ガーデンデザイン

「ガーデンデザイン」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ガーデンデザイン」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. エスティナガーデンアワード11 エントリー事例のご紹介《ファサード1》

    ガーデン・エクステリアブランド「エスティナ」が全国でつくる素敵なお庭の中から、その年を代表するお庭を選ぶコンテストです。 一次審査はwebサイトからの一般投票で選ばれます。 最新の素敵なお庭が勢ぞろいしています。デザインやアイデアをお庭づくりのご参考にしていただけたら幸いです。 お気に入りの施工事例がありましたらぜひ投票してください。 ↓↓↓エントリー事例はこちら↓↓↓ https://www.estina-style.com/award11/index.html#entrylist

    ESTINA(エスティナ)
    • 1392
    • 11
  2. エスティナガーデンアワード11 エントリー事例のご紹介《ガーデン1》

    ガーデン・エクステリアブランド「エスティナ」が全国でつくる素敵なお庭の中から、その年を代表するお庭を選ぶコンテストです。 一次審査はwebサイトからの一般投票で選ばれます。 最新の素敵なお庭が勢ぞろいしています。デザインやアイデアをお庭づくりのご参考にしていただけたら幸いです。 お気に入りの施工事例がありましたらぜひ投票してください。 ↓↓↓エントリー事例はこちら↓↓↓ https://www.estina-style.com/award11/index.html#entrylist

    ESTINA(エスティナ)
    • 1425
    • 7
  3. エスティナガーデンアワード11 エントリー事例のご紹介《総合1》

    ガーデン・エクステリアブランド「エスティナ」が全国でつくる素敵なお庭の中から、その年を代表するお庭を選ぶコンテストです。 一次審査はwebサイトからの一般投票で選ばれます。 最新の素敵なお庭が勢ぞろいしています。デザインやアイデアをお庭づくりのご参考にしていただけたら幸いです。 お気に入りの施工事例がありましたらぜひ投票してください。 ↓↓↓エントリー事例はこちら↓↓↓ https://www.estina-style.com/award11/index.html#entrylist

    ESTINA(エスティナ)
    • 1599
    • 7
  4. The gravel garden 気象を読み、環境を考えた、水やりのいらないガーデン

    植栽スペースの排水について、真剣に考えられている場所はあまり多くありません。排水に徹底的にこだわり、水と空気が循環する「呼吸する大地」をつくり上げることが、その後、数年続く豊かな植栽に決定的に影響を与えます。今回紹介するThe gravel garden(砂利の庭)は、日当たりの良い植栽スペースに、排水処理を徹底的に行った土壌をつくり、乾燥に強い植物を選定することで、気象条件によっては、雨水のみで水やりのいらないガーデンです。自動潅水に頼るのではなく、植物知識で解決するのが、ガーデンデザイナーとしての使命と感じ、これからの環境を真剣に考えた末たどり着いたガーデンです。

    Green Team co. jp
    • 1015
    • 7
  5. 色数を絞り、シャープなイメージにするシンプルなプランターコーディネート

    プランターのサイズや色がまちまちで、全体的にまとまりのない印象になってしまっているショップが結構あります。思い切って、プランターの色と形をまとめることで、色数が絞れ、とても洗練されたイメージをつくり出すことができます。植える植物も上手に色を拾うことでまるで海外いるかのようなショップの雰囲気を演出できます。

    Green Team co. jp
    • 672
    • 4
  6. オフィスワーカーの目線に立った、自然とオフィスをつなぐグリーンデザイン

    オーストラリアのエコリゾートホテルのデザインから着想を得た、自然と建物をつなぐ デザインのオーダーメイドのプランターによるグリーンコーディネートです。無機質な空間にグリーンを配する際、同じく無機質な素材(アイアンやスチールなど)をプランターに使用することでデザインの調和をとります。そこで、さらにウッド素材をプラスすることで、空間全体がグリーンにフォーカスされ、さらなる空間の調和が生み出されます。また、アイアン部分のカラーリングも自然と調和する色を選ぶことも重要となります。もう一つ重要なことは、植物が元気に育つかどうか。量産のプランターでは、植物のサイズと人々の目線に合わせたサイズのものがありません。オフィスに配置するには、オフィスのワーカーたちのリラックス効果こそ最も大切に考えなければなりません。従って、彼らからの目線への配慮と植物を継続的に生き生きとさせること、が必要です。当該オーダーメイドのプランターは、植物の生育とオフィスワーカーの目線に寄り添った、他にはない、グリーンコーディネートを可能とします。 また、グリーンをみずみずしく、生き生きとした状態に保っている秘訣が、この設置先企業で結成されたグリーンの日常管理を行う「グリーンチーム」です。社内で選ばれたメンバーがグリーンの配置場所を決めます。これは、最もよく社内を知る人たちが決めた置き場所なので、社内の人々のグリーンへの注目度が高く、オフィスワーカーのリラックス効果を最大限に引き出します。これらを通じ、当然社内のコミュニケーションは活発になります。グリーンチームのメンバーは、打ち合わせ、接客、会議、商談がスムーズになるなどの効果も想定して、設置場所を決めるため、会社の収益獲得やリクルートなどの人材確保にも貢献しています。

    Green Team co. jp
    • 1315
    • 4
  7. 秋の野山に出かけたくなる グラスガーデン 

    日本中いたるところで見ることのできる、秋の野山のススキは、黄金色に揺れる穂がとても美しいです。ススキは、イングリッシュガーデンによく使用されるオーナメンタルグラスの一種です。黄金色に揺れるススキは、実はイギリスのガーデナー達の憧れでもあります。それらを私達のガーデンデザインで、日本の素晴らしい風景を再認識してもらい、野山に自然に出かけて行きたくなるような願いを込めてつくりました。

    Green Team co. jp
    • 704
    • 2
  8. 庭のグリーンを取り込むインドアガーデン

    庭を臨むデッキテラスを網戸で囲い、インドアガーデン(アウトドアリビング)にリフォームしました。自宅にいながら、アジアンリゾートのような雰囲気に浸りたいと、シンセティックラタンのソファとテーブルを置き、庭の緑を眺めながらリラックス出来る空間を演出してみました。ママ友たちにも好評で、来客時には、庭で採れたお花とグリーンを飾って、おもてなししています。折戸を開けたままにしておくと、しばしば、珍客(野鳥や野良猫)がやってきたりします。そんな、内と外の境目が曖昧なところが、気に入っています。

    恋子
    • 5561
    • 34
  9. HARMONIA

    中庭を中心にしたRC造のミニマルデザインの住宅。千住美術館を手がけたガーデンデザイナーが担当し、カラーリーフガーデンをテーマに100種の花木が約2000株植えられている。グッドデザイン賞受賞 空の青や草木の緑に映え、キャンバスを思わせるような白で統一された外観やインテリアが特徴の都心にあってもプラバシーを気にせず、セキュリティーが高く地震・火災にも強い鉄筋コンクリート造の邸宅です。 中庭をはじめ、東西南北4つの坪庭、2階フロアの2つのテラスガーデンを加えた計7つの庭には100種類約2000株もの植物が植えられ、四季を通じて色彩豊かな景観を形成。 庭に向かって設けられた大きなガラスの開口がレイヤーとなり、内外を一体化した空間に見せている。また、パブリック空間である1階の床面には反射で庭の景色が美しく映り込む大理石調のタイルを、プライベート空間である2階には優しさと癒しを感じさせるフローリングを選ぶ等、細部へのこだわりをもって設計されています。『庭の中に住空間が存在する』という表現が相応しい住まいである。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 4370
    • 37
  10. サンスベリアで海外のような洗練されたオフィス空間

    日本のオフィスにおける植物の設置は、誰の目にもあまり気にされないところにあることが多いですね。それでは、人も植物もとてもかわいそうです。オフィスの入り口入ってすぐの、一番目立つ目線に大胆に置くことが人と植物に活気を与えます。人も植物も気にかけてもらえるとどんどん元気になっていきます。オフィス空間にグリーンを設置する際、そこで仕事をされているオフィスワーカーの方々とのコミュニケーションがとても大切です。それは、グリーンの役割がオフィスワーカーの方々を心地よくすることにあるからです。日常の管理がわからなかったり、グリーンが弱ってしまったりすると心地が良くなるどころが逆にストレスとなってしまいます。オフィスにグリーンを設置している会社は数多くありますが、驚くことに、オフィスワーカーさんたちが、その存在に気づいていないことが多いのです。それでは、オフィスにグリーンを設置する効果がないことは言うまでもありません。存在に気づいてもらうには、オフィスワーカーの方に設置するグリーンを選んでもらうことが大切です。自分で選んだグリーンは大切に育てるという実験結果があります。また、イミテーション(造花)は、生花と思って騙されてる時は効果があるが、造花であるとわかってしまった途端に効果がなくなるどころか、逆効果になるそうです。生きたグリーンの存在に気づいてもらい、目をかけてもらう。育てることを楽しんでいただくことが、わたくしたちの願いです。実は、いちばん難しいのは、水やりと言われています。よくあるのがやりすぎによる失敗、そして、次はやるのを忘れることによる失敗です。これは、専門家であるわたくしたちがオフィスワーカーの方々にしっかりと説明することで回避されます。たかが水やり、されど水やり。わたくしたちに任せていただければ、とても奥が深いですが、とても簡単です。グリーンを気遣うことができれば、派生効果としてオフィスが綺麗になり、人にも優しくなり、コミュニケーションが活発になります。グリーンからの受け身の恩恵だけでなく、積極的にグリーンに働きかけることで生まれる風通しが良く、活気のあるオフィス空間の創造をこれからも行って参りたいと思います。

    Green Team co. jp
    • 1809
    • 2
  11. イングランド北部の庭の花壇は多年草花壇

    多年草で構成された花壇は、常緑と落葉、花の咲く季節、球根を計算して植栽しています。一年を通じて変化の楽しめるガーデンデザインこそが、ガーデンデザイナーの醍醐味です。植物知識だけでなく、気候も知らなければなりません。また、環境による生育過程もデーターとして蓄積していかなければなりません。今回、イギリスでお庭づくりの機会を得たことは、私たちにとって大きな財産となりました。イギリスの情報もお届けしていきます。

    Green Team co. jp
    • 1237
    • 4

おすすめ

話題のキーワード