外張り断熱

「外張り断熱」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「外張り断熱」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 夏涼しく冬暖かいエコ住宅(高気密高断熱住宅)

    「幼い子供たちがすこやかに安全に過ごせる住宅がほしい」そんなご両親の想いに建築家の設計力で応えた自然素材をふんだんに使用した注文住宅です。 この住宅は、柱の外側からすっぽりと高い断熱性能を有する断熱材で住まい全体を包む外張り断熱工法です。 断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。 外張り断熱では柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。 そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。 外張り断熱で建築された住宅は、まさに魔法瓶の中のように冬はほわっと暖かく、夏はさらっと心地よい。床のヒノキの無垢材の風合いとあいまって、家中にやわらかい空気が漂います。 お子様がのびやかに暮らせるような間取り・空間構成のもと、床にはヒノキ無垢材:自然素材やオリジナル木製階段で人の五感に優しい住宅であります。   依頼主さまよりご要望がありましたランニングコストの軽減を図るため、高気密高断熱(冬暖かく・夏涼しい冷暖房の効果が効きやすい住宅)に配慮した外張り断熱を施し、太陽光発電とオール電化を導入したエコ住宅、耐震+制震で地震に対して安全性を高めた住宅設計を施しております。 建物の外形をほぼ直方体で屋根を片流れ形式とすることによりコスト(坪単価)の軽減に努めています。

    中浦建築事務所
    • 1961
    • 2
  2. スケルトン階段と光庭の家

    「スケルトン階段がインテリアの主役」 この家は北側道路で、比較的駅が近い市街地に 位置しており隣家が接近しています。 プライバシ−を保ちながら充分な採光を得るため 建物中央にパティオを設けました。  右写真は玄関ホ−ルです。 パティオから光が階段のシルエットを 美しく演出します。                           敷地は比較的住宅密集地でした。 周囲の視線をカットし充分な採光を得るため、建物中央にパティオを設けることで外に閉じて内は開くプラン構成としました。 冬暖かく、夏は涼しいと言う要望を叶えるため外張り断熱工法を選択、床暖房と合せてオ-プンなプランですが居心地のよい室内環境となりました。外装は永年変化に耐えながら味わいの出るように屋根は焼き瓦、壁は左官(ファイバ-メッシュ入り)+高耐久吹きつけを採用してます。

    キャリア44年の設計家
    • 2093
    • 9
  3. 地球にも人にも優しいSクリニック

    平屋建ての屋根に10kwの太陽光発電システムを搭載、院内電力使用料の51%(月平均)を自給自足しています。高気密高断熱の躯体にヒ-トポンプ式床暖房・エアコン、第1木造種換気システムによりクリ-ンな院内環境を提供(オ-ル電化)院内の作業動線は診察室を中心に裏動線で最短で院長先生が移動可能としています。 平屋建て+東西に長いプラン特性、待合のハイサイドライト窓の確保等から水平ラインを強調する寄棟+片流れの屋根構成を採用、外壁はアプロ-チ側はアイボリ-系、エントランスは濃茶のタイルで重厚感を与えコントラストを付けることで入口を識別しやすくしています。 インテリアは木質系の材料と珪藻土を主に、自宅のリビングのような暖かく心地よい雰囲気を造り、来院者の精神的な安心を考慮しています。

    キャリア44年の設計家
    • 588
    • 3

おすすめ

話題のキーワード