3階建て

「3階建て」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「3階建て」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 斜め窓で眺望もプライバシーも確保した家 OUCHI-06 (神奈川)

    神奈川県に完成した斜め窓を取り入れた住宅。 敷地は北斜面の造成地で、丘陵地の一角にあります。近隣には公園の桜があり、遠方には遊園地の観覧車も見る事ができる景色の良い場所です。 眺望の良い最上階にリビングダイニングを配置。そこからの眺めを楽しむ事ができ、外部からはプライバシーを守るため、窓を細長くし、さらに斜めに取りつけることにしました。これにより、部屋の足元には谷間の方向、目線の先には公園の桜、上方には青空と、多くの眺望を獲得することができました。 また、階段に沿って二列目の斜め窓を設け、階段の上り下りにも景色を楽しめるように計画しました。 渡辺篤史の建もの探訪でも放送されました!

    石川淳建築設計事務所
    • 2505
    • 10
  2. RC造の土台に浮かぶポップな家型狭小住宅

    20坪の敷地に計画されたこの住宅は高度斜線により導き出された外観を持ち、地表数メートルの軟弱地盤をすきとり地下とする事で地盤改良を無くしている。容積率から確保出来る面積は32坪までだが、地下による容積率緩和を最大限活用し、結果43.5坪もの内部空間を保有している。内部はユニークなご夫妻のあったらいいなを余すところ無くちりばめた空間が目白押し。ご主人最大のこだわり『登り棒』や、杉板の壁が出迎える奥様自慢のダイニングバー、空を仰ぐ子供室、遊び場になる階段室の踊り場、コンクリート打放しの地下趣味室、それらが色彩豊かに彩られた楽しい家となった。

    studio LOOP
    • 1471
    • 7
  3. 10のフロアが行き交う間口2間の狭小住宅

    品川から数分の駅近くにご夫婦が手に入れた土地は18坪。この近辺では一般的な面積で間口は2.5間。予算と必要な内部空間から選ばれた構造は間口2間の木造3階建。木造であるため下の階に行くほど壁量が必要になる。そこで我々は朝、昼、夜の空間にわけ南側に積層し、どの時間帯にも属さない空間を北側に配置し木柱とスチールによる螺旋階段により繋いだ。駐車場、主寝室、和室、LDK、水周り、勉強室、子供室、ロフト、テラス、屋上と実に10のフロアがあり、階段を上るとその壁量の減少と共に明るくなっていくため地中から空へ向かっているような感覚を得る。法規的には3階建てだが4階や5階にも感じる高揚感のある住宅となった。

    studio LOOP
    • 4264
    • 5
  4. 鉄筋コンクリート構造・地上3階建てなのに2000万円台!「リブハウス」という名の住宅

    鉄筋コンクリート構造・地上3階建て・ホームエレベーター付き・建築家がデザインする世界に1つだけの家…。漠然と「高額なイメージで自分たちには手が届かない…」と諦めてしまいがち。しかし、これらの条件をすべて満たした住まいが、思いがけず身近な存在になるかもしれません。建築家が自らの、そしてご両親と暮らす住まいとして具現化した家づくりご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2191
    • 13
  5. 敷地15坪2間間口を快適に 駅前の都市型3階建て

    駅から徒歩1分と、都市型の物件として非常にアクセスの良い立地の邸宅です。 北向き物件(前面道路4m)で狭小地(2間間口)であるものの、南側がマンションの駐車場になっているため、南面からの採光が確保できるという環境です。 玄関を入ると、注文住宅らしい特徴的な階段が出迎えてくれます。1階は箱階段、2階はスリップ階段でトップライトからの光をさらにLDKに落とす工夫を加えています。LDKは狭小間口を感じさせないよう、壁面一面を収納スペースとして活かしました。3階部分は三角屋根部分を利用して上部にエアコン、間接照明スペースを確保。インテリア好きのご夫婦の好きな濃い目の床で空間を引き締めます。また、外観は格子ファサードと鉄板の塗装盤でマットな外観をつくります。 スッキリとしたシンプルなお家はお施主様のお好みのインテリアが映える最高の空間になったのではないでしょうか? タイコーならではの都市型3階建。狭小物件もおまかせください!

    タイコーアーキテクト
    • 4955
    • 20
  6. 海のパノラマ・葉山

    長者ヶ崎から富士山、江ノ島まで一望できる絶好のロケーション。海に向かって道路レベルより1層分低い敷地であるが、前方のさらに低くなった隣地には樹木が生い茂っていて、将来的には3階建て程度の建物が建つ可能性も憂慮される。将来にわたってこの海への素晴らしい眺望を確保するために居間などのメインの居住空間と浴室を3階に配置していて、低層住居専用地域内の3階建てとなるため、北側斜線制限、日影制限および厳しい建ぺい率、容積率をクリアするために1、2階が小さく頭でっかちで、北側で建物がスレンダーとなる特殊な建物形態が合理的なかたちとして選択された。ゆるい登り坂にそってアプローチするにつれ刻々と変化していく外観の表情や、外部から海への視線を、ガラスに映して、ガラス越しに、門型のフレーム越しにともったいつけるように開いていく演出、様々な角度、レベル、いろんなかたちの窓越しに見せる内部から海への眺望。『海への眺望』という絵を、窓という額縁にはめ込んだいくつかの展示室から成り立つ美術館となるような住宅として計画している。

    tentline(テントライン)
    • 1328
    • 8
  7. 格子が際立つ 京都「和モダン」分譲住宅 ~平成の新「京町家」をイメージして~ 

    京都市内で弊社がプロデュースした3階建て分譲住宅です。20坪の限られた区画の土地に床面積33坪を確保しました。白い塗り壁風の壁をベースに4棟のバルコニーの柄や面格子の色味を変え、また一体外構として、統一感の中にもそれぞれの個性を表現しています。朱色のポストがアクセントとして際立っています。もちろん、家としての基本性能はしっかり押さえ、機能性(使い勝手)や手入れのしやすさ、大容量の収納スペース等にも、きめ細かく配慮しました。

    共和木材工業株式会社
    • 1250
    • 11
  8. MAS-h/ニワをつくる・3階建て住宅

    1階は店舗、2,3階が住宅。敷地は建物の密集地なので、2,3階の住宅部分にタテとヨコの【ヴォイド】を設け、光、空気を取り入れ、密集している外部を切り採る様に内部に取り入れ、開放的な空間としています。 ヨコの【ヴォイド】は、前面の道路と裏側の空き地を結んだ吹抜けとなっており、ヨコの【ヴォイド】にすべての室が面して配置し、光、風を散りいれられるように考慮。 タテの【ヴォイド】は、建物の中心に建物を切り取る様に設け、光・空気を空から取り入れる【ニワ】としています。密集地なので、真竹のすだれ状の横格子を設け、プライバシ-確保のを考慮。 また、一部、床板及び階段の段板を外せる様にして、遊んでいる空間が無い様に、そこかしこを収納として使用しています。

    vox/上村千秋建築設計室
    • 779
    • 1
  9. 武蔵小山 H邸-15坪の旗竿地をフル活用!?-

    東京都品川区 2016年4月竣工 敷地面積:52.18 M2 本を読んで声をかけてくださったHさん。 土地はすでに購入済みなのですが、 旗竿地でしかも15坪。 実に小さい土地です。 建築可能な面積は20平米。 つまり6坪。 車1台が駐車できるだけの小さな土地です。 北側斜線が2方向から掛かるわ、 新防火地域という木をまったく見せられない法律もあり、 なかなかシビレる土地です。 ここに家族4人で住むという強い意志。 加えて予算が超厳しい(笑)。 その心意気に興味が湧き、 設計を手伝うことにしました。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 1545
    • 9
  10. 狭小敷地に建つ木造耐火の3階建て住宅|亀戸の家

    都心にたつ狭小住宅です。敷地面積17坪・防火地域という条件に加え、3階建てにしたいという建主からの要望から、木造耐火建築物として設計することになりました。木造耐火建築物とするためには、外壁の耐火性能はもちろんのこと、内部も木の軸組をすべて総厚42ミリの石膏ボードで覆わなければばなりません。設備ルートも耐火被覆した構造の外側に追い出す必要があり、通常の木造よりも内法が随分減ってしまいます。 厳しい条件下で救いだったのは、敷地の両隣が旗竿敷地で、その竿部分で採光が取りやすかったことです。三方向から光を入れることができ、「どの時間帯でも暗くならないのが嬉しい」という感想をオーナーから頂戴することができました。 キッチンは、家事をしながらプレイルームとなっている子供室の確認ができ、かつ、3階ルーフテラスの様子も確認できる場所。その空間構成は、幼児をかかえながらの家事のストレス軽減につながります。 ただ見渡せるだけでなく、空間にいろんな方向から光が入り込むこと、視線の抜けができていることは、大らかなご家族にうまくマッチングしました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 1237
    • 12
  11. schole home~笑顔の学校~

    昔ながらの住宅地の為、以外に多い人通り。 人目を気にすることなく、のびのびと楽しく暮らしたい・・・。 そんなお施主様の想いから、周囲の視線を遮りながらも ハイサイド窓を設けて光を十分に取り込み、 明るさも通風も十分な内部空間を計画しました。 「学校」をテーマにした、 大人も子供の楽しいと思える遊び場が沢山あるお家です。

    じょぶ
    • 815
    • 20
  12. TOKYO TREE HOUSE

    銀杏並木に面した敷地のメリットを活かして、都市居住の「快楽」を追求した住宅。 銀杏並木や通りの往来との「近さ」をポジティブに捉え、住空間に活発さを与える要素として取り込むべく、通りからの床の高さ、横長窓の高さと階段との位置関係などを吟味しました。 木登りしているような視点で通りを見下ろすリビングの一種独特の浮遊感と通りの往来にそのまま投げ出されたような設えの階段。 通りの往来の水平運動がそのまま建物内に引き継がれ、 階段周りの垂直運動と交錯し、新たな「動き」が誘発されるようなイメージ。 この空間の流動性が、この住宅の最大の魅力です。 This house sits at the tiny corner lot, while facing the tree-lined ginkgo. The house was built in close proximity to the road boundary so as to emphasize the corner lot, in order to offer the background for the pedestrian and the ginkgo and keep the human scale. On the main floor, the horizontal window of the living area was provided along the tree-lined ginkgo, resulting to offer the vista with unique floating feeling and the sense of intimacy with the town. The floating stair converts the fluidity of the internal space from horizontal direction to vertical direction, by being set up at the end point of the horizontal window.

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 1159
    • 17
  13. 仕切らないで暮らす白い家

    土地購入からスタートした注文住宅です。限られた予算でも、自分らしくシンプルに暮らせる家。1階の玄関や廊下、寝室の床は大理石。夏はヒンヤリと涼しく、冬は床暖房で温まります。2階は、仕切らずに広く使います。キッチンは、サービスバルコニーがあり使いやすくなっています。3階はご夫婦とお子さんのためのオープンスペース。大きくなったら、仕切って子供室になります。

    プラネット環境計画
    • 1052
    • 11
  14. 大空間の吹抜けがある邸宅

    ダイナミックな空間と繊細な曲線が美しい邸宅。RC造の特長を活かした提案を希望されたお施主様にドーム状の空間と採光を重視した大空間の吹抜けがあるリビング内観プランを提案。更なる提案としてドーム状のコンクリートウォールと一体になったラウンドするRC階段は重厚感と高級感を演出しています。和室も本格的な木造造りとなっており三和土には玉砂利を敷き詰め一見コンクリート造と思えぬ仕上がりになっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 646
    • 5

おすすめ

話題のキーワード

    33件中 1 - 20 件を表示