダイソーのリメイクシートも比較してみたので、合わせてご紹介します。

    mailemon
    • 2929
    • 12
  3. <ナチュラルインテリア>家族図書館のある南向きパッシブハウス

    閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。 分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。 ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。 LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか?検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。 建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

    タイコーアーキテクト
    • 4113
    • 25

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード