シアター

「シアター」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「シアター」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. プライバシーを守れて解放的、2階で土に根を張る木々で「ホッ」

    共働きで、かつ、ふたりともお医者さんというXさんご夫婦は、おばあさまの手も借りながら子育てもする忙しい毎日です。そんな日々のなかでもホッとできる場所がほしいと、庭も一緒に考えてくれるという勝田さんに相談をすることにしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2399
    • 17
  2. ラグジュアリーな空間で優越感を味わうリノベーション

    マンションデベロッパーである株式会社フィードが提供するリノベーションの新しい形。 世界的なスピリッツブランドの「Hennessy」とのコラボレーションした、リノベーションブランド「RENATUS」です。 マンション開発する中で、お客様の声から生まれた、設備を「Hennessy」という世界的なブランドが持つ高級感で包んでくれます。 シアタールーム(簡易防音工事付き)、水素水、炭酸泉付きのリノベーションで、自宅で過ごす時間をより豊かにしてくれます。 物件込みで月々7万円から購入可能です。 「DOリノベーション」では上記の部分的な工事も受け付けます。

    株式会社フィード
    • 997
    • 4
  3. 一枚の板の上に家族が集う「板の家」 (東京都大田区)

     家族といかにして住まうのか。これをとことん話し合って考えた住宅がこの「板の家」です。ご主人は、いかに住まうかの構想として、大きなワンルームを望みました。個室にこもるような生活ではなく、家族が集まって暮らしているような住宅を。しかし間取りを考えていくうちに、まったくのワンルームでは居心地が悪いので、単なる箱でもなく、でも、箱が集まっただけの一般的な間取りでもないものを探求しました。  そんな打合せを繰り返す中で、靴脱ぎベンチや下駄箱、勉強机、読書ベンチ、本棚、キッチンカウンター、ダイニングテーブルが、一枚の板で連続しているスケッチをお見せしたところ、オーナー様のイメージが固まり、このようなユニークな住宅が出来ました。  一枚の板が高低差のある住宅をぐるっと巡ることで、緩やかに仕切り、住まうための拠り所を作り出すので、ワンルームではあるのですが、何気なく居心地を高めています。  さらに隠れアイテムとして、最上階の屋上では白く塗られた壁が夜には夜空に浮かぶ屋外シアターとして機能します。(プロジェクターは天井にビルトイン)  また、モダンな住宅を希望しておられましたが、その反面、家相を反映するという課題もあり。ユニークなアイディアを盛り込みつつ家相に乗っ取った間取りを進めていくことが一見すると解らない苦労した点として上げられます。  小さな住宅ではありますが、写真で見てもらってもわかるように、非常に変化に富んだ広がりのある住宅です。 ※1Fが倉庫+駐車場、2Fがオフィス、3Fより住宅。

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 1503
    • 59
  4. HARMONIA

    中庭を中心にしたRC造のミニマルデザインの住宅。千住美術館を手がけたガーデンデザイナーが担当し、カラーリーフガーデンをテーマに100種の花木が約2000株植えられている。グッドデザイン賞受賞 空の青や草木の緑に映え、キャンバスを思わせるような白で統一された外観やインテリアが特徴の都心にあってもプラバシーを気にせず、セキュリティーが高く地震・火災にも強い鉄筋コンクリート造の邸宅です。 中庭をはじめ、東西南北4つの坪庭、2階フロアの2つのテラスガーデンを加えた計7つの庭には100種類約2000株もの植物が植えられ、四季を通じて色彩豊かな景観を形成。 庭に向かって設けられた大きなガラスの開口がレイヤーとなり、内外を一体化した空間に見せている。また、パブリック空間である1階の床面には反射で庭の景色が美しく映り込む大理石調のタイルを、プライベート空間である2階には優しさと癒しを感じさせるフローリングを選ぶ等、細部へのこだわりをもって設計されています。『庭の中に住空間が存在する』という表現が相応しい住まいである。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 4261
    • 36

おすすめ

話題のキーワード