外構デザイン

「外構デザイン」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「外構デザイン」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. エスティナガーデンアワード11 エントリー事例のご紹介《総合1》

    ガーデン・エクステリアブランド「エスティナ」が全国でつくる素敵なお庭の中から、その年を代表するお庭を選ぶコンテストです。 一次審査はwebサイトからの一般投票で選ばれます。 最新の素敵なお庭が勢ぞろいしています。デザインやアイデアをお庭づくりのご参考にしていただけたら幸いです。 お気に入りの施工事例がありましたらぜひ投票してください。 ↓↓↓エントリー事例はこちら↓↓↓ https://www.estina-style.com/award11/index.html#entrylist

    ESTINA
    • 685
    • 5
  2. 城東の家リノベーション(外構で部屋をゆるやかに繋げる家)

    敷地は、東海道が通りかつてお店を営んでいたとわかる建物が建ち並ぶ旧市街地です。依頼主の先代も昔、たばこ屋と営んでおられました。今回のプロジェクトはそんな建物を取り壊し、新しく子世帯が親世帯と共に暮らす2世帯住宅の計画です。 昔の建物と新しい建物をどのように共存させることを考えました。 そこで、外構のあり方に着目しました。 外構のフェンスや柵といった工作物というものは、敷地と道路をはっきり分け、プライバシーを守るために設けられます。 そこで、道路と外構と建物を緩やかに分け、緩やかに繋ぐ工夫をほどこしました。 塀のような外壁のような建物のような外構が、敷地境界から徐々にボリュームが変化し既存の建物に寄り添い、いつの間にか、機能を持ち建物として存在していきます。 このように流動性を感じる空間をつくることで、完全に外と内を隔てるのではなく、あいまいな場所を生み出し、その空間が豊かさを感じる場所になります。 また、外からこの空間を見る人々は、建物が徐々に外へと溶け込んでいるような不思議な感覚を感じることができるのではないでしょうか。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 768
    • 12
  3. 百日紅の家

    『図と地の関係』という言葉を聞いた事があるでしょうか?『図』は文字やものの形があり、『地』はその背景と考えることができます。図を認識している時、地の認識は弱くなります。図と地は主従関係にあります。よく『ルビンの壷』で説明されています。建築の場合は土地が『地』で建物が『図』となりますが、『百日紅の家』は『図』と『地』の関係を逆にしたコンセプトとしています。 つまり富士山の見える南庭を『図』として最優先でレイアウトし、『地』を建築としてプランニングしました。『図』の象徴を百日紅の木として『百日紅の家』と名付けられました。外観はコンクリートの打放しとベージュのライムストーンという石で構成され、南傾斜の土地の為、北側の道路はプライバシーの為、ブランクウォール(無開口)としています。南側は大きな開口を設けています。アプローチは『道行き』として南の庭を眺めながら玄関に向かいます。ドアを開けると廊下正面のピクチャーウィンドウ越のアートが出迎えます。リビングにはホフマン釜で焼かれた味のあるレンガ積みに薪暖炉が組込まれ、そのスリットには薪がアーティスティックに積まれています。中間に厚い鉄板の仕切があるのでその下から薪を容易にとる事が出来ます。リビングダイニング、そしてキッチンからも大開口から庭を眺められます。クリエーションバウマンの円形に繋がれたレースがプライバシーをコントロールしながら光と影の演出をしてくれます。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 3464
    • 21

おすすめ

話題のキーワード