金融のアイデア(3ぺージ)

「金融」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「金融」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 必読!医療保険と介護保険の基礎知識。家族の高齢化に備えて

    30代になるとご家族の年齢も高くなり、そろそろ医療保険や介護保険の知識を備えなくてはならない頃かもしれません。高齢者の医療費や介護費は想像以上に高額になることがありますが、こういった費用は公的な保険では保障されないものもあります。しかし民間の医療保険や介護保険を利用することで、これらの出費に対する準備ができます。 今回は、医療保険と介護保険についての基本的な知識を身につけていただけるよう、医療保険と介護保険の違いや、これらの保険がどのようなときに適用されるのかについて解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2473
    • 13
  2. 保険の転換、下取りはデメリットが大きい?知らないと損をするかも!

    保険の更新がせまる中、保険会社の人から「保険の転換で下取りすれば、保険料がもっと安くなりますよ」なんて進められた経験がある人もいるのではないでしょうか。確かに保険料だけ見ると、ただ更新するよりも安く、お得に見える保険の転換。しかし、「そもそも転換や下取りってなに?」「本当にお得なの?」と感じている方も多いはず。 そこで今回は、気になる「保険の転換」について、その仕組みから注意点まで、わかりやすく解説します。保険の更新をひかえて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2940
    • 8
  3. 生命保険は、扶養に入る、出るとき、生命保険料控除はどうなるの?生命保険と扶養の関係

    自分や、家族の働き方が変わったときに頭に浮かぶ「扶養」というキーワード。扶養に入る、出るといった手続きの中で、生命保険料の控除をどう活用したらいいか迷ってしまうこともあるかもしれません。扶養控除に対する税制改正が行われ、いままで以上に複雑化している扶養の制度。そこで今回は、生命保険の控除について、どのように取り扱われているのかご紹介していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 9556
    • 12
  4. あなたにあった医療保険の選び方とは?病気に賢く備えよう!

    医療保険は入院や手術のほか、先進医療や女性疾病などの特約(オプション)の選び方次第で、自分にあった医療保険にカスタマイズすることができます。選択肢の多い保険だけに、自分にあった医療保険を選ぼうとさまざまな商品を比較したり、保障内容について考えれば考えるほど余計にわからなくなってしまったり……。担当者に言われるままの選び方で加入している方も多いのではないでしょうか。 この記事では、そもそも医療保険は必要なのか? というところから、医療保険を選ぶ際にどのようなポイントをおさえておけばいいのか、医療保険の選び方について解説していきましょう。医療保険の選び方を知ることができれば、きっと賢く備えられるはずですよ。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1385
    • 8
  5. 医療保険が母子家庭の助けになる!母子家庭に必要な保険とは?

    日本では離婚するカップルは約3組に1組と言われています。離婚後、母子家庭になることも決して少なくありません。女手ひとつで子どもを育てていくのは、抱える不安は大きいのではないでしょうか。 そのなかでも、経済力には特に不安がつきまといます。「自分が万が一のことがあった場合、子どもたちの生活はどうなってしまうのだろうか」と心配になってしまうでしょう。いつ何が起きるか、誰も想定できません。ですから、その予測できない事態に対して、いざというときのために準備しておくのが医療保険です。今回は、母子家庭の人にとって、支えになる医療保険についてご紹介をしていきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3057
    • 14
  6. 生命保険とうつ病の関係。審査の前に知っておきたい保険の知識

    働いていると辛いこと、イライラすること、とにかくストレスが溜まる! ストレス社会とも呼ばれる現代、無理のしすぎがたたって、精神疾患になってしまう方も少なくありません。厚生労働省のHPによると、精神疾患で医療機関を受診した人は平成23年時点で約320万人おり、その数も年々増加傾向にあったそうです。うつ病患者は約95万人おり、受診をしていない方を含めたら相当な数に上ると考えられます。 この記事では生命保険とうつ病をテーマに、うつ病になったことで生命保険の審査時に何か不利なことがあるのか、生命保険加入後にうつ病になってしまったときに知っておきたい知識を伝授していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1401
    • 10
  7. 医療保険の見積もり方法とは?自分に合った医療保険に加入しよう!

    社会人になって数年、初めて医療保険に入ろうと考えて、見積もりを取り寄せている方も多いと思います。医療保険と一口に言っても、さまざまなタイプの商品があり、どうやって選んだらいいのか迷ってしまいますね。 医療保険は、万が一の際にあなたをサポートする大切なパートナーです。医療保険の種類や、保険料の目安、見積もりの方法まで、細かくご説明していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 636
    • 7
  8. 医療保険に入ってないけど問題ある?医療保険の必要性と自分にあったプランの探し方

    医療保険に入ったほうがいいと勧められても、その必要性を感じないため、結局入ってないという方も少なくないのではないでしょうか。医療保険の必要性や医療保険に入ってないことで困ることなどを整理した上で、自分にあった医療保険を探す方法についてご紹介したいと思います

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1042
    • 10
  9. 医療保険は親知らずの治療にも適用される?抜歯やその他の歯科治療で気になる保険のこと

    親知らずが生えたら、抜かないといけないケースがほとんどです。いざ、抜歯しようと思ったときに、「いくら必要なんだろう?」と考えるのではないでしょうか? 頻繁には抜歯をすることはありませんから、どのくらいかかるか想像できないものですよね。 抜歯の手術は、簡単に歯医者さんで抜けるケースもありますし、大掛かりなものとなると、大学病院まで行って、抜歯手術をしなければいけないケースもあります。ですから、治療費がとてもかさむこともあるでしょう。なかなか費用がかかりそうな抜歯手術ですが、「抜歯手術は医療保険が適用されるのでは」と思いますよね。今回は、抜歯と医療保険の関係について、ご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 25123
    • 10
  10. 医療保険制度についてわかりやすく説明します!公的保険と民間保険の違い

    日本では医療保険制度というものがあります。私たちはこの医療保険制度によって、本来支払うべき医療費の負担を軽減することができます。さらに医療保険制度には大まかに分けると、2つのタイプがあり、強制的に加入する公的医療保険と、個人の任意で加入する民間医療保険があります。 ざっくりと2つに分けましたが、ひとくちに公的医療保険や民間医療保険といっても、細かく見ていくと、ひとつひとつの保険の仕組みや種類はさまざまです。公的医療保険に加入しているのにも関わらず、民間医療保険にも加入したほうがいいのか迷うことも多いと思います。今回は医療保険制度について、詳しくご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 919
    • 10
  11. 生命保険に親や義両親が加入しているかどうか知っておくべき3つの理由

    親や義両親について、そもそも生命保険に加入しているかどうか知らない・聞いていない、親から「自分が死んだら1,000万円」など、子どもの頃に聞かされていたけれども、どこの保険会社でどんな種類の生命保険に加入しているか分からないという方は多いのではないでしょうか。その場合、親が突然亡くなってしまったり、入院してしまったりしたときに保険金や給付金を請求することができず困ってしまうかもしれません。ここでは、親が生命保険に加入しているかどうかを知っておく重要性についてお伝えしたいと思います。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1545
    • 6
  12. 生命保険の支払いはクレジットカードで!生命保険をお得に使うコツを解説

    毎月かかる固定費は、できるだけ手軽に支払いもれがないようにしたいですよね。そんなときは、クレジットカードでの支払いが便利です。 特に生命保険に毎月かかる保険料は約10,000円~50,000円程度にのぼることもあるので、ポイントが貯まるクレジットカードでの支払いが断然お得! 今回は、クレジットカード払いがお得になる秘密や、活用のコツなどを解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6637
    • 10
  13. 医療保険の手続きでもマイナンバーは役に立つのか?行政手続きの方法

    マイナンバー制度が導入されたことにより行政手続きが簡略化され、便利な世の中となりましたが、医療保険でもマイナンバーを利用した制度はあるのでしょうか。マイナンバーが利用される場面のうちの一つが社会保障制度です。公的医療保険は社会保障制度ですから、公的医療保険でマイナンバーが利用されるようになっていきます。 それではどのような場面でマイナンバーが必要となるのでしょうか。はじめに公的医療保険とマイナンバー制度の関係を解説した後に、必要となるシーンを挙げ、最後にマイナンバーがあれば代理人でも手続きをすることができるのかどうかについてお話をします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 914
    • 9
  14. 医療保険でリハビリは適用対象になる?公的医療保険と民間医療保険の詳細も学ぼう

    リハビリについて、医療保険が適用されるのかどうかを調べていると、情報量が膨大で複雑なので、なんだかよく分からないという方は多いと思います。医療保険とは言っても、公的医療保険と民間医療保険の2種類がありますし、リハビリは介護も関係するので介護保険も関連していてややこしいことになっています。そんなリハビリに関する保険の情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1354
    • 9
  15. 生命保険金は遺産分割の対象なの?一般的な解釈についてお話します

    相続に関連して、生命保険金(死亡保険金)の話題もよく見られます。相続人の方にとっては、生命保険金が「遺産に含まれるのか」「含まれないのか」といった内容はとくに気になることでしょう。そこで、この記事では「生命保険金が遺産分割の対象になるのか」などについてお伝えいたします。この記事が相続時の疑問解決に役立てば幸いです。なお、本記事ではあくまでも一般的な情報にとどめて説明しています。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1641
    • 5
  16. 生命保険の受取人が死亡してしまうと、その保険はどうなる?

    もしものときに備えて、家族が生活に困らないよう生命保険に加入する場合、保険の対象(被保険者)は、一家の大黒柱である夫、保険金の受取人は妻(または子ども)とするケースが一般的です。また、相続対策で生命保険に加入するのであれは、被保険者を被相続人(親など)、保険金受取人を相続人(配偶者・子など)とするのが一般的でしょう。 いずれにも共通していえるのは、生命保険の対象者(被保険者)が死亡したときに、保険金の受取人は生きている前提で加入するということ。では、もし被保険者より先に受取人が死亡してしまうと、保険はどうなってしまうのでしょう?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4200
    • 9
  17. アツ!!医療保険ではやけども保障される?それとも傷害保険?

    日常生活の中で、料理中やバーベキューなどでやけどをしてしまうことがあると思います。医療保険には加入しているけど、やけどの場合は補償対象になるのでしょうか? 今回は、やけどをしたとき、医療保険と傷害保険での補償内容の違いを詳しく説明していきたいと思います。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10191
    • 8
  18. 医療保険の種類は?公的医療保険と民間医療保険の違いと役割を知ろう

    医療保険には種類があり、大きく分けて公的な医療保険と民間の保険会社が提供する保険の2種類があります。日本では、公的医療保険について、すべての国民が加入することになっており(国民皆保険制度)、私たちが医療を受けやすい環境が整えられています。 いっぽうで、先進医療の医療費や、入院時に個室を希望した場合の差額ベッド代など、公的な制度が適用されない費用もあります。そのような費用がかかる場合に備えておきたいという人々のニーズに答えることができるのが民間の医療保険です。保険の種類を知り、ニーズに応じて使い分けることが重要です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 705
    • 8
  19. 医療保険は腰痛やぎっくり腰のときも使えるの?医療保険の加入と活用方法について

    慢性的な腰痛、急激な痛みを伴うぎっくり腰など、腰回りの異常事態が発生したとき。すでに医療保険に加入されている方は、「保険金・給付金の申請は可能?」と気になられると思います。これから保険に加入するのであれば、「腰痛持ちでも保険に入れる?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、腰痛と医療保険の関係にスポットを当てて、保険加入から給付金の請求についてご紹介していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 16121
    • 9
  20. 医療保険は相続対策になる?賢い利用法をファイナンシャルプランナーが伝授!

    「我が家は、財産もなさそうだし、相続対策は私には関係ないんじゃない?」そう思っている方でも、控除額引き下げや地価の上昇などによって、相続税がかかるケースが増えてきています。平成28年に相続税が課税された割合は、相続全体の8.1%(※1)、東京国税局管内に限れば12.8%(※2)。決して人ごととはいえなくなってきています。 もともと、相続対策を行っていたという方にとっても、課税対象が増えることから、追加で対策を考えていく必要があるといえるでしょう。そこで今回は、あまり知られていない医療保険を相続対策に活用する方法と、ポイントについて解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3731
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    100件中 41 - 60 件を表示