子育てを考えた家

「子育てを考えた家」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「子育てを考えた家」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. キッチン、趣味のスペース、子ども部屋……。家族それぞれの「好き!」を集めた家づくり。

    わたしの好きな空間、旦那さまの趣味、子どもたちが遊ぶスペース……。 家族それぞれの理想はさまざま。でも、その何かを諦めないといけない家づくりは本当に家族を幸せにしてくれるでしょうか? 今回は、日々の快適な暮らしと,家族みんなの理想を兼ね備えた家づくりを実現した、Sさんのお宅をご紹介します!

    soramado
    • 2003
    • 8
  2. プライバシーを守れて解放的、2階で土に根を張る木々で「ホッ」

    共働きで、かつ、ふたりともお医者さんというXさんご夫婦は、おばあさまの手も借りながら子育てもする忙しい毎日です。そんな日々のなかでもホッとできる場所がほしいと、庭も一緒に考えてくれるという勝田さんに相談をすることにしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2641
    • 19
  3. 遊ぶ、眺める、家族で家を楽しみ尽くす、中庭の存在とは!?

     この家に住むIさんは、造園の仕事をしていたため、緑の楽しみ方をよく知っていました。子どもたちが思いっきり走り回れる芝生の広場、お風呂につかって眺める坪庭、自分で手入れする前庭。家族と暮らす新たな住まいはたくさんの緑で彩られていました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1621
    • 10
  4. 子育てのしやすさに妻も納得!経年劣化を生かした中古団地リノベ

     自ら建築デザイナーとして活躍する金刺久順さんが引っ越しに際して下した決断は、中古団地をリノベーションすることでした。経年劣化を活かしつつ、外部環境をうまく内部に引き込んで出来上がった家は、“団地”へのノスタルジーを残しながら生まれ変わった新たな空間でした。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2544
    • 23
  5. 重なりとつながりが家族を包む「ラップハウス」

    子育てのため奥様の実家近くに土地を購入したSさんご家族。建てる家には「家事や子育てのしやすさ」「将来的には太陽光発電を」など夫婦ともに希望があった。しかしハウスメーカーには好みの家がなく、細かい希望が通じにくい。悩むご夫婦に大川さんはそれぞれの希望を盛り込んだ家を提案。「ラップハウス」と命名されたその家とは?

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3709
    • 21
  6. 2人の息子さんのために、あえて2階を発展途上にした家造り

    敷地は北道路に面しており、南側には工場がある。かつては昔ながらの長屋が建てられていた。この建物は長らく賃貸物件として使っていたが、老朽化に伴い、取り壊されることとなった。その跡地に井上邸を建てることになった、というわけだ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3704
    • 10
  7. 日々の暮らしをもっと楽しく!室内外を行き来できる回遊する家

    同じ建築学科の友人だったOさんのために田中朋久さんが手がけたのが、高崎市の郊外に佇む2階建ての「ぐんまの家」。貴重な屋敷林に隣り合う土地に完成したのは、外の自然を上手く切り取りつつ、周囲の環境に溶け込む住まいでした。家の中と外を連続して回れるように動線を引いた造りは、まさに「回遊する家」。家族が楽しく過ごせるための工夫が随所に凝らされた、田中さんの家づくりに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1249
    • 10
  8. 『生活予想図』から生まれた!?自然素材の“行き止まりのない家

    「内装から断熱材まで自然素材にこだわりたい」。小学生の息子さんを持つKさん夫妻の要望に応えて建築家の福田義房さんがつくったのは、地元・埼玉の木材など国産素材をふんだんに使った住まい。シンプルで、おおらか。住む人(や、猫)と共に変化する、家族のようなお家。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2037
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード