合板のアイデア(4ぺージ)

厚さ5mm以下の木材の単板を奇数枚、繊維方向が直角になるように交互に重ねて張り合わせた板。強度もあり木材の欠点である不均一性が改良される。通称ベニヤ板。樹種や芯材の構成、接着材の種類などで用途が異なる。構造用の面材や各部の下地材、仕上げ材として広く使用される。

  1. 利用範囲を広げるカラフルな合板の紹介|滝澤ベニヤ株式会社

    合板と言うと、住宅の床や屋根の下地材で使われることが多く、あまり日の目を見ない材料ですね。しかし、合板にもいろいろな種類があります。下地で使う合板は構造用合板と言う種類のものです。その他にバーチ合板というのがあります。これは、合板の木口(こぐち)をきれいに積層した合板で、棚などの造作材に使われることが多い合板です。ここで紹介している合板は、バーチ合板の一種ですが、和紙を挟み込むというアイディアが他の合板と違うところです。カラフルで美しい木口を見せることで、住宅や店舗インテリア素材として使える範囲が広がりますね。 厚みが30mmありますから、棚、本棚、カウンター、テーブルなど家具にも使えそうです。 機会があったら、使ってみたいと思います。

    長井義紀建築設計事務所
    • 757
    • 11

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    65件中 61 - 65 件を表示