モダンデザイン

「モダンデザイン」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「モダンデザイン」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 村野藤吾の「CHIYODA SOFA」との出会いから始まった、日本のモダンデザインを紐解くスペシャルサイトがオープン

    2007年秋、イデーはひとつの家具との出会いをきっかけに、日本のモダンデザインを検証するプロジェクト「JAPANESE MODERN MASTER」を立ち上げました。このプロジェクトを通じて、先達のデザインに学びながら、ものづくりの姿勢や受け継ぐべき思想や理念、豊かな生活とは何かを探り、名品の復刻と販売を続けています。10年を経て、名作の佇まい、生まれた背景、そして現代の暮らしにおける魅力とはなにか、あらためて今の視点で、その魅力を捉えていく本プロジェクトのスペシャルサイトがこの度オープンしました。

    LIMIA ニュース部
    • 2175
    • 8
  2. チーク材の床にウォールナット材の特徴、経年変化を見越してウォールナット材の家具で統一したコーディネートした事例をご紹介

    チーク無垢材のフローリング、階段はナチュラル色という内装の場合 どの色の家具でコーディネートすべきでしょうか? 今回は床の素材チーク材に合わせてウォールナット無垢材の家具をチョイス! ウォールナット無垢材の特徴でもある経年変化で色が薄くなってくることを念頭に置いて あえてウォールナット無垢材の家具で統一! ウォールナット無垢材は経年変化でチーク色のように変化すると思いますので 数年後に床の素材感とあってくるものと考えての提案です! ウォールナット無垢材の家具ですがソファの肘部分がシャープなデザイン、 チェアの背の板がシャープなデザインとなっているので モダンな印象となります! ウォールナット無垢材を使用しながらモダンな家具のデザイン とても素敵なコーディネートとなりました! きっと階段の針葉樹はあめ色に変色してくると思いますので 数年後はきっといい感じの色合いとなるのではないでしょうか? 参考にしてください!

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 10103
    • 21
  3. Basalt/一期一会

    Basaltとは玄武岩。世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチ氏が選び、氏の片腕の和泉正敏氏を始めとする職人達が刻んだ石を譲り受けました。この石の為といっても過言ではないほど、緊張感をもって和空間と石を置くアプローチ先の坪庭が作られています。設置して眺めてみると、石の上の水盤に水滴が波紋を作り、自分が主であるかの様に見事に納まっている。他の空間に迄影響を及ぼすこの石が、非凡な数寄の空間を作ってくれました。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2051
    • 10
  4. サンスベリアで海外のような洗練されたオフィス空間

    日本のオフィスにおける植物の設置は、誰の目にもあまり気にされないところにあることが多いですね。それでは、人も植物もとてもかわいそうです。オフィスの入り口入ってすぐの、一番目立つ目線に大胆に置くことが人と植物に活気を与えます。人も植物も気にかけてもらえるとどんどん元気になっていきます。オフィス空間にグリーンを設置する際、そこで仕事をされているオフィスワーカーの方々とのコミュニケーションがとても大切です。それは、グリーンの役割がオフィスワーカーの方々を心地よくすることにあるからです。日常の管理がわからなかったり、グリーンが弱ってしまったりすると心地が良くなるどころが逆にストレスとなってしまいます。オフィスにグリーンを設置している会社は数多くありますが、驚くことに、オフィスワーカーさんたちが、その存在に気づいていないことが多いのです。それでは、オフィスにグリーンを設置する効果がないことは言うまでもありません。存在に気づいてもらうには、オフィスワーカーの方に設置するグリーンを選んでもらうことが大切です。自分で選んだグリーンは大切に育てるという実験結果があります。また、イミテーション(造花)は、生花と思って騙されてる時は効果があるが、造花であるとわかってしまった途端に効果がなくなるどころか、逆効果になるそうです。生きたグリーンの存在に気づいてもらい、目をかけてもらう。育てることを楽しんでいただくことが、わたくしたちの願いです。実は、いちばん難しいのは、水やりと言われています。よくあるのがやりすぎによる失敗、そして、次はやるのを忘れることによる失敗です。これは、専門家であるわたくしたちがオフィスワーカーの方々にしっかりと説明することで回避されます。たかが水やり、されど水やり。わたくしたちに任せていただければ、とても奥が深いですが、とても簡単です。グリーンを気遣うことができれば、派生効果としてオフィスが綺麗になり、人にも優しくなり、コミュニケーションが活発になります。グリーンからの受け身の恩恵だけでなく、積極的にグリーンに働きかけることで生まれる風通しが良く、活気のあるオフィス空間の創造をこれからも行って参りたいと思います。

    Green Team co. jp
    • 1813
    • 2

おすすめ

話題のキーワード