年末年始

「年末年始」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「年末年始」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. こんなに簡単!すぐできる!トイレ大変身DIY特集

    だんだん寒くなってきて、年末の足音も聞こえ始めましたね。 そろそろ、一年間使ったお家の大掃除を始めよう! なんて思ってる方々も多いのでは? そこで今回は、年末のお掃除のついでに、トイレをDIYして心機一転、オシャレに変身させるアイデアをまとめてご紹介いたします!! キレイなトイレで新年を迎えましょう☆

    LIMIA インテリア部
    • 39709
    • 607
  2. パーティーシーズンの前菜・パスタ・肉料理・デザートも、カルディコーヒーファームのコレがあれば手軽にワンランクアップ!

    カルディコーヒーファームが、クリスマスや年末年始のパーティシーズンにむけて、簡単・手軽におもてなし料理が作れる新商品やこの時期だけの限定商品をラインナップ。また、テーブルを華やかにするワインや、そのままテーブルに並べるだけでワインのお供になる缶詰やアミューズも、この時期ならではのラインナップで登場。

    LIMIA ニュース部
    • 12328
    • 213
  3. クリスマスリースがお正月飾りに大変身!簡単リメイクアイデア

    だんだんと冬らしくなってきて、街中でもクリスマスの準備を所々で目にするようになりました。クリスマスが終わると、すぐに年末年始の準備が必要になって、忙しいですよね。 そこで今回は、クリスマスの必須アイテムであるリースをお正月飾りにリメイクするアイデアをまとめました! 忙しい年末年始にぜひ役立ててください♪

    LIMIA ハンドメイド部
    • 14569
    • 87
  4. 〔TOMIZ(富澤商店)〕に聞く!クリスマス・年末年始のおすすめ商品とアレンジアイデア

    年末年始は、お菓子作りやホームベーカリーに挑戦したいですよね♪ 今回は、プロ向けの製菓材料専門店として人気の〔TOMIZ(富澤商店)〕の広報部・藏薗愛子(くらぞの あいこ)さんに、これからの季節におすすめの人気商品やアレンジアイデアをうかがいました!

    LIMIA編集部
    • 16855
    • 53
  5. 〔大丸東京店〕に聞く!故郷に持って帰りたいおすすめスイーツギフト10選

    年末年始のお休みに、東京から実家に帰省する方や、東京へ遊びに来る方注目! せっかくお土産を買うのなら、東京らしい気の利いたお菓子を買いたいものですよね。だけど、実際に買うとなると、どれを選べばいいのか悩むところ。そこで今回は〔大丸東京店〕の菓子担当社員・戸沼さんに、定番や変わり種の商品など、故郷に持って帰って自慢したい「おすすめスイーツギフト」を教えていただきました♪ 

    LIMIA グルメ部
    • 9381
    • 39
  6. パパッと出せて大満足!年末年始に大活躍〔成城石井〕の最強おつまみ9選

    年末年始でお家に人が集まるときや急な来客があったとき、料理の準備を待ってもらいながらちょっとつまめるものを”簡単に”出せたらなと思うことってありますよね? そんなときに大活躍してくれる商品が〔成城石井〕にあるんです! 常備必須の大人気おつまみをご紹介します。

    LIMIA グルメ部
    • 5780
    • 30
  7. メディカルコスメ(R)の実力派ビタミンC化粧水で師走こそ、ハリ・キメ・ツヤ“一発逆転”ケアを。12月下旬より数...

    株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石原智美)は、有名美容誌や女性誌で数多くのベストコスメ賞を受賞しているドクターシーラボの実力派ビタミンC*化粧水『VC100エッセンスローション』に、一年間頑張った肌へ一気にうるおいとハリ・キメ・ツヤを与えるスペシャルフェイスマスクを付けた、お得な限定セットをバラエティショップ・GMS(総合スーパー)等で12月下旬より発売いたします。 ※店舗により発売日は異なります。

    PR TIMES
    • 678
    • 0
  8. 〈年末年始〉帰れる場所がある人もない人も!楽しくて美味しい『第二のふるさと』作りとは。

    主食として毎日の食生活に欠かせないお米。皆さんはどうやって手に入れていますか?ただ、お米を買って食べるだけじゃもったいない! 故郷のなり手に相応しい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行ける!それを無理なく普段の生活の中で自然と「第二のふるさと」を持てるようにしたのが「第二のふるさと米」。 ・ふるさとのなり手に相応しい農家さんなので、「初めてなのに懐かしい」。 ・農家さんがいつも自分たちが食べているお米をお裾分けいただくので、「食の安全を手に入れられる」。 ・農家さんに会いに行けるので、「知らない人なのに温かい」。 「お米を買うんだけど、お米を買うわけではない」、人生を安心して豊かに過ごすための「ご縁」と「帰れる場所」を手に入れていく。それが、「第二のふるさと作り」なのです。

    PR TIMES
    • 168
    • 1

おすすめ

話題のキーワード

    43件中 1 - 20 件を表示