ドーム

「ドーム」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ドーム」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. めちゃ簡単✨可愛い❤️タンポポ綿毛ドーム作って見ませんか(﹡´◡`﹡ )

    いきなりですが‼️ タンポポの綿毛って可愛いですよね(*´꒳`*) 見つけるとついつい ふぅ〜〜ってふきたくなってしまう(笑 タンポポは 3月〜〜5月ごろに咲き✨ 咲いた後 4月〜6月ごろに綿毛となります✨ 地域によって変わりますが ゴールデンウィークあたりが1番多い気もします(﹡´◡`﹡ ) フワフワ可愛いタンポポ綿毛❤️ そんな可愛さを♡瓶に詰めて お部屋のインテリアにしてみませんか❓

    niko
    • 142010
    • 3258
  2. 人気のビニール傘「HAPPY CLEAR UMBRELLA」に新柄が追加♪ さらにドーム型の新シリーズも登場!

    株式会社スパイスが、使い捨てしたくない、持ち出すのが楽しくなるビニール傘として人気の「HAPPY CLEAR UMBRELLA」に、新柄2柄が新しく追加。さらに、プリンセス気分にしてくれるドーム型の「HAPPY CLEAR DOME UMBRELLA」も新しいシリーズとして販売開始しました。

    LIMIA ニュース部
    • 12356
    • 71
  3. 超使える新定番♪ セシールのアイデア・最新キッチンアイテム4種類を一挙ご紹介!

    ディノス・セシールから、食材を活かしながら調理の手間を省くアイデアや機能を備えたキッチンアイテムが、セシールで展開するインテリアカタログ『暮らしがすきになる本2017 vol.1』、およびセシールオンラインショップで12月1日に新発売しました。

    LIMIA ニュース部
    • 4177
    • 34
  4. ガラスドーム☆きらきら☆ピアス

    おととしのChristmasの時期にフルオーダーで注文が殺到し 化粧箱に入れる緩衝材が大量に余ってしまい 「このままだと、捨てる事になってしまう・・・どうしよう(汗」と、考えている時に その時はまだ、そんなに流行ってはいませんでしたが たまたま、ガラスドームピアスなる物を発見し 「コレに流用しよう!」と思いつき、早速、試作品を作ってみた所 他では類を見ないものが完成! 「よし!これなら捨てずに済む!」すぐに撮影をし、すぐに販売に至りました。 今では、毎月結構な数が売れる、看板役者となりました!

    上質天然石素材micchi_Luck_!
    • 2819
    • 39
  5. 大空間の吹抜けがある邸宅

    ダイナミックな空間と繊細な曲線が美しい邸宅。RC造の特長を活かした提案を希望されたお施主様にドーム状の空間と採光を重視した大空間の吹抜けがあるリビング内観プランを提案。更なる提案としてドーム状のコンクリートウォールと一体になったラウンドするRC階段は重厚感と高級感を演出しています。和室も本格的な木造造りとなっており三和土には玉砂利を敷き詰め一見コンクリート造と思えぬ仕上がりになっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 646
    • 5
  6. アール・ヌーヴォー

    1888年5月、パリ。広重や北斎といった浮世絵など江戸時代の日本美術を紹介した雑誌『LE JAPON ARTISTIQUE(芸術的日本)』が創刊されました。発行者は、画廊「アールヌーボー」の店主サミュエル・ビング。やがてヨーロッパで一世を風靡する芸術運動”アールヌーヴォー”の名付け親でその火付け役となった人物です。 一部のフランス芸術家たちによって流行していた”ジャポニズム運動”(日本趣味)は、19世紀末になると突如として、”アール・ヌーヴォー”(フランス語で、「新しい芸術」)という芸術様式へと昇華し、その風潮は瞬く間にヨーロッパ全土へ広がり華々しい隆盛を極めました。 アールヌーヴォーを提唱する組織団体として最も成功を収めたのが ”ナンシー派” です。 その中心人物となったガラス工芸家エミール・ガレを慕い、多くの芸術家たち(ドーム兄弟、シュナイダー兄弟、ルイ・マジョレール、ヴィクトール・プルーヴェなど)がナンシーに集まったそうです。 また、ガレの工房で働いた多くの弟子たち(ミュラー兄弟、アンドレ・ドラットなど)も独立し、ナンシー派としてナンシーで工房を構える者や、自身の故郷で工房を構える者がいました。 バブル全盛期、大量のアールヌーヴォー美術品が日本に持ち込まれました。 アールヌーヴォー本来の素晴らしさを愉しむことよりも、投機的ビジネスの目的として、安易な儲け話の道具として、もて流行らされた忌むべき過去です。 その間違った流行により、バブル崩壊後の日本人にとってアールヌーヴォーとは、”忘れがたい忌まわしき過去” のような、排他的なイメージが色濃く残ってしまいました。世界では、アールヌーヴォーは素晴らしい芸術・文化として、絶えることのない賞賛と脚光を浴び続けています。  A&Oでは、19世紀末~20世紀初頭のガレ、ドーム、シュナイダーを中心としたナンシー派、また、フェリックス・ブラックモン、ウジェーヌ・ルソーを中心とするパリ派のアールヌーヴォー作品を幅広いラインアップで取り扱いしています。 アンティーク&オールディーズでは、ヨーロッパから様々なアンティーク商品を直輸入して販売しています。 アール・ヌーヴォー販売コーナーへ http://aando-since1993.com/our_antique/art_nouveau.html

    A&O
    • 475
    • 4

おすすめ

話題のキーワード